文字サイズ

文字サイズとは?



2011 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

インボンギ

 ゴドルフィンマイルの本馬場入場のインボンギImbongiです。南アフリカのマイク・デコックMike de Kock師の管理する6歳騸馬で通算成績は27戦7勝。08年3月に南アフリカのターフフォンテインTurffontein競馬場で行われた3歳重賞のハウテンギニーGauteng Guineas (Grade 2) で1/2馬身差で重賞初勝利すると、続く南アフリカクラシックS A Classic (Grade 1) はキングスギャンビットKings Gambitの5着でした。その後グレイヴィルGreyville競馬場のクワーズルナタールギニーKZN Guineas (Grade 2) 、ドリルホールSDrill Hall Stakes (Grade 2) と重賞を連勝。7月にはクレアウッドパークClairwood Park競馬場のG1に出走しますが、ゴールドチャレンジGold Challenge (Grade 1) は3/4馬身差の2着、チャンピオンズカップChampions Cup (Grade 1) は5着と手が届きませんでした。翌09年からドバイに参戦し、ハンデ戦2着の後アルファヒディフォートAl Fahidi Fort (Group 2) はグラディアトーラスGladiatorusの4着、ジェベルハッタJebel Hatta (Group 2) もバリオスBaliusの4着に終わりました。目標を世界のマイル戦に向けると、香港のチャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) はサイトウィナーSight Winnerの6着、英ニューマーケットNewmarket競馬場のクリテリオンSCriterion Stakes (Group 3) を11/4馬身差で勝利し、アスコットAscot競馬場のサマーマイルSSummer Mile Stakes (Group 2) は3着でした。昨年のドバイはハンデ戦2着の後、アルファヒディフォートでバンカブルBankableから短頭差の2着、ザビールマイルZabeel Mile (Group 2) を1/4馬身差で勝利し、ドバイデューティーフリーDubai Duty Free (Group 1) はアルシェマーリAl Shemaliから11/2、31/4馬身差の3着でした。2年連続の参戦となった香港のチャンピオンズマイルはエイブルワンAble Oneの7着止まりで、その後は休養しています。3年目となる今季のドバイは、ジェベルアリJebel ali競馬場のダート戦10着の後、アルマクトゥームチャレンジ ラウンド1Al Maktoum Challenge R1 (Group 3) はメンディップMendipから21/4馬身差の2着、前走のファイアーブレイクSFirebreak Stakes (Listed Race) はスカイサーファーズSkysurfersから11/2、51/4馬身差の3着でした。鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

521a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2011 レース概要

バックナンバー

その他のレース