文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2011 フランス 凱旋門賞現地取材レポート

2011 フランス 凱旋門賞現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ソーユーシンク

 凱旋門賞の本馬場入場のソーユーシンクSo You Thinkです。ニュージーランド産の5歳牡馬で、オーストラリアのバート・カミングスBart Cummings調教師の管理馬としてデビューし、3歳時にコックスプレートCox Plate (Group 1) を21/2馬身差で優勝。昨年はメムジーSMemsie Stakes (Group 2) 、アンダーウッドSUnderwood Stakes (Group 1) 、ヤルンバSYalumba Stakes (Group 1) 、コックスプレートCox Plate (Group 1) 、マッキノンSMackinnon Stakes (Group 1) と5連勝し、中2日で挑んだ大一番のメルボルンカップMelbourne Cup (Group 1) でアメリケインAmericainから23/4、1/2馬身差の3着に敗退しました。その後トレードされるとアイルランドのエイダン・オブライエンAidan O'Brien師の管理馬となり、タターソールズゴールドカップTattersalls Gold Cup (Group 1) を優勝して挑んだロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズSPrince of Wales's Stakes (Group 1) はリワイルディングRewildingのクビ差2着、続くエクリプスSEclipse Stakes (Group 1) でワークフォースWorkforceに1/2馬身差を付けて優勝し、前走の愛チャンピオンSIrish Champion Stakes (Group 1) でもスノーフェアリーSnow Fairyを1/2馬身封じて優勝しました。鞍上は前々走、前走と同じくシェイミー・ヘファナンSeamie Heffernan 騎手です。

396a.jpg

トレジャービーチ

 凱旋門賞の本馬場入場のトレジャービーチTreasure Beachです。3歳牡馬で通算成績は10戦5勝。5月に英チェスターChester競馬場で行われたチェスターヴァーズChester Vase (Group 3) でナサニエルNathanielにアタマ差で勝利すると、続く英ダービーDerby (Group 1) はプールモアPour Moiにアタマ差敗れて2着。愛ダービーIrish Derby (Group 1) はセヴィルSevilleを3/4馬身退けて優勝しました。前々走のパリ大賞Grand Prix de Paris (Group 1) はミアンドルMeandreの4着に終わりましたが、前走は米アーリントンパークArlington park競馬場のセクレタリアトSSecretariat Stakes (Grade 1) は2番手からゴール前でジヤリドZiyaridをクビ差交わして優勝しました。鞍上は英ダービーからのコンビとなるコルム・オドノヒューColm O'Donoghue騎手です。

395a.jpg

ナカヤマフェスタ

 凱旋門賞の本馬場入場のナカヤマフェスタNakayama Festaです。かなりテンションが上がっている様子でした。鞍上は蛯名正義Masayoshi Ebina騎手です。

393a.jpg

394a.jpg

ヒルノダムール

 凱旋門賞の本馬場入場のヒルノダムールHiruno d'Amourです。やや入れ込んでいる様子でした。鞍上は藤田伸二Shinji Fujita騎手です。

391a.jpg

392a.jpg

シルヴァーポンド

 凱旋門賞の本馬場入場のシルヴァーポンドです。4歳牡馬で通算成績は9戦4勝。昨年の5月に3連勝でオカール賞Prix Hocquart (Group 2) を優勝しましたがその後休養に入りました。今年4月のガネー賞Prix Ganay (Group 1) はプラントゥールPlanteurの6着、続くシャンティイ大賞Grand Prix de Chantilly (Group 2) では2番手から抜け出して内から伸びるベカバッドBehkabadをアタマ差抑えて勝利しました。前々走のサンクルー大賞Grand Prix de Saint-Cloud (Group 1) はサラフィナSarafina、シリュスデゼーグルCirrus Des Aigles からクビ、11/2馬身差の3着、前走のドーヴィル大賞Grand Prix de Deauville (Group 2) ではシリュスデゼーグルに10馬身離された2着でした。鞍上はティエリ・テュリエThierry Thulliez騎手が同馬に初騎乗します。なお、前走までやプログラムとは異なり、アル・ロマイシ氏Saeed Nasser Al Romaithiの勝負服での出走です。

390a.jpg

ワークフォース

 凱旋門賞の本馬場入場のワークフォースWorkforceです。4歳牡馬で通算成績は8戦4勝。昨年は英ダービーDerby (Group 1) と凱旋門賞Prix de l'Arc de Triomphe (Group 1) を優勝しました。今年はこれまで3戦1勝。5月のブリガディアジェラードSBrigadier Gerard Stakes (Group 3) は勝利したものの、エクリプスSEclipse Stakes (Group 1) はソーユーシンクSo You Thinkに1/2馬身及ばず2着。前走のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSKing George VI and Queen Elizabeth Stakes (Group 1) はナサニエルNathanielに23/4馬身離された2着でした。鞍上は7月末の落馬事故から2日前に復帰したばかりのライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

389a.jpg

ウィリアム・ビュイック騎手

 フォレ賞の表彰式のウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手です。

465a.jpg

466a.jpg

ドリームアヘッド

 フォレ賞を優勝したドリームアヘッドDream Aheadです。英デヴィッド・シムコックDavid Simcock師の管理する3歳牡馬で、これまでの通算成績は8戦5勝です。昨年8月のモルニ賞Prix Morny (Group 1) でティンホースTin Horseに11/2馬身差を付けて勝利し、続くミドルパークSMiddle Park Stakes (Group 1) では2着に9馬身差を付ける圧勝でした。3戦全勝として2週後のデューハーストSDewhurst Stakes (Group 1) に出走しますが、最後方から伸びを欠きフランケルFrankelに突き放されて5着でした。今年初戦となったロイヤルアスコットのセントジェームスパレスSSt James's Palace Stakes (Group 1) はフランケルの5着、続くジュライカップJuly Cup (Group 1) をベイティドブレスBated Breathに1/2馬身差で優勝し、モーリスドゲスト賞Prix Maurice de Gheest (Group 1) はムーンライトクラウドMoonlight Cloudの7着に敗退し、前走のスプリントカップSprint Cup (Group 1) はベイティドブレスにハナ差で優勝していました。フォレ賞は4番手の外の位置取りから残り400mで仕掛けると内から抜け出したゴルディコヴァGoldikovaとの競り合いに持ち込み、ゴール前でアタマ差交わしました。鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手です。

462a.jpg

463a.jpg

464a.jpg

ゴルディコヴァ

 フォレ賞のレース後のゴルディコヴァGoldikovaです。これまでの通算成績は25戦17勝。内G1を14勝しています。昨年のブリーダーズカップマイルBreeders' Cup Mile (Grade 1) でジオポンティに13/4馬身差を付けて勝利し、ブリーダーズカップマイル3連覇を達成しました。今年に入って4戦しており、5月のイスパーン賞Prix d'Ispahan (Group 1) をシリュスデゼーグルにクビ差で勝利するとロイヤルアスコットのクインアンSQueen Anne Stakes (Group 1) でキャンフォードクリフスCanford Cliffsから1馬身差の2着。その後ロートシルト賞Prix Rothschild (Group 1) はサプレサSahpresaに短首差で勝利しますが、前走のジャックルマロワ賞Prix Jacques le Marois (Group 1) はインモータルヴァーズImmortal Verseから1馬身差の2着に敗退しました。フォレ賞では3番手の内でレースを進め、残り300mで先頭に立ちますが、外からドリームアヘッドDream Aheadに並ばれるとゴールまで叩きあいが続き、アタマ差の2着に敗退しました。鞍上はオリビエ・ペリエOlivier Peslier騎手です。

461a.jpg

ビーウィッチド

 フォレ賞のレース後のビーウィッチドBewitchedです。アイルランドのチャールズ・オブライエンCharles O'Brien師の管理する4歳牝馬で、通算成績は18戦8勝。昨年9月にカラCurragh競馬場で行われたルネサンスSRenaissance Stakes (Group 3) で重賞初勝利すると、英アスコットAscot競馬場のベングーSBengough Stakes (Group 3) と重賞連勝で昨シーズンを締めくくり、今年5月にレパーズタウンLeopardstown競馬場で行われたバリーコラスSBallycorus Stakes (Group 3) もゾファニーZoffanyに11/4馬身差で勝利し重賞3連勝としました。G1初出走となったロイヤルアスコットのゴールデンジュビリーSGolden Jubilee Stakes (Group 1) はソサイエティロックSociety Rockの14着、続く英ヘイドックパークHaydock Park競馬場のスプリントカップSprint Cup (Group 1) はドリームアヘッドDream Aheadの8着、前走はルネサンスSRenaissance Stakes (Group 3) を3/4馬身差で勝利し連覇を達成しました。フォレ賞は後方2番手の内を進み、直線を向いて内ラチ沿いから位置取りを上げましたが、残り200mで脚色が鈍り4着でゴールしました。鞍上はジョン・ムルタJohn Murtagh騎手です。

460a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2011 レース概要

バックナンバー

その他のレース