文字サイズ

文字サイズとは?



烏森発牧場行き

吉川良 烏森発牧場行き

2012年の記事一覧

第216便 なんも言えねえ

 10月25日の昼のこと、京都市内でタクシーをひろい、しばらくは無言だったが、そのうちに言葉を交わすと、若い運転手は話好きのようだった。

>>続きを読む

第215便 悲しいくらいに

 横浜の川のほとりでバーを営む光枝さんは62歳。カラオケで都はるみの歌がめっぽううまい。とりわけ「好きになった人」、(白鳥朝詠作詞、市川昭介作曲)を歌うと、初めて聞く客など、なんでそんなにうまいのかって、目をまるくする。

>>続きを読む

第214便 母と子の夏

 「息子は野球だけがちょっと上手なバカオ。その母親のわたしは元気なだけがとりえのアホコ。
 アホコとバカオで生きてるんだから、大変」

>>続きを読む

第213便 オリンピックの夏に

 ロンドンオリンピックの男子体操、個人種目別鉄棒の決勝をテレビで見ている。
 中国の鄒凱がミスなく宙を蹴り着地を決めて16.366。すごい。内村航平を負かしたゆかに続いて、またスウガイの金メダルだと私は思った。

>>続きを読む

第212便 新橋の「パドック」

 7月3日、新橋駅に近い内幸町ホールにいた。「第14回けやき会、もの語りの世界」。その昼の部である。客席は満席だった。

>>続きを読む

第211便 前向きウシロ向き

 ディープブリランテがフェノーメノの追撃をハナ差しのいで、2012年のダービーは終わった。
 戦い済んだ馬たちが戻ってくるのを、私は地下馬道で待っている。

>>続きを読む

第210便 アタンナイ、ヤメタラ

 ピーコという名のセキセイインコが逃げだし、警察に保護され、「サガミハラシミドリク......」と番地までしゃべったので、飼い主の女性のもとに戻ってニュースになったとき、
 「ミヤさん、元気かなあ」 私が言い、
 「あっ、わたしも、ミヤさん、どうしてるかなあと思った」とかみさんが言った。

>>続きを読む

第209便 Yes!Yes!Yes!

 4月8日、阪神競馬場に着くと、第5R3歳500万下の出走馬がパドックを歩いていた。
 競馬場に着いてすぐの馬券は、1番人気から人気順への馬単、と私は決めている。運だめしみたいな遊びだ。

>>続きを読む

第208便 反戦運動です

 鎌倉駅の改札口を出ると、バスターミナルに鎌倉山経由江の島行きが待っている。グッドタイミング。途中のバス停笛田が私の家に近い。
 バスに乗ろうとしたとき、「大仏に行くの、これでいいかね?」老人に聞かれる。これでいい。「ありがとう」

>>続きを読む

第207便 「なんだよ」の2月

 寒い日の午後、鎌倉駅に近いコーヒーショップに入ると、「おや?」という老人の顔とぶつかった。私の顔も、「おや?」になる。

>>続きを読む