文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > JBISコラム > 第5コーナー ~競馬余話~

第5コーナー ~競馬余話~

有吉正徳 第5コーナー ~競馬余話~

最新記事一覧

第73回 「ドバイ」

 ドバイ国際競走が今年も3月25日、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのメイダン競馬場で行われた。日本からは10頭が遠征し、6つのレースに出走した。このうちドバイターフ(芝1800メートル)に出走したヴィブロス(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)が見事に勝利をものにした。

>>続きを読む

第72回 「逆襲」

 中央競馬の2017年最初のGⅠレース、第34回フェブラリーSは2番人気のゴールドドリーム(牡4歳、栗東・平田修厩舎)が優勝し、自身初のGⅠタイトルを獲得した。ゴールドドリームは、前走のチャンピオンズCで12着に終わっていた。

>>続きを読む

第71回 「7億円」

 2016年の中央競馬の年度代表馬には、歌手・北島三郎さんが所有するキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が選ばれた。記者投票291票のうち134票を獲得し、90票を集めて2位だったモーリスに44票の差をつけた。

>>続きを読む

第70回 「西高東低」

 先月号の「せん馬」の話題で取り上げたタガノトネール(6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)がチャンピオンズカップを目指していた調教中に故障を起こし、予後不良になってしまった。冥福を祈りたい。

>>続きを読む

第69回 「騸馬」

 2016年11月12日に東京競馬場で行われた武蔵野S(GⅢ、ダート1600㍍)は田辺裕信騎手が騎乗した8番人気のタガノトネール(6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)が優勝した。勝ち時計の1分33秒8は2月のフェブラリーS(GⅠ)でモーニン(USA)がマークした記録を0秒2更新するコースレコードとなった。と同時に21回目を迎えた武蔵野Sで初めて「騸馬」のチャンピオンになった。

>>続きを読む

第68回 「本命」

 10月10日に京都競馬場で行われた第51回京都大賞典(GⅡ、芝2400㍍)は単勝1.8倍という圧倒的な1番人気に支持されたキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が優勝した。

>>続きを読む

第67回 「ラニ」

 9月11日、今年の日本ダービー馬マカヒキ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)がフランス・シャンティイ競馬場で行われたニエル賞(GⅡ、芝2400㍍)に出走し、見事に優勝した。スローペースの前半をうまく折り合い、残り400㍍勝負の上がりの競馬を制した。

>>続きを読む

第66回 「名人」

 「ターフの魔術師」「名人」と呼ばれた伝説のジョッキーが亡くなった。武邦彦さん。8月12日、病気のため77歳の生涯を閉じた。

>>続きを読む

第65回 「新顔」

 2016年中央競馬初の2歳重賞、第48回函館2歳S(芝1200㍍)は7月24日、函館競馬場で行われ、米国産のレヴァンテライオン(USA)が優勝した。個人的に注目していたバンドオンザランは9着、ポッドジーニーは13着に終わった。

>>続きを読む

第64回 「王道」

 今年の日本ダービーには皐月賞の上位6頭がそろって出走していた。皐月賞馬ディーマジェスティ、2着のマカヒキ、3着のサトノダイヤモンド、4着に繰り上がったエアスピネル、5着に降着したリオンディーズ、6着のマウントロブソンだ。

>>続きを読む