文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2011 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

2011 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

トゥワイスオーヴァー

 ドバイワールドカップの本馬場入場のトゥワイスオーヴァーです。イギリスのヘンリー・セシルHenry Cecil師の管理馬する6歳牡馬で、通算成績は23戦10勝。前走でアルマクトゥームチャレンジラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 2) を優勝しました。鞍上はトム・クィリーTom Queally騎手です。

384a.jpg

リチャーズキッド

 ドバイワールドカップの本馬場入場のリチャーズキッドRichard's Kidです。UAEのサティシュ・シーマーSatish Seemar師の管理する6歳牡馬で、通算成績は28戦9勝。昨年までアメリカのボブ・バファートBob Baffert厩舎所属で活躍しており、09年パシフィッククラシックSPacific Classic Stakes (Grade 1) をクビ差で優勝し、同年のBCクラシックBreeders' Cup Classic (Grade 1) はゼニヤッタZenyattaの6着。昨年のドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) はアメリカ所属で出走して、グロリアデカンペオンGloria De Campeaoの7着でした。昨年の夏にはパシフィッククラシックSを連覇し、グッドウッドSGoodwood Stakes (Grade 1) も優勝してUAEに移りました。前走はアルマクトゥームチャレンジラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 2) に出走し、トゥワイスオーヴァーTwice Overの10着に敗退しました。鞍上は前走からのコンビとなるリチャード・マレンRichard Mullen騎手です。

383a.jpg

ポエッツヴォイス

 ドバイワールドカップの本馬場入場のポエッツヴォイスPoet's Voiceです。ドバウイDubawi産駒の4歳牡馬で通算成績は12戦4勝、サイード・ビン・スルールSaeed Bin Suroor師の管理馬です。一昨年の9月にドンカスターDoncaster競馬場で行われたシャンパンSChampagne Stakes (Group 2) を3/4馬身差で優勝し、続くニューマーケットNewmarket競馬場のミドルパークSMiddle Park Stakes (Group 1) は4着でした。その後間隔が開き、昨年5月のフランス2000ギニーにあたるプールデッセデプーランPoule d'Essai Des Poulains (Group 1) に出走しロペデヴェガLope De Vegaの8着。秋にはアスコットAscot競馬場のクイーンエリザベス2世SQueen Elizabeth II Stakes (Group 1) をリップヴァンウィンクルRip Van Winkleにハナ差で勝利し、続く英チャンピオンSChampion Stakes (Group 1) はトゥワイスオーヴァーTwice Overの9着でした。デビューからゴドルフィンGodolphin所有馬ですが、前走のジェベルハッタJebel Hatta (Group 2) が初のメイダンでのレースとなり、外から一旦は抜け出したものの、さらに外からウィグモアホールWigmore Hallに1/4馬身差し切られて2着。そして今回はワールドカップに出走でこれが初のAWコースとなります。鞍上はデビューから1戦を除く全てでコンビを組んでいるランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手です。

382a.jpg

トランセンド

 ドバイワールドカップの本馬場入場のトランセンドTranscendです。鞍上は藤田伸二Shinji Fujita騎手です。

380a.jpg

381a.jpg

ムシール

 ドバイワールドカップの本馬場入場のムシールMusirです。南アフリカのマイク・デコックMike de Kock師の管理馬で通算成績は8戦5勝。一昨年に南アフリカの2歳G1ゴールデンホースシューGolden Horshoe (Grade 1) を31/2馬身差で優勝し、その後ドバイに転戦。昨年のUAE2000ギニートライアルUAE 2000 Guineas Trial (Conditions Race) 、UAE2000ギニーUAE 2000 Guineas (Group 3) 、UAEダービーUAE Derby (Group 2) と3連勝しました。昨年はその後の出走はなく、今年もドバイでの始動となり、ファイアブレイクSFirebreak Stakes (Listed Race) でスカイサーファーズSkysurfersから11/2馬身差の2着、そして前走のアルマクトゥームチャレンジラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 2) はトゥワイスオーヴァーTwice Overから23/4馬身差の2着でした。鞍上はドバイでの5戦全てに騎乗してきたクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

379a.jpg

ヴィクトワールピサ

 ドバイワールドカップの本馬場入場のヴィクトワールピサVictoire Pisaです。鞍上はミルコ・デムーロMirco Demuro騎手です。

375a.jpg

376a.jpg

ジオポンティ

 ドバイワールドカップの本馬場入場のジオポンティGio Pontiです。アメリカ調教の6歳牡馬で通算成績23戦11勝、09年のアーリントンミリオンArlington Million (Grade 1) などG1を6勝しています。昨年のドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) は前3頭の競り合いからやや遅れて4着でした。その後これまで5戦しており、マンノウォーSMan O'War Stakes (Grade 1) 優勝、アーリントンミリオンはドビュッシーDebussyから1/2馬身差の2着、ターフマイルSTurf Mile Stakes (Grade 1) を優勝し、前走のBCマイルBreeders' Cup Mile (Grade 1) はゴルディコヴァGoldikovaから13/4馬身差の2着でした。鞍上は昨年と同じくラモン・ドミンゲスRamon Dominguez騎手です。

374a.jpg

378a.jpg

ケープブランコ

 ドバイワールドカップの本馬場入場のケープブランコCape Blancoです。アイルランドのエイダン・オブライエンAidan O'Brien師の管理する4歳牡馬で、通算成績は9戦6勝。昨年、仏ダービーのジョッキークラブ賞Prix Du Jockey Club (Group 1) は10着に敗退したものの、続く愛ダービーIrish Derby (Group 1) をミダスタッチMidas Touchに1/2馬身差で優勝しました。キングジョージ6世&クイーンエリザベスSKing George VI And Queen Elizabeth Stakes (Group 1) は優勝したハービンジャーHarbingerに11馬身千切られての2着でしたが、愛チャンピオンSIrish Champion Stakes (Group 1) を51/2馬身差で優勝し、挑んだ前走の凱旋門賞Prix De L'Arc De Triomphe (Group 1) はワークフォースWorkforceの13着でした。AWコースでのレースは今回が初となります。鞍上はジェイミー・スペンサーJamie Spencer騎手が同馬に初騎乗します。

373a.jpg

プリンスビショップ

 ドバイワールドカップの本馬場入場のプリンスビショップPrince Bishopです。ドバウィDubawi産駒の4歳牡馬で通算成績は8戦4勝、サイード・ビン・スルールSaeed Bin Suroor師の管理馬です。プリンスドランジェ賞Prix Du Prince D'Orange (Group 3) 、コンセイユドパリ賞Prix Du Conseil De Paris (Group 2) をどちらも短首差で連勝し、フランスから移籍しました。前走のアルマクトゥームチャレンジラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 2) はトゥワイスオーヴァーTwice Overの5着でした。鞍上はアーメド・アジュテビAhmed Ajtebi騎手が騎乗します。

372a.jpg

モンテロッソ

 ドバイワールドカップの本馬場入場のモンテロッソMonterossoです。ドバウィDubawi産駒の4歳牡馬で、通算成績は12戦6勝、マハムード・アル・ザルーニMahmood Al Zarooni師の管理馬です。前走のドバイシティオブゴールドDubai City Of Gold (Group 2) を11/4馬身差を付けて優勝しました。鞍上は前走に続きミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手です。

371a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2011 レース概要

バックナンバー

その他のレース