文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > JBISコラム > 馬ミシュラン

馬ミシュラン

小山内完友 馬ミシュラン

最新記事一覧

第91回 『いろいろ波乱の東京ダービー』

 6月8日(水)、大井競馬場で東京ダービーが行われた。今年はグリーンチャンネル地方競馬中継の解説だったので、大井競馬場ではなく、都内のスタジオでの観戦となった。

>>続きを読む

第90回 『馬名欄』

 過去2ヵ月にわたってお伝えしている新システムですが、いよいよという段階に来て再び修正となり、いまだ移行しておりません。急ぐ理由もそれほどないので、より良い状態にしてから臨みたいと思っております。

>>続きを読む

第89回 『記録で見る菜七子フィーバー』

 中央競馬で16年ぶり7人目となる女性騎手、藤田菜七子騎手が3月3日、中央競馬よりも先に地方競馬の川崎競馬場でデビューした。

>>続きを読む

第88回 『人が集まる場所』

 まず最初に、先月号文末についてのご報告である。移行の作業が遅れに遅れ、現状では4月中にはなんとか、という状態。なんとか来月号には完了のお知らせが出来ることを祈っております。もうヘロヘロです(笑)

>>続きを読む

第87回 『タテ21mm×ヨコ11mmの世界』

 当初の予定よりも大幅に遅れて、まもなく新システムが稼動の運びとなる。それに合わせて、馬柱など紙面の中も新たに作り直すため、目下ヘロヘロになりながら作業している。

>>続きを読む

第86回 『今年こそはJpnⅠを』

 「NAR GRAND PRIX2015」優秀馬選定委員会の季節がやってきた。今年も全国公営競馬専門紙協会推薦の選定委員として、末席に加えて頂いた。

>>続きを読む

第85回 『11月3日はやはり特異日?』

 2015年11月3日、大井競馬場で15回目を迎えるJBCが開催された。

>>続きを読む

第84回 『長~いレース名』

 11月20日、川崎競馬場が怪獣に乗っ取られた。それもレース名が。メインレースのバルタン星人を筆頭に、ベムラー、シーボーズ、レッドキング、エレキング、キングジョー、メフィラス星人、ゴモラ、メトロン星人、ダダ星人、そしてゼットン。そう、ウルトラマンに登場する宇宙人や怪獣の名が各レースに付けられた。また、本馬場の入場曲も各宇宙人や怪獣に合わせたものになり、誘導馬もゼットンの飾りを身にまとっていた。

>>続きを読む

第83回 『さらばハイセイコー』

 9月のある昼下がり、日刊競馬の喫煙所で柏木集保(敬称略)から声を掛けられる。
 「キミ、ハイセイコーは観たことあるかい?」

>>続きを読む

第82回 『東京オリンピック記念』

 滝川クリステルさんの「おもてなし」プレゼンテーションなどが話題となった2020年夏季オリンピック招致活動。2013年9月にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われたあのIOC総会が2年前。新国立競技場の整備計画見直しや、オリンピックエンブレムの盗用疑惑など、たった2年でまさかこれほど迷走するとは予想だにしなかった。

>>続きを読む