文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2017 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2017 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

閉幕

2017香港国際競走も無事に終わりました、今年は3年ぶりに日本馬の未勝利に終わってしまいましたが、また来年以降に期待したいと思います。
最後は花火で締めくくります!
SO1_2784.JPG
SO1_2789.JPG
SO1_2804.JPG

【速報版】8R香港カップ 2000m G1

【速報版】8R香港カップ 2000m G1はパートン騎乗のタイムワープが後続を寄せ付けずに完勝!
圧倒的人気のワーザーが2着、日本から参戦のネオリアリズム(2)3着、ステファノス(5)4着、スマートレイアー(12)5着と掲示板を確保。
SO1_2321.JPG
SO1_2352.JPG
SO1_2365.JPG
SO2_0672.JPG
SO2_0696.JPG
SO1_2481.JPG
SO2_0830.JPG
SO1_2653.JPG
SO1_2725.JPG
ネオリアリズム(2)3着
SO1_2444.JPG
SO2_0790.JPG
ステファノス(5)4着
SO1_2433.JPG
SO2_0795.JPG
スマートレイアー(12)5着
SO1_2461.JPG

【速報版】7R香港マイル 1600m G1

【速報版】7R香港マイル 1600m G1は香港馬のビューティージェネレーションが優勝、騎手リョン
サトノアラジン(4)は着外...
SO1_1581.JPG
SO1_1597.JPG
SO1_1608.JPG
SO1_1629.JPG
SO1_1672.JPG
SO1_1717.JPG
SO1_1799.JPG
SO1_1911.JPG
SO1_1951.JPG
サトノアラジン(4)
SO1_1551.JPG

【速報版】5R香港スプリント 1200m G1

【速報版】5R香港スプリント 1200m G1は圧倒的1番人気の地元香港のミスタースタニングが接戦を制し優勝、騎手ローウィラー
日本から参戦のレッツゴードンキ(12)、ワンスインナムーン(13)共に着外でした。
SO1_0872.JPG
SO1_0897.JPG
SO1_0909.JPG
SO2_0177.JPG
SO1_1253.JPG
SO1_1350.JPG
レッツゴードンキ(12)
SO1_0834.JPG
ワンスインナムーン(13)
SO1_0847.JPG

香港ヴァーズ

 4レースに2400m芝の香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) が行われました。ヘレンカリズマHelene Charismaがハナに立つと4馬身引き離して逃げ、ハイランドリールHighland Reelが2番手、3番手の内にタリスマニックTalismanicが付け、イーグルウェイEagle Wayがその外、デインヒルコディアックDanehill Kodiacと続き、3馬身開いてマックスダイナマイトMax Dynamite、外にトーセンバジルTosen Basil、後ろにケミカルチャージChemical Charge、スマートコール Smart Call、ティベリアンTiberian、ゴールドマウントGold Mountと続き、3馬身離れた最後方からキセキKisekiという隊列になりました。ハイランドリールが向正面で逃げるヘレンカリズマに並びかけに行くと、3番手のタリスマニックとの差は5馬身に開き、キセキは位置取りを上げると中団馬群の外へ。4コーナーでハイランドリールが先頭に立つとキセキも外を周って先行グループに取り付いて直線を向きました。直線残り300mでハイランドリールの内をマックスダイナマイトが突き、外からタリスマニックとトーセンバジルが伸びると残り150mでタリスマニックがハイランドリールに並びかけますが、そこからハイランドリールが一気に突き放して優勝しました。勝ちタイムは2:26.23で鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手。1-3/4馬身差の2着にタリスマニック、3/4馬身差の3着にトーセンバジルが入り、3コーナーで後方3番手だったケミカルチャージがトーセンバジルの後ろを通って残り250mで外に出すと伸びを見せてクビ差の4着、4コーナー最後方から直線で馬群の間を抜け出して鋭く伸びたゴールドマウントが3/4馬身差の5着、クビ差の6着にマックスダイナマイト、キセキは直線半ばで脱落して9着でした。

17HKDec-94.jpg

17HKDec-95.jpg

17HKDec-96.jpg

17HKDec-97.jpg

17HKDec-98.jpg

17HKDec-99.jpg

17HKDec-100.jpg

17HKDec-101.jpg

17HKDec-102.jpg

17HKDec-103.jpg

17HKDec-104.jpg

17HKDec-105.jpg

17HKDec-106.jpg

17HKDec-107.jpg

【速報版】4R香港ヴァーズ 2400m G1

【速報版】4R香港ヴァーズ 2400m G1は1番人気のハイランドリールが2年ぶり2度目の優勝、騎手ムーア!
日本から参戦のトーセンバジル(8)は3着、キセキ(12)は着外でした...
SO1_0450.JPG
SO1_0459.JPG
SO1_0475.JPG
SO2_9762.JPG
SO2_9803.JPG
SO1_0754.JPG
SO2_9915.JPG
トーセンバジル(8)
SO1_0571.JPG
キセキ(12)
SO1_0374.JPG

2017香港国際競走

快晴の沙田競馬場、2017香港国際競走デーを迎えました。
朝から多くのファンが詰めかけている沙田競馬場、1レースはモレイラ騎手が鮮やかに勝ち上がり歓声に包まれました。
SO1_9914.JPG
SO2_9599.JPG
SO2_9621.JPG
SO1_9946.JPG

トーセンバジル(8)、キセキ(12)が出走する4R香港ヴァーズ 2400m G1は14:00(日本時間15:00)発走
レッツゴードンキ(12)、ワンスインナムーン(13)が出走する5R香港スプリント 1200m G1は14:40(日本時間15:40)発走
サトノアラジン(4)が出走する7R香港マイル 1600m G1は15:50(日本時間16:50)発走
ネオリアリズム(2)、ステファノス(5)、スマートレイアー(12)が出走する8R香港カップ 2000m G1は16:30(日本時間17:30)発走予定です。

12.9 今朝の日本馬

レース前日の沙田競馬場、香港スプリントに出走するレッツゴードンキ、ワンスインナムーン以外の日本馬6頭が馬場入りして最終調整を行いました。

ネオリアリズム(赤5)
SO1_9246.JPG
SO1_9307.JPG
SO2_9149.JPG

スマートレイアー(赤9)
SO1_9529.JPG
SO2_9255.JPG

ステファノス(赤10)
SO1_9374.JPG
SO1_9378.JPG

サトノアラジン(青11)
SO1_9476.JPG
SO2_9211.JPG

キセキ(緑9)
SO1_9506.JPG
SO2_9236.JPG
SO1_9648.JPG

トーセンバジル(緑14)
SO1_9786.JPG
SO1_9820.JPG
SO1_9864.JPG

ガラパーティー

ロンジン・ワルドベストジョッキーの表彰も兼ねた香港国際競走のガラパーティーが行われました。
今年はWINXやジャパンカップ等でG1を勝ちまくったボウマン騎手が年間チャンピオンに輝きました!

SO2_8965.JPG
SO2_8968.JPG
SO2_9021.JPG
SO2_9036.JPG
SO2_9050.JPG
SO2_9079.JPG

12.8 今朝の日本馬

好天の沙田競馬場、昨日追い切りを行った日本各馬の陣営はネオリアリズム、サトノアラジン、レッツゴードンキの三頭が厩舎周りの運動。
ステファノス、トーセンバジル、キセキ、スマートレイアー、ワンスインナムーンの五頭がパドックでのスクーリングを行いました!

ステファノス(赤10)
SO1_8807.JPG
SO1_8883.JPG


トーセンバジル(緑14)
SO1_8833.JPG
SO2_8787.JPG

キセキ(緑9)
SO1_8852.JPG
SO1_8917.JPG
SO1_8971.JPG

スマートレイアー(赤9)
SO1_8958.JPG
SO2_8765.JPG
SO1_8985.JPG

ワンスインナムーン(黄8)
SO1_9095.JPG
SO2_8928.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2017 レース概要

バックナンバー

その他のレース