文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2011 フランス 凱旋門賞現地取材レポート

2011 フランス 凱旋門賞現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

デインドリーム

 レース後のデインドリームDanedreamです。

422a.jpg

423a.jpg

デインドリーム

 凱旋門賞を優勝したデインドリームDanedreamです。中団馬群の中でレースを進め、残り400mからスパートすると残り250mで先頭に立ち、一気に後続との差を広げて5馬身差を付けて優勝しました。他の有力馬が軒並み持ち味を発揮できず終わったのとは対照的に、デインドリームの強さだけが際立つ内容でした。勝ちタイムの2:24.49はレースレコードで、デインドリームの桁違いの瞬発力を如実に示しています。ドイツ調教馬ということで人気の盲点になっていましたが、ドイツの大レースで古馬に圧勝している実績と3歳牝馬の斤量から、凱旋門賞という大舞台でのこのパフォーマンスに繋がりました。今後の競走生活はもちろん、繁殖馬としても期待が膨らむ勝利となりました。鞍上はアンドレアシュ・シュタルケAndrasch Starke騎手です。

415a.jpg

416a.jpg

417a.jpg

418a.jpg

419a.jpg

ナカヤマフェスタ

 凱旋門賞のレース後のナカヤマフェスタNakayama Festaです。後方2番手からのレースとなり、直線で外に持ち出しましたが伸び脚は無く11着に終わりました。

413a.jpg

414a.jpg

シャレータ

 凱旋門賞のレース後のシャレータSharetaです。道中は前から離れた2番手でレースを進め、やや外目を周って直線を向くと一旦は先頭に立ちますが、残り250mでデインドリームDanedreamに抜き去られ、それでも粘りを見せると後続は振り切って2着でゴールしました。

412a.jpg

ガリコヴァ

 凱旋門賞のレース後のガリコヴァGalikovaです。スタートから内ラチ沿いでのレースとなり、直線を向いても最内の狭いところを進んで残り200mで一杯となり9着に敗退しました。前走で負かしたシャレータSharetaが2着に入っていることからも、この馬には展開が向かなかったように思われます。

411a.jpg

スノーフェアリー

 凱旋門賞のレース後のスノーフェアリーSnow Fairyです。中団よりやや後ろの位置取りでレースを進め、フォルスストレートでデインドリームDanedreamの直後に付けると直線で同じところを通って伸びましたが、残り300mからデインドリームに一気に突き放されると鋭い脚はなく、前のシャレータSharetaもクビ差交わせず3着に終わりました。

410a.jpg

ソーユーシンク

 凱旋門賞のレース後のソーユーシンクSo You Thinkです。後方の内の位置取りから直線で馬群の中を伸びますが、残り150mで脚色が鈍り、後続の追撃を封じるのが精一杯の4着でゴールしました。

409a.jpg

ヒルノダムール

 凱旋門賞のレース後のヒルノダムールHiruno d'Amourです。好位でレースを進め直線を向きましたが伸びを欠いて10着に終わりました。

406a.jpg

407a.jpg

408a.jpg

凱旋門賞

 6レースに凱旋門賞Prix de l'Arc de Triomphe (Group 1) が行われました。スタート後にトレジャービーチTreasure Beachがハナに立つとすぐに5馬身ほどリードをとり、2番手にシャレータShareta、テストステロンTestosterone、外のセントニコラスアビーSt Nicholas Abbeyがしばらくして単独の3番手に上がり、内にヒルノダムールHiruno d'Amour、マスクドマーヴェルMasked Marvel、中団の内にガリコヴァGalikova 、デインドリームDanedream、ミアンドルMeandreと狭い所を通り、その後ろの内を通ってワークフォースWorkforce、中にスノーフェアリーSnow Fairy、外にリライアブルマンReliable Manと並び、サラフィナSarafinaはリライアブルマンの後ろ、ソーユーシンクSo You ThinkとナカヤマフェスタNakayama Festaが並んで後方2番手、シルヴァーポンドSilver Pondが最後方という隊列になりました。フォルスストレートの手前でトレジャービーチのリードが無くなると、外からセントニコラスアビーが並びかけ、その外にシャレータ、ヒルノダムールも内を通って位置取りを上げ、ナカヤマフェスタは後方2番手の外を通って直線を向きました。直線入り口でセントニコラスアビーが先頭に立ち、シャレータもその外から伸びを見せ、ヒルノダムールの後ろにいたデインドリームとスノーフェアリーがヒルノダムールの内に入って押し上げると、デインドリームが残り200mで先頭に立ち一気に突き放して優勝しました。勝ちタイムは2:24.49で鞍上はアンドレアシュ・シュタルケAndrasch Starke騎手。2番手を進んだシャレータが5馬身差の2着に残り、スノーフェアリーはデインドリームに一気に突き放されてクビ差の3着。馬群の中を通ったソーユーシンクが最後までじわじわと差を詰めて1/2馬身差の4着、早めに先頭に立ったセントニコラスアビーが短首差の5着に粘り、後方から外を通って並んで差してきたミアンドルとサラフィナがそれぞれ短首差の6、7着に入りました。ヒルノダムールは残り300mで下がりはじめて10着、ナカヤマフェスタは後方から差を詰めて11着に終わりました。

356a.jpg

357a.jpg

358a.jpg

359a.jpg

360a.jpg

361a.jpg

362a.jpg

363a.jpg

364a.jpg

【速報版】6R PRIX DE L'ARC DE TRIOMPHE

6R PRIX DE L'ARC DE TRIOMPHE
6Rはメインレース凱旋門賞
日本馬の2頭、最内枠のヒルノダムール(藤田騎手)は道中5番手、大外枠のナカヤマフェスタ(蛯名騎手)
は後方を追走。
勝負所で突き放されて・・・
ヒルノダムール10着、ナカヤマフェスタは11着。
勝ったのはDaneDream 騎手はANDRASCH STARKE
S_OS3531.JPG
S_OS3544.JPG
S_OS3702.JPG
S_OS3717.JPG
S_OS3740.JPG
IMG_3448.JPG
S_OS3779.JPG
IMG_3518.JPG
S_OS3925.JPG
S_OS3971.JPG
IMG_3624.JPG
IMG_3636.JPG
S_OS4144.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2011 レース概要

バックナンバー

その他のレース