文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > JBISコラム > 馬ミシュラン

馬ミシュラン

小山内完友 馬ミシュラン

最新記事一覧

第18回 引退

 再び剣道を始めることになった。高校1年以来だから実に24年ぶりの剣道だ。大河ドラマ龍馬伝を見過ぎた小学3年生の息子がやりたいと言い出し,地元の剣友会に入会。一応自分も有段者。稽古を見ていてイライラしてきたので,つい稽古終わりに教えてしまったら,先生に経験者であることがバレた。そして誘われてしまった。

>>続きを読む

第17回 「祝60周年」

 今年,大井競馬場,川崎競馬場,船橋競馬場が60周年を迎え,様々な企画が催されている。

>>続きを読む

第16回 春

 春である。春を感じるモノはひとそれぞれだが,例えば野球。我が街のチーム西武ライオンズのオープン戦が西武ドームに戻ってくると,「春が来たな」と感じる。本拠地のオープン戦は,エース涌井が7回まで中日打線を完璧に抑え,終わってみれば10-0の完勝。打倒ファイターズ,打倒村本浩平(笑)。今年は期待できそうだ。

>>続きを読む

第15回 果たして起爆剤となるか

 既にご存知の通り,今年1月9日から,ばんえい帯広競馬にて五重勝馬券が発売されている。実際に競馬場,場外発売所で発売されているわけではなく,地方競馬の馬券をネットで発売しているオッズパークのインターネット投票(オッズパークロト)だけのサービスである。

>>続きを読む

第14回 優秀馬選定にも時代の変化

 NARグランプリ2009の各受賞馬が,地方競馬全国協会から発表された。不肖・小山内も全国公営競馬専門紙協会から推薦され,末席に名を連ねさせて頂いた。

 結果は既に発表された通り。至極妥当な結果だろう。今回のように頭を悩ますことなく,極々自然に馬の成績で決められたことは,幸せなことだと感じている。

>>続きを読む

第13回 データは使ってナンボ

 JBISサーチのベータ版がリリースされた。正直,感動の出来映えである。JBBA NEWSのライターだから媚を売っているわけではない。本当に凄い。何でも調べられる。しかも一部を除き無料だ。

 この手の競馬データベースは数多くあるが,データベースのソースとなる基本的なデータの出処が限られているだけに,これまでのものは日本の競馬全てを網羅,とはいかなかった。

>>続きを読む

第12回 救世主現れて

 先日,ある原稿を校正していて驚いた。いや,驚いてはいけない,知っていたはずだ。

 あるレースとは,1994年の第9回ダービーグランプリ。水沢競馬場で行われた。菅原勲騎手騎乗のブラッククロスが,1周目のスタンド前でスーっと4番手に浮上。外目から徐々に進出し,直線で抜け出して優勝。馬群を割って迫るカネミボンバーに,1馬身差付けて勝ったレースだ。

>>続きを読む

第11回 頭を使わず馬券を当てる

 いつの世も「楽して儲けたい」は人間として当たり前の思考だと思う。もちろん現実の世界は甘くないことも良く知っている。

 この仕事をしながらの最大目標は「頭を使わず馬券を当てる理論を考える」ことだ。そのために頭を使ってあれこれ考えてきたが,40過ぎてやばくなってきた感じもしないではない。

>>続きを読む

第10回 初めての2頭撮り

 9月8日川崎競馬場。3歳の重賞,戸塚記念が行われた。レースは2周目1〜2コーナーで先頭に立った5番人気ブルーラッドが,直線に入っても勢い衰えず1着。2着は道中4番手外を追走し,向正面で2番手に上がった1番人気のブルーヒーローという結果だった。

>>続きを読む

第9回 青森県産

 本稿執筆時,夏の全国高校野球選手権が開催されている。県立の野球弱小高であるわが母校の出場は当然のことながら望むべくもなく,今年は青森山田高校が代表として出場している。

 郷愁ではないが,やはり毎年,青森県代表を応援している。一方,最近は埼玉のわが嫁の母校が強く,今年出場を決めた。「日程が合えば応援行くか」と,義理父と盛り上がっていたのだが,「2人とも関係ないじゃん」と突っ込まれた。いいじゃないか県民なんだし。結局日程が合わなかった。

>>続きを読む