文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > JBISコラム > 馬ミシュラン

馬ミシュラン

小山内完友 馬ミシュラン

最新記事一覧

第103回 『東京ダービー雑感』

 「嬉しい一言で。なんかホッとして、ドッと疲れが出ました。僕のジョッキー人生で最良の日です。」と森泰斗騎手。

>>続きを読む

第102回 『南関クラシックに異変アリ?』

 5月10日。南関東牡馬クラシック第一冠の羽田盃が行われ、JRAから転入初戦となるキャプテンキングが制した。

>>続きを読む

第101回 『記録に残るレース』

 3月24日、大井競馬第9競走「弥生賞」は、まさに「記録に残るレース」となった。

>>続きを読む

第100回 『寒くない冬のナイター』

 2009年1月号から連載をスタートして、今回100回目を迎えました。最初このお話を頂いた時は、それは驚いたものです。JBBA NEWSと言えば、日本軽種馬協会の機関誌で、生産に関する統計や、会議など各種報告、事業計画などひじょうに「高貴」なイメージなわけです。そのようなところに、連載のオファー。自分が?正直悩みました。毎日眠れませんでした。

>>続きを読む

第99回 『気合いで予防』

 2月8日の高知競馬で、当日行われる予定の全12レースであわせてのべ42名という、大量の乗り替りがあった。原因はインフルエンザ。この日騎乗予定だった騎手21名のうち、7名がインフルエンザに感染、または感染の疑いがあるということで、騎乗を取り止めたせいだ。

>>続きを読む

第98回 『年度代表馬』

 「NAR GRANDPRIX 2016」の季節がやってきた。引き続き今年も選考委員の末席に加えさせていただいた。1月5日、地方競馬全国協会に於いて、「NAR GRANDPRIX 2016」優秀馬選定委員会が開会された。

>>続きを読む

第97回 『さらばホッコータルマエ』

 別れは突然だった。2016年11月29日、ホッコータルマエは週末に行われるGⅠチャンピオンズカップへ向けての調教後、右前脚に跛行がみられ、検査の結果骨には異常は見られなかったものの、陣営は大事を取って予定されていたラスト2戦を取りやめて引退、種牡馬入りを決めた。"ラストラン"の東京大賞典のレース後に大井競馬場で予定されていた引退式もキャンセルに。

>>続きを読む

第96回 『絶対』

 今年も遅ればせながら採用の季節がやってきた。先輩から引き継いで2年目になるが、会社に居ないことが多いので、それまでの電話受付以外にインターネットでの応募を開始した。

>>続きを読む

第95回 『海外馬券発売』

 10月2日の夜、競馬ファンが待ちに待った海外馬券発売がスタートした。その初回となる第95回凱旋門賞(フランスGⅠ、シャンティイ競馬場、芝2400m)が23時5分に発走した。

>>続きを読む

第94回 『還暦の帝王』

 9月7日、"大井の帝王"こと的場文男騎手が60歳の誕生日を迎えた。

>>続きを読む