文字サイズ

文字サイズとは?



架空名馬生産牧場 ギャラクティカ・ファーム

綱本将也 架空名馬生産牧場 ギャラクティカ・ファーム

第43回 架空:第48回 北九州記念

馬名:ナツノエンペラー
毛色:鹿毛
父:サクラバクシンオー
母:シャイニーピアス
母の父:ブライアンズタイム
クロス:なし
生涯成績:34戦6勝(※現役)
主な成績:北九州記念(2回)

 北九州記念が芝1200mで開催されるようになった2006~2012年の、前後半3Fのラップと、ラップ差(※後半-前半)を並べてみよう。

2006年:前半3F32.9 - 後半3F35.1 → ラップ差=2.2
2007年:前半3F32.1 - 後半3F35.6 → ラップ差=3.5
2008年:前半3F33.0 - 後半3F34.5 → ラップ差=1.5
2009年:前半3F32.7 - 後半3F34.8 → ラップ差=2.1
2010年:前半3F32.1 - 後半3F35.0 → ラップ差=2.9
2011年:前半3F32.4 - 後半3F34.8 → ラップ差=2.4
2012年:前半3F32.2 - 後半3F34.7 → ラップ差=2.5

 前半の方が速いラップを前傾ラップというが、北九州記念は毎年前半のラップの方が速くなっている前傾ラップで、最低でもラップ差は1.5秒以上。出走馬が違っても、必ず前傾ラップになっている。これはスタートしてから100mが高低差1mの下り坂になっている、小倉競馬場のレイアウトに起因するのだろう。

 ナツノエンペラーは、この前傾ラップの申し子であり、北九州記念を連覇したのも頷ける。ナツノエンペラーは芝1200mに28回出走しているが、そのうちラップ差1.5以上(※=北九州記念の最小ラップ差)の前傾ラップになった6レースを並べてみよう。


2歳新馬戦:1着
前半3F33.8 - 後半3F35.4 → ラップ差=1.6

小倉2歳S:3着
前半3F33.1 - 後半3F35.6 → ラップ差=2.5

福島2歳S:2着降着
前半3F33.7 - 後半3F35.7 → ラップ差=2.0

つわぶき賞:1着
前半3F33.6 - 後半3F35.4 → ラップ差=1.8

佐世保特別:1着
前半3F32.7 - 後半3F34.4 → ラップ差=1.7

北九州記念:1着
前半3F32.2 - 後半3F34.7 → ラップ差=2.5


 6戦4勝で4番目以降で入線したことがない、ほぼ完璧な成績を残している。小倉に限れば4勝3着1回。
 後傾ラップ、もしくはラップ差が1.4秒以内の前傾ラップでの成績は、[1.4.4.13]で22戦して1回しか勝てていない。

 北九州記念と似たレースラップになるのがGⅠスプリンターズS。
現在の時期の開催になった過去12回(※新潟開催は除く)は、すべて前傾ラップで、ラップ差の平均は1.83。

 前傾ラップの申し子、ナツノエンペラーには秋に大仕事が待っている――。