文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > JBISコラム > 架空名馬生産牧場 ギャラクティカ・ファーム > 2010年 > 第6回 スピーディワンダー:キャラクター列伝その1

架空名馬生産牧場 ギャラクティカ・ファーム

綱本将也 架空名馬生産牧場 ギャラクティカ・ファーム

第6回 スピーディワンダー:キャラクター列伝その1

馬名: スーパーキングオー
毛色:鹿毛
父:カリズマティック
母:イエロークイーン
母の父:ナグルスキー
クロス:Storm Bird S3×M3、Northern Dancer S4×M4×M4、Bull Page M4×M5、Somethingroyal S5×S5
生涯成績: 10戦1勝(※第八話現在)
主な成績:エラキス特別(門別競馬場・JRA交流)

 通常の『ギャラクティカ・ファーム』と並行して、現在、ヤングチャンピオン(@秋田書店)にて連載中で、10月20日に第1巻が発売される競馬漫画『スピーディワンダー』に登場する個性的な競走馬たちの、本編では描ききれない部分を、当コラムで紹介していこうと思います。
 
 第1回目の今回は、『スピーディワンダー』現在の主役である競走馬、スーパーキングオーです。

 スーパーキングオーは本編では、「ダートが苦手な芝向きのホッカイドウ競馬所属の競走馬」であり、現在はJRA移籍を目指して、福島競馬場での交流競走に挑戦しています。登場人物である湯上谷という調教師が「ずいぶん地味で、明らかにダート向きな血統」とつぶやいている、その血統を見てみましょう。

 父カリズマティックは、アメリカのケンタッキー・ダービーとプリークネスSの二冠を勝った名馬ですが、デビューの頃はスーパーキングオーと同様、その才能を発揮できず、6戦目でようやく初勝利を挙げました。ダービーでは、なんと12番人気という低評価。続くプリークネスSでも、ダービー優勝がフロック視され、5番人気というダービー馬にふさわしくない低評価を跳ね返して二冠達成。三冠目のベルモントSでは、ようやく1番人気に推されたものの、レース中に骨折し3着。三冠は達成できなかったものの、掛け値なしの名馬であることは間違いありません。17戦5勝の戦績は、すべてダートでのものです。

 産駒にもそのダート適性は受け継がれ、産駒の平地重賞優勝はダートのシリウスSと武蔵野S(※ともにワンダーアキュート)の2勝。JBIS-Searchによれば、サイアーランキング[サラ中央・ダート]での最高位は07年の21位に対し、[サラ中央・芝]での最高位は08年の73位と、成績にダート=得意、芝=不得意がはっきりとあらわれています。

 その競走成績からすると、現状では物足りなさを感じます。さらに09年からは、馬産の中心地ではない青森の七戸に繋養されているため(※以前は北海道・静内)、厳しい戦いが予想されます。しかし自身の競走馬時代同様、低評価を跳ね返す活躍を期待したいものです。
 
 もちろんスーパーキングオーも、カリズマティックの代表産駒となるべく奮闘しますよ。ここで、当コラムの読者の皆様だけに、本編ではまだ触れられていない秘密の情報を。

 イエローファームで2010年に生まれた、スーパーキングオーの全弟である『金色の仔馬』の母イエロークイーンに、カリズマティックが種付けされたのは、2009年。...ということは、北海道・日高から青森までイエロークイーンを連れて行って、種付けしたということになります。わざわざ、です。そこまでして固執したヒロイン・真黄の祖父は、カリズマティックになにを見出していたのか?

 それは――。すいません、今、話せるのはここまでです。いずれ本編で明らかになっていきます。

 母イエロークイーンの父ナグルスキーは、アメリカの芝のGⅢウッドローンSを勝った馬で、ダート主体だったアメリカでは少数派の芝馬でした。しかし産駒には、自身とは違った傾向が見えます。代表産駒はホクトベガとナリタハヤブサ。ホクトベガは芝のGIエリザベス女王杯を勝っていますが、ダートでのパフォーマンスは特筆もので、地方のGI級のレースを勝ちまくりました。ナリタハヤブサもスプリングS2着など、芝重賞での実績もありますが、ダートで本領発揮。ホクトベガも勝った大井競馬場での帝王賞に優勝しています。この2頭以外に、JRAの平地重賞を勝った馬はいません。

 JBIS-Searchによると、ブルードメアサイアー(※BMS=母の父)ランキングでの最高位は03年の63位で、あとはすべて100位以下。またBMSにナグルスキーを持つ馬でJRAの重賞を勝った馬はいません。

 以上の血統背景から考えて、湯上谷が「ずいぶん地味で、明らかにダート向きな血統」とつぶやいたのもうなずけると思います。しかし、初めて騎乗した騎手・講神は、スーパーキングオーに抜群の芝適性を見出しました。この血統から、どうしてスーパーキングオーのような馬が生まれたのでしょうか?
 
 10月20日発売の『スピーディワンダー』第1巻に、スーパーキングオーの血統表も収録されます。この不思議な血統の秘密の一端は、その血統表を見れば、もしかしたら何かがわかるかもしれませんよ。