文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ドバイワールドカップ

 9レースは2000mダートのドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) が行なわれました。ホッコータルマエ Hokko Tarumaeが好スタートを切るとハナに立ち、アフリカンストーリーAfrican Storyが並びかけながらの2番手、ロングリバーLong Riverが3番手の外、その外にカリフォルニアクロームCalifornia Chromeが付け、5番手の内にリーLea、エピファネイアEpiphaneiaと続き、2馬身離れてサイドグランスSide Glance、キャンディボーイCandy Boy、5馬身離れた最後方からおっつけ通しのプリンスビショップPrince Bishopとなりました。向正面でカリフォルニアクロームが3番手に上がり、プリンスビショップも外を通って中団まで位置取りを上げ、3コーナー手前でサイドグランスとエピファネイアが脱落しました。3コーナーからプリンスビショップが捲って出るとアフリカンストーリーが下がり、2番手となったカリフォルニアクロームにプリンスビショップが並びかけて直線へ。先頭のホッコータルマエが粘ったものの、残り400でカリフォルニアクロームとプリンスビショップが競り合いながら交わすと、プリンスビショップが一気に突き放して優勝しました。勝ちタイムは2:03.24で鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手。2-3/4馬身差の2着にカリフォルニアクローム、好位の内を進んだリーが残り300mで外に持ち出して1-1/4馬身差の3着、後方を進んだキャンディボーイがゴール前で内を伸びて5-1/4馬身差の4着、交わされてからも粘っていたホッコータルマエは残り50mで一杯となりゴール前で短頭差交わされての5着、アフリカンストーリー6着、エピファネイアは直線流して最下位の9着でゴールしました。

227.jpg

228.jpg

229.jpg

230.jpg

231.jpg

232.jpg

233.jpg

234.jpg

235.jpg

236.jpg

237.jpg

【速報版】9R Dubai World Cup(ドバイワールドカップ)

メインレースはダート2000mのG1のDubai World Cup(ドバイワールドカップ)
日本からエピファネイア・ホッコータルマエの二頭が出走、逃げて見せ場を作ったホッコータルマエが5着。
エピファネイアは6番手から3コーナーでずるずると後退し大きく離された最下位で入線しました...
勝ったのはUAEのプリンスビショップ、騎手W.ビュイック
150322im110.JPG
150322im111.JPG
150322im112.JPG
150322im113.JPG
150322im114.JPG
150322im96.JPG
150322im99.JPG
150322im117.JPG
150322im118.JPG
150322im104.JPG
150322im105.JPG
150322im98.JPG
150322im119.JPG


ホッコータルマエ
150322im106.JPG
150322im101.JPG
150322im108.JPG
150322im110.JPG
150322im100.JPG


エピファネイア
150322im107.JPG
150322im102.JPG
150322im109.JPG
150322im97.JPG
150322im116.JPG

エピファネイア

 ドバイワールドカップのパドック、本馬場入場のエピファネイアEpiphaneiaです。鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

284.jpg

285.jpg

286.jpg

288.jpg

ホッコータルマエ

 ドバイワールドカップのパドック、本馬場入場のホッコータルマエHokko Tarumaeです。鞍上は幸英明Hideaki Miyuki騎手です。

283.jpg

287.jpg

ホッコータルマエ関係者

 ドバイワールドカップのパドックでのホッコータルマエHokko Tarumae関係者です。

272.jpg

273.jpg

ドバイシーマクラシック

 8レースに2410m芝のドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) が行なわれました。外枠からゆっくりとジャストザジャッジJust The Judgeがハナに立ち、2馬身離れてドルニヤDolniya、2馬身離れた3番手にワンアンドオンリー One and Only、フリントシャー Flintshire、5番手の外にハープスターHarp Star、内にトゥルーストーリーTrue Story、メインシークエンスMain Sequence、シェイクザイードロードSheikhzayedroadと続き、好スタートを切ったデザインズオンロームDesigns on Romeは最後方に下げました。向正面でワンアンドオンリーが2番手に上がり、メインシークエンスも3番手の外まで進出しました。4コーナーで内にいたドルニヤに2番手に上がられると、ワンアンドオンリーは3番手となって直線へ。逃げるジャストザジャッジを残り300mでドルニヤが交わし、内を通って伸びたフリントシャーが残り200mで単独2番手に上がって前を追いましたが、逆に突き放されてドルニヤが優勝しました。勝ちタイムは2:28.29で鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手。2-1/4馬身差の2着にフリントシャーが入り、ワンアンドオンリーが2馬身差の3着に粘り、直線を向くところでも最後方だったデザインズオンロームが大外に持ち出して残り300mから伸びて1/2馬身差の4着、シェイクザイードロードが5着に入り、ハープスターは直線を向いて本来の伸びが全く見られず8着に終わりました。

238.jpg

239.jpg

240.jpg

241.jpg

242.jpg

243.jpg

【速報版】8R Dubai Sheema Classic(ドバイシーマクラシック

芝2410mで争われるG1ドバイシーマクラシック
日本からハープスター・ワンアンドオンリーの二頭が出走、2番手からレースを進めるワンアンドオンリーと6番手からのハープスター
直線に向くとドルニヤ(DOLNIYA)が突き放して圧勝! 騎手C.スミヨン
150322im88.JPG
150322im89.JPG
150322im90.JPG
150322im93.JPG
150322im92.JPG
150322im95.JPG


ワンアンドオンリーは3着
150322im84.JPG
150322im86.JPG
150322im94.JPG


ハープスターは8着で入線
150322im85.JPG
150322im87.JPG
150322im91.JPG

ハープスター

 ドバイシーマクラシックのパドック、本馬場入場のハープスター Harp Starです。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

278.jpg

280.jpg

281.jpg

282.jpg

ワンアンドオンリー

 ドバイシーマクラシックのパドック、本馬場入場のワンアンドオンリー One and Onlyです。鞍上はクリスチャン・デムーロCristian Demuro騎手です。

277.jpg

279.jpg

ハープスター関係者

 ドバイシーマクラシックのパドックでのハープスター Harp Star関係者です。

275.jpg

276.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース