文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > JBISコラム > 南関フリーウェイ

南関フリーウェイ

阿部典子 南関フリーウェイ

最新記事一覧

第32回 世界の舞台へ!中野省吾騎手2017ワールドオールスタージョッキーズ出場

 今回は、8月26日、27日にJRA札幌競馬場で行われる2017ワールドオールスタージョッキーズに地方競馬代表として出場する中野省吾騎手(船橋 渡邊薫厩舎所属)についてお伝えしましょう。「中野省吾騎手」というより、「中野省吾」というどんどん進化する不思議な存在、と言った方がいいかも知れません。

>>続きを読む

第31回 地方競馬生え抜き馬たちの活躍!東京ダービー(SI)、京成盃グランドマイラーズ(SIII)

 6月7日に行われた東京ダービー(SI)。憧れのダービー馬の座を勝ち取ったのは、佐藤賢二厩舎(船橋)のヒガシウィルウィンでした。南関東転入初戦となった浦和のニューイヤーカップ(SIII)を制し、3月には大井で京浜盃(SII)も制して重賞2連勝。クラシック1冠目となった羽田盃(SI)ではキャプテンキング(大井)の2着に敗れましたが、意地とプライドを掛けて臨んだ大舞台で、ダービー馬の称号を手にしました。レースは、羽田盃で惜敗したキャプテンキングを6馬身差突き放す圧勝劇!

>>続きを読む

第30回 「目標があるから頑張れる」帝王・的場文男騎手 地方通算7000勝達成

 5月17日に行われた川崎マイラーズ(SIII)。早目先頭に立ったトロヴァオ(大井 荒山勝徳厩舎)の勝利かとカメラのピントを青いメンコに合わせたその時、外側に赤い勝負服が。豪快なアクション、撓(しな)る鞭。それは、猛然とゴールに向かう的場文男騎手とリアライズリンクス(浦和 小久保智厩舎)でした。

>>続きを読む

第29回 競走馬から誘導馬へ 船橋の新アイドルホース誕生!

 今回は、1月に競走馬登録を抹消し、乗馬クラブへ再就職。競走馬引退からわずか3か月で誘導馬としてデビューしたチャラオについてお伝えしましょう。

>>続きを読む

第28回 クリソライト(JRA)、ダイオライト記念(JpnII)でレース史上初の3連覇達成。

 3月15日に船橋競馬場で行われたダートグレード競走 第62回ダイオライト記念(JpnII)で、クリソライト(JRA 栗東 音無秀孝厩舎)がレース史上初となる3連覇の偉業を達成しました。

>>続きを読む

第27回 NARグランプリ2014年度代表馬・サミットストーン 種牡馬の道へ。

 今回は、NARグランプリ2014で年度代表馬・4歳以上最優秀牡馬を獲得、来年以降の種牡馬入りを目指しているサミットストーン(9歳牡馬 矢野義幸厩舎)について綴っていきましょう。

>>続きを読む

第26回 取材はフットワークが大事。靴の話。

 先日、「靴の話」でカメラマンさんと盛り上がったことがありました。

>>続きを読む

第25回 継続希望も多数!船橋競馬場に女性専用の「クイーンズラウンジ」が登場

 JRAで人気の女性専用スポット"UMAJO"。順番待ちの列ができているのをたびたび見かけます。カワイイ色合いとカフェ風のおしゃれな雰囲気は、ついつい立ち寄ってしまいたくなる魅力がいっぱい。

>>続きを読む

第24回 地方も中央も。注目の3歳馬たち。

 あたたかだったり急に寒くなったりと、天候の変化が激しかった11月。浦和開催4日目の11月24日には、東京で観測史上初となる積雪があり、首都圏にある浦和競馬場も雪景色となりました。

>>続きを読む

第23回 荒尾から南関東へ。西村栄喜騎手 南関東重賞初制覇

 「こんなに祝福の輪が広がっているのは珍しい光景だね」。誰からともなくそんな声が聞こえたのは10月19日、埼玉新聞栄冠賞(SIII)直後のこと。この日、タイムズアロー(川島正一厩舎)を勝利に導いたのは、このレースが待望の南関東重賞初制覇となった西村栄喜騎手でした。

>>続きを読む