文字サイズ

文字サイズとは?



架空名馬生産牧場 ギャラクティカ・ファーム

綱本将也 架空名馬生産牧場 ギャラクティカ・ファーム

第15回 ウエシマ作戦発動中!

馬名:カモンブルース
毛色:黒鹿毛
父:ディープインパクト
母:スターズロマンス
母の父:Unbridled
クロス:Halo S3×M3
生涯成績:5戦2勝(現役中)
主な成績:ラジオNIKKEI杯2歳S(GⅢ)

馬名:カフス
毛色:黒鹿毛
父:キングカメハメハ
母:パープルバタフライ
母の父:サンデーサイレンス
クロス:Northern Dancer S5×S5×M5
生涯成績:8戦2勝(現役中)
主な成績:

馬名:シェーブルドール
毛色:栗毛
父:ステイゴールド
母:オクシデントアート
母の父:メジロマックイーン
クロス:ノーザンテースト M3×S4
生涯成績:7戦2勝(現役中)
主な成績:スプリングS(GⅡ)

 買占めをせずに、困っている人に譲る。電気を譲り合い、できるだけ節電して停電を起こさないようにする。
 この『ウエシマ作戦』が競馬の世界でも発動された。いや、これは今に始まったことではなく、20年も前から発動していた。

 牡馬クラシック三冠レースに、同じ厩舎に所属する3頭がトリオで同時に出走したことが、過去20年で7組ある。皐月賞に3組、ダービーに3組、菊花賞に1組。この7組の成績を並べてみよう。


皐月賞:
06年=②着ドリームパスポート、4着アドマイヤムーン、13着キャプテンベガ
96年=①着イシノサンデー、9着ギガトン、12着チアズサイレンス
91年=③着イイデセゾン、6着イイデシビア、10着イイデサターン

ダービー:
03年=②着ゼンノロブロイ、5着ゼンノジャンゴ、17着スズノマーチ
91年=③着イイデセゾン、9着イイデシビア、12着イイデサターン
89年=①着ウィーナーズサークル、20着トリックスター、24着ゴーゴーキング

菊花賞:
07年=①着アサクサキングス、4着エーシンダードマン、10着ヒラボクロイヤル


 3頭のうち必ず1頭だけが、③着以内に好走している。必ず1頭だけが。トリオのうち1頭だけに他の2頭が最先着を譲り、譲った2頭はトリオで③着以内を独占することなく、その座を他の厩舎の馬に譲っているのだ。

 どの馬も「俺が」「俺が」になるはずの一生に一度のクラシックの舞台で、最後には「どうぞ」「どうぞ」と、見事なまでの譲り合いの精神。

 今年の皐月賞には、1組のトリオが揃って出走する。カモンブルース、カフス、シェーブルドールの3頭だ。
 どの馬が好走し、どの馬が譲り合いの精神を発揮するのか――。

 最先着したのは、カモンブルース。東京の直線、残り200mで先頭に立ち、脚色も衰えず、勝つかに見えたが、そこはやはり譲り合いの精神のトリオの一員。残り50mで苦しくなったか、差してきた同馬主のカモンミールを待つように、脚色を乱し失速。最後はハナ差で、カモンミールに優勝を譲った。

 「どうぞ」「どうぞ」と「取り乱しまして」の合わせ技での、名人芸だった――。