文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > JBISコラム > 馬ミシュラン

馬ミシュラン

小山内完友 馬ミシュラン

最新記事一覧

第58回『韓日競走馬交流競走』

 先月号の後半からの続きです。
 去る9月1日、韓国のソウル競馬場において、「SBS ESPN杯 韓日競走馬交流競走」が行われた。日本からは大井競馬所属のファイナルスコアー(牡8歳・荒山勝徳厩舎)、ビッグガリバー(牡5歳・藤田輝信厩舎)、トーセンアーチャー(牡9歳・橋本和馬厩舎)の3頭が出走。迎え撃つ地元は全てソウル競馬場の所属で、アメリカ産馬10頭、オーストラリア産馬1頭の計14頭によって争われた。

>>続きを読む

第57回『盆暮れ正月は稼ぎ時』

 「35キロの渋滞」「乗車率200%」など毎年テレビのニュースなどで恐ろしい数字が並ぶお盆休み。そんな数字を横目に「盆暮れ正月は稼ぎ時」と、我々新聞屋はいつものように電車や車で会社や競馬場通いという変わらない1週間を過ごすのである。かといって電車や道が空いているわけでもなく、海や山に向かう家族連れで、時間帯によってはむしろ混雑している。もうそんな生活を20年送っている。

>>続きを読む

第56回『ダービーウイーク』

 地方競馬でもうお馴染みとなったダービーウイーク。今年創設8年目を迎えたが、5月31日、佐賀競馬場で行われた九州ダービー栄城賞からスタートした。

>>続きを読む

第55回『ラスト・シンデレラ』

 6月5日、大井競馬場で第59回東京ダービーが行われた。羽田盃馬アウトジェネラルが1番人気に推され、京浜盃馬ジェネラルグラントが2番人気、東京2歳優駿牝馬と東京プリンセス賞に勝ったカイカヨソウが3番人気。

>>続きを読む

第54回『地方競馬のサンデー』

 サンデーサンレンス(USA)と言えば、もはや説明の必要もないだろう。種牡馬としてリーディングサイアー13回など、数々の記録を更新している。

>>続きを読む

第53回 『娯楽の殿堂』

 山梨県甲斐市に、全国で初となる公営4競技(競馬、競輪、ボートレース、オートレース)を発売する複合型場外発売施設が誕生した。

>>続きを読む

第52回『次のセンターは誰だ』

 3月2日の中山競馬第3レース。大井競馬から中央競馬に移籍した戸崎圭太騎手が、オメガインベガスに騎乗し1着。移籍後3戦目で初勝利を挙げた。そして、今年デビューの騎手1番乗りとなった。一応新人騎手ではあるが、ご存知の通り地方競馬の騎手として今年で16年目。既にJRAのGⅠも制している。

>>続きを読む

第51回『迫る払戻率70%』

 2月1日、名古屋競馬の経営改革委員会が行われた。まだ委員会の議事録がアップされていないが、新聞の報道によると「2014年度から払戻率を現行の75%から70%へ下げれば黒字化する」との試算がまとまったとのこと。またそれにより、競馬存続の方向に流れが傾いたとも。

>>続きを読む

第50回『タイトルは重要です』

 年度代表馬等、各賞受賞馬、受賞者の選定と発表の季節がやってきた。
 今年も全国公営競馬専門紙協会推薦でNARグランプリ2012選考委員の末席に名を連ねさせていただいた。

>>続きを読む

第49回『外れ馬券は経費だ』

 「外れ馬券を経費に認めて欲しい」。この願いは、我々馬券ファンの悲願である。かの井崎脩五郎さんは、我々が学生だった頃からそう主張しているが、未だ実現していない。そして今、画期的な裁判が行われている。

>>続きを読む