文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 2010 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

2010 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

2010 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

最新記事一覧

花火

 レース後も花火です。いつまでも鳴り止みませんでした。

412a.jpg


413a.jpg


414a.jpg

表彰式

 ドバイワールドカップの表彰式の様子です。

409a.jpg


410a.jpg


411a.jpg

グロリアデカンペオン

 ドバイワールドカップを優勝したグロリアデカンペオンGloria de Campeaoです。厩舎こそブラジルからフランスに移籍してフランス代表でしたが、生産も所有もジョッキーも全てブラジルで、実質ブラジル馬の優勝でした。鞍上はティアゴ・ペレイラTiago Pereira騎手です。

402a.jpg


403a.jpg


404a.jpg


405a.jpg


406a.jpg


407a.jpg


408a.jpg

リザーズディザイア

 ゴール後にアーメド・アジュテビ騎手に促されて一旦は手を上げたケビン・シーアKevin Shea騎手でしたが、結果ハナ差届かずの2着に悔しそうな表情でした。リザーズディザイアLizard's Desireはマイク・デ・コックMike De Kock厩舎所属で、昨年の3歳時は南アフリカのG3イーストケープダービーEast Cape Derbyを5馬身差の勝利。その後3歳三冠最終戦のG1デイリーニューズ2200に出走し10着、G2ゴールドサークルダービーGold Circle Derbyで2馬身差の2着でした。今年に入りメイダンで3戦して1、1、5着。前走はマクトゥームチャレンジ・ラウンド3で、優勝したレッドディザイアからは11/4馬身差でした。

401a.jpg

ドバイワールドカップ

 8レースはドバイワールドカップが行われました。フランスのグロリアデカンペオンGloria de Campeaoがハナに立ち、2番手にサウジアラビアのアモールドポブレAmor de Pobre、その後ろにアリバーAllybar、マスタリーMastery、ミスターブロックMr Brockが並び、レッドディザイアはそれら先行グループの後ろ。ジオポンティGio Pontiは中団よりやや後ろという位置取りになりました。直線を向くところでジオポンティとレッドディザイアが大外に持ち出しましたが、レッドディザイアは伸びず11着に沈みました。直線半ばでずっと逃げていたグロリアデカンペオンが後続を突き放して逃げ込み態勢に入るところで、後方の内を進んでいたリザーズディザイアLizard's Desireの進路がきれいに開いて鋭い脚で追い込み、間にアリーバーを挟んでグロリアデカンペオンに並んだところがゴールでした。大接戦の結末は内でグロリアデカンペオンがハナ差残しての優勝。2着リザーズディザイア、短頭差の3着にアリバー、ジオポンティはじわじわと伸びたものの、11/4馬身差の4着を確保するのが精一杯でした。

396a.jpg


397a.jpg


398a.jpg


399a.jpg


400a.jpg

【速報版】ドバイワールドカップ レッドディザイアは11着

メインレースの8Rはお待ちかねのドバイワールドカップ!
1着はGLORIA DE CAMPEAO (BRZ)
日本期待のレッドディザイアは着外に沈んだ・・・

IMG_0343.JPG SO_S2372.JPG SO_S2394.JPG IMG_0426.JPG SOS_0719.JPG SOS_0822.JPG SOS_0805.JPG
レース名
着順
馬名 欧字馬名
馬齢
性別
タイム・着差
調教師
騎手
斤量
 血統:父-母 by 母の父
[ 8R ]
ドバイワールドカップ
Dubai World Cup
G1
1
グロリアデカンペオン
Gloria De Campeao(BRZ)
6
2:03.83
FR: P. バリー
T. ペレイラ
57.0
Impression(ARG) - Audacity(BRZ) by Clackson(BRZ)
2
リザーズディザイア
Lizard's Desire(SAF)
4
セン
ハナ
SAF: M. デ・コック
K. シーア
57.0
Lizard Island(AUS) - Annsfield(SAF) by Northfields(USA)
3
アリバー
Allybar(IRE)
4
短頭
UAE: M. アル・ザルーニ
A. アジテビ
57.0
King's Best(USA) - Irika(USA) by Irish River(FR)
11
レッドディザイア
Red Desire(JPN)
4
-
栗東: 松永 幹夫
C. スミヨン
55.0
マンハッタンカフェ - グレイトサンライズ(GB) by Caerleon(USA)

※全着順はERAのWebサイト(英語)にてご覧いただけます。


レッドディザイア

 本馬場に入場しゲートに向かうレッドディザイアです。

395a.jpg

マスタリー

 ドバイワールドカップの本馬場に向かうUAEのマスタリーMasteryです。昨年の3歳時はG2伊ダービーを優勝し、パリ大賞Grand Prix de ParisはキャバルリーマンCavalrymanの3着。その後、英セントレジャーを3/4馬身差で優勝し、BCマラソンに出走しマンオブアイアンMan of Ironの3着でした。今回はBCマラソン以来の出走となります。鞍上は今日ここまで未勝利のランフランコ・デットーリLanfranco Dettori騎手です。

394a.jpg

トゥワイスオーヴァー

 ドバイワールドカップの本馬場に向かうイギリスのトゥワイスオーヴァーTwice Overです。通算成績は16戦7勝。昨年、3連勝でG1英チャンピオンSを優勝すると、BCクラシックはゼニヤッタZenyattaの3着でした。今回はBCクラシック以来の出走となります。鞍上はトム・ケアリーTom Queally騎手です。

393a.jpg

ファーゼストランド

 ドバイワールドカップの本馬場に向かうアメリカのファーゼストランドFurthest Landです。通算成績は18戦8勝。昨年、G2のケンタッキーカップクラシックに続きAWコースで行われたBCダートマイルを3/4馬身差で優勝しました。その後G2を2戦していますが、7、5着という成績です。鞍上はジュリアン・ルパルーJulian Leparoux騎手です。

392a.jpg