文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2011 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

2011 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

シンシュリン

 UAEダービーの本馬場入場のシンシュリンXin Xu Linです。ブラジル産ワンダートロスWondertross産駒の牡馬でUAEのマハームド・アル・ザルーニMahmood Al Zarooni師が管理しています。通算成績は7戦5勝。前走までブラジルのエスタニスラウ・ペトロチンスキEstanislau Petrochinski師が管理しており、前々走ブラジルのシダーデジャルディンCidade jardim競馬場で行われたダービーパウリスタ大賞Grande Premio Derby Paulista (Group 1) を63/4馬身差を付けて優勝してイピランガ大賞Grande Premio Ipiranga (Group 1) に続く3歳2冠を達成しました。前走は南米最大のレース、アルゼンチンのサンイシドロSan isidro競馬場で行われたカルロスペレグリーニ大賞Gran Premio Carlos Pellgrini (Group 1) で2着に2馬身差を付けて逃げ切り優勝しました。南米G14勝を挙げてゴドルフィンGodolphinにトレードされ、今回が移籍初戦となります。鞍上はランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手です。

509a.jpg

カウラー

 UAEダービーの本馬場入場のカウラーKhawlahです。アイルランド産ケープクロスCape Cross産駒の牝馬で通算成績は4戦2勝。UAEのサイード・ビン・スルールSaeed Bin Suroor師の管理馬です。前々走、英ニューマーケットNewmarket競馬場のオーソーシャープSOh So Sharp Stakes (Group 3) で3着。前走はメイダンのUAEオークスUAE Oaks (Group 3) でマーブーバMahboobaに11/4馬身差で優勝しました。鞍上はミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手が同馬に初騎乗します。

508a.jpg

レーザーバレット

 UAEダービーの本馬場入場のレーザーバレットLaser Bulletです。鞍上は藤田伸二Shinji Fujita騎手です。

504a.jpg

505a.jpg

506a.jpg

507a.jpg

マーブーバ

 UAEダービーの本馬場入場のマーブーバMahboobaです。オーストラリア産ガリレオGalileo産駒牝馬で、南アフリカのマイク・デコックMike de Kock師の管理馬です。通算成績は7戦4勝。昨年7月に南アフリカのクレアウッドパークClairwood Park競馬場で行われた2歳牝馬重賞のゴールデンスリッパーGolden Slipper (Grade 1) を21/4馬身差で優勝しました。その後メイダンで3戦し、前々走のUAE1000ギニーUAE 1000 Guineas (Listed Race ) をリームReemに33/4馬身差を付けて勝利すると、前走のUAEオークスUAE Oaks (Group 3) はカウラーKhawlahから11/4馬身差の2着でした。鞍上はメイダンの3戦で手綱を取っているクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

503a.jpg

スプラッシュポイント

 UAEダービーの本馬場入場のスプラッシュポイントSplash Pointです。アメリカ産ストリートクライStreet Cry産駒の牡馬で、UAEのマハームド・アル・ザルーニMahmood Al Zarooni師が管理しています。通算成績は5戦2勝。前走のUAE2000ギニーUAE 2000 Guineas (Group 3) でザンザマーZanzamarに1馬身差を付けて優勝しました。鞍上はジョン・ムルタJohn Murtagh騎手が同馬に初騎乗します。

500a.jpg

501a.jpg

502a.jpg

リーム

 UAEダービーの本馬場入場のリームReemです。オーストラリア産のガリレオGalileo産駒牝馬で、南アフリカのマイク・デコックMike de Kock師の管理馬です。通算成績は9戦3勝。オーストラリア5戦1勝の戦績でデコック厩舎に移籍すると、その後は今年のメイダンで4戦し2勝。前々走のバランシーンSBalanchine Stakes (Group 2 ) で同厩舎のリバージェテスRiver Jetezから21/2馬身差の2着に入ると、前哨戦となるアルバスタキヤAl Bastakiya (Listed Race) で2着のアーラインAhlaainに51/4馬身差を付ける圧勝でした。鞍上は前々走からのコンビとなるケヴィン・シェアKevin Shea騎手です。

498a.jpg

499a.jpg

ゴドルフィンマイル

 3レースは1600mAWのゴドルフィンマイルGodolphin Mile (Group 2) が行われました。コンバイアンスConveyanceがハナに立ち、好スタートを切ったアイワントリベンジI Want Revengeが2番手、アズデトレボルAs De Trebol、レッドジャスRed Jazz、内にムファーMufarrh、プレミオロコPremio Loco、スカイサーファーズSkysurfers、レドラッカーLe Drakkarという隊列でレースは進みました。直線の残り300mまでコンバイアンスが粘りますが、好位の内にいたムファーが交わして先頭に。一方、外からはスカイサーファーズが伸びを見せて残り200mからはこの2頭の一騎打ちとなり、ゴール前で僅かにスカイサーファーズが競り勝ち優勝しました。鞍上はランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手で、勝ちタイムは1:37.65。1/2馬身差の2着にムファー、好位の外を通ったレッドジャズが31/4馬身差の3着、内からじわじわと伸びたプレミオロコが1/2馬身差の4着、道中後方にいたザフィンスピードZafeen Speedが直線追い込んでハナ差の5着でした。

359a.jpg

360a.jpg

361a.jpg

362a.jpg

363a.jpg

【速報版】3R GODOLPHIN MILE

3R GODOLPHIN MILEはSKYSURFERS (GB) が優勝!
騎手はデットーリ。
ウイナーズサークルではおなじみのデットーリジャンプを華麗に披露した。
S_OS3557.JPG
S_OS3568.JPG
S_OS3582.JPG
IMG_8126.JPG
IMG_8180.JPG

レッドジャズ

 ゴドルフィンマイルの本馬場入場のレッドジャズRed Jazzです。イギリスのバリー・ヒルズBarry Hills師の管理する4歳牡馬で通算成績は13戦4勝。09年にデビュー2連勝で挑んだロイヤルアスコットの2歳重賞、コヴェントリーSCoventry Stakes (Group 2) はキャンフォードクリフスCanford Cliffsの7着に敗退し、6戦目で初G1出走となった英2000ギニー2000 Guineas Stakes (Group 1) はマクフィMakfiの8着に終わりました。その後も善戦は続けますが勝ち切れず、昨年7月のクイーンエリザベスⅡ世SQueen Elizabeth II Stakes (Group 1) はポエッツヴォイスPoet's Voiceからハナ、1/2馬身差の3着でした。ところが、続く前走のチャレンジSChallenge Stakes (Group 2) でキャットジュニアCat Juniorに21/4馬身差を付け重賞初制覇し、今回が初の国外遠征となります。鞍上はマイケル・ヒルズMichael Hills騎手です。

522a.jpg

インボンギ

 ゴドルフィンマイルの本馬場入場のインボンギImbongiです。南アフリカのマイク・デコックMike de Kock師の管理する6歳騸馬で通算成績は27戦7勝。08年3月に南アフリカのターフフォンテインTurffontein競馬場で行われた3歳重賞のハウテンギニーGauteng Guineas (Grade 2) で1/2馬身差で重賞初勝利すると、続く南アフリカクラシックS A Classic (Grade 1) はキングスギャンビットKings Gambitの5着でした。その後グレイヴィルGreyville競馬場のクワーズルナタールギニーKZN Guineas (Grade 2) 、ドリルホールSDrill Hall Stakes (Grade 2) と重賞を連勝。7月にはクレアウッドパークClairwood Park競馬場のG1に出走しますが、ゴールドチャレンジGold Challenge (Grade 1) は3/4馬身差の2着、チャンピオンズカップChampions Cup (Grade 1) は5着と手が届きませんでした。翌09年からドバイに参戦し、ハンデ戦2着の後アルファヒディフォートAl Fahidi Fort (Group 2) はグラディアトーラスGladiatorusの4着、ジェベルハッタJebel Hatta (Group 2) もバリオスBaliusの4着に終わりました。目標を世界のマイル戦に向けると、香港のチャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) はサイトウィナーSight Winnerの6着、英ニューマーケットNewmarket競馬場のクリテリオンSCriterion Stakes (Group 3) を11/4馬身差で勝利し、アスコットAscot競馬場のサマーマイルSSummer Mile Stakes (Group 2) は3着でした。昨年のドバイはハンデ戦2着の後、アルファヒディフォートでバンカブルBankableから短頭差の2着、ザビールマイルZabeel Mile (Group 2) を1/4馬身差で勝利し、ドバイデューティーフリーDubai Duty Free (Group 1) はアルシェマーリAl Shemaliから11/2、31/4馬身差の3着でした。2年連続の参戦となった香港のチャンピオンズマイルはエイブルワンAble Oneの7着止まりで、その後は休養しています。3年目となる今季のドバイは、ジェベルアリJebel ali競馬場のダート戦10着の後、アルマクトゥームチャレンジ ラウンド1Al Maktoum Challenge R1 (Group 3) はメンディップMendipから21/4馬身差の2着、前走のファイアーブレイクSFirebreak Stakes (Listed Race) はスカイサーファーズSkysurfersから11/2、51/4馬身差の3着でした。鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

521a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2011 レース概要

バックナンバー

その他のレース