文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2011 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

2011 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

フライダウン

 ドバイワールドカップのパドックのフライダウンFly Downです。

370a.jpg

ヴィクトワールピサ

 ドバイワールドカップのパドック周回中のヴィクトワールピサVictoire Pisaです。

377a.jpg

ブエナビスタ

 ドバイワールドカップのパドック周回中のブエナビスタBuena Vistaです。

366a.jpg

367a.jpg

368a.jpg

369a.jpg

ランフランコ・デットーリ騎手

 ドバイシーマクラシックの表彰式のランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手です。昨年のドバイミーティングは未勝利でしたので、不安を払拭する1日2勝となりました。同レースは98年ストアウェイStowaway、03年スラマニSulamaniに続き3度目の勝利となります。

406a.jpg

407a.jpg

マハムード・アル・ザルーニ師

 ドバイシーマクラシックの表彰式のマハムード・アル・ザルーニ調教師です。昨年のドバイワールドカップの3日前に調教師となり、昨年はいきなりゴドルフィンマイルGodolphin Mile (Group 2) をカーミングインフルエンスCalming Influenceで優勝しました。その後、独ダービーDeutsches Derby (Group 1) をバズワードBuzzwordで、伊グランクリテリウムGran Criterium (Group 1) をバイオンデッティBiondettiで優勝しています。

405a.jpg

リワイルディング

 ドバイシーマクラシックを優勝したリワイルディングRewildingです。中団の位置取りから直線で鋭く伸び、後続を引き離す快勝でした。ゴドルフィンGodolphinはゴドルフィンマイル、UAEダービーに続き本日3勝目、ランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手もゴドルフィンマイルに続き2勝目と、かつてのドバイミーティングを彷彿させる流れとなりました。リワイルディングは昨年優勝したダーレミDar Re Miの弟にあたり、休養明けでしたが昨年の3歳時に対戦してきた相手からも納得の勝利といえそうです。

401a.jpg

404a.jpg

402a.jpg

403a.jpg

デンジャラスミッジ

 ドバイシーマクラシックのゴールとレース後のデンジャラスミッジDangerous Midgeです。BCターフBreeders' Cup Turf (Grade 1) 優勝馬で注目を集めましたが、3コーナーで力尽きると大きく離されて最下位の14着に敗退しました。

399a.jpg

400a.jpg

ルーラーシップ

 ドバイシーマクラシックのレース後のルーラーシップRulershipです。2コーナーで折り合いを欠いてスムーズな競馬ができず6着に終わり、悔いの残る結果となりました。

396a.jpg

397a.jpg

ドバイシーマクラシック

 7レースは2410m芝のドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) が行われました。スタートでダッシュ良く外枠のデンジャラスミッジDangerous Midgeが前に出ますが、1コーナーで内枠のラーヘブLaahebがハナへ。2番手にデンジャラスミッジ、3番手の内にディームDeem、外にルーラーシップRulership、その後ろにバーボンベイBourbon Bay、レッドウッドRedwood、リワイルディングRewildingと続きました。2コーナーで折り合いを欠いたルーラーシップがハナに立って後続をやや離して逃げる展開となり、向正面でアルシェマーリAl Shemaliが外を通って好位に押し上げました。3コーナーで早くもデンジャラスミッジが一杯となり後退し、代わって良い手応えで上がってきたのがリワイルディング、4コーナーでラーヘブがルーラーシップに並びかけて直線へ。ルーラーシップはスパートして後続を引き離しますが、残り200mで力尽きると外からレッドウッドとリワイルディングが一気に抜き去り、その2頭に挟まれて内に切り返したカルヴァドスブルースCalvados Bluesが良い伸びを見せながらも更に下がってくるルーラーシップを避ける致命的な不利。優勝は残り100mで抜け出したリワイルディングで鞍上はランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手、勝ちタイムは2:29.01。31/4馬身差の2着にレッドウッド、直線で大きな不利のあったカルヴァドスブルースはゴール前で外に出してまだ伸びましたがクビ差の3着止まり。2番手にいたラーヘブが13/4馬身差の4着に残り、ルーラーシップは6着に敗退しました。

335a.jpg

336a.jpg

337a.jpg

338a.jpg

339a.jpg

340a.jpg

【速報版】7R DUBAI SHEEMA CLASSIC

7R DUBAI SHEEMA CLASSICはREWILDING (GB) が優勝!
騎手はデットーリ。

日本のルーラーシップは果敢に先行するも6着。

IMG_8697.JPG
S_OS3994.JPG
S_OS4045.JPG
S_OS4078.JPG
S_OS4086.JPG
S_OS4140.JPG
S_OS4155.JPG
IMG_8825.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2011 レース概要

バックナンバー

その他のレース