文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2011 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

2011 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

シルヴァーポンド

 8日朝の調教中のシルヴァーポンドSilver Pondです。

246a.jpg

ソサイエティーロック

 8日朝の調教中のソサイエティーロックSociety Rockです。イギリス調教の4歳牡馬で通算成績は14戦4勝、香港スプリントに出走します。昨年、ロイヤルアスコットのゴールデンジュビリーSGolden Jubilee Stakes (Group 1) で初重賞出走ながらスタースパングルドバナーStarspangledbannerから13/4馬身差の2着に入り、続くジュライカップ July Cup (Group 1) はスタースパングルドバナーの7着でした。その後、年内は休養となり、今年2戦して挑んだゴールデンジュビリーSでは、内ラチ集団からゴール前で抜け出してモンシアシェヴァリエMonsieur Chevalierに1/2馬身差で優勝しました。その後、フランスのモーリスドゲスト賞Prix Maurice de Gheest (Group 1) に参戦しムーンライトクラウドMoonlight Cloudから4馬身差の2着。前々走のスプリントカップSprint Cup (Group 1) はドリームアヘッドDream Aheadの6着、前走のブリティッシュチャンピオンズスプリントSBritish Champions Sprint Stakes (Group 2) は12着に敗退しています。

243a.jpg

244a.jpg

245a.jpg

レッドウッド

 8日朝の調教中のレッドウッドRedwoodです。イギリス調教の5歳牡馬で通算成績は16戦4勝、香港ヴァーズに出走します。昨年はカナダに参戦してウッドバインWoodbine競馬場のノーザンダンサーターフSNorthern Dancer Turf Stakes (Grade 1) を優勝し、続くカナディアンインターナショナルSCanadian International Stakes (Grade 1) はジョシュアツリーJoshua Treeからアタマ、ハナ差の3着でした。昨年も香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) に出走しており、マスタリーMasteryから21/2馬身差の2着に入っています。今年3月にはドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) に出走し、リワイルディングRewildingから31/4馬身差の2着。その後、英G2で2着、G3で7着の後、今年もカナディアンインターナショナルSに出走しましたが、サラリンクスSarah Lynxの7着に終わりました。

240a.jpg

241a.jpg

242a.jpg

ソールパワー

 8日朝の調教中のソールパワーSole Powerです。

236a.jpg

237a.jpg

238a.jpg

ジミーチュー

 8日朝の調教中のジミーチューJimmy Chouxです。ニュージーランド調教の4歳牡馬で通算成績は23戦12勝、香港マイルに出走します。昨年10月にニュージーランドのヘースティングHastings競馬場で行われたホークスベイギニーHawke's Bay Guineas (Group 2) を1/2馬身差で優勝すると、11月にリカルトンパークRiccarton park競馬場で行われたニュージーランド2000ギニーNew Zealand 2000 Guineas (Group 1) では、先行グループから4コーナーで先頭に立ってヒーズリマーカブルHe's Remarkableの末脚を1/2馬身差振り切って優勝しました。3歳2冠目となるレヴィンクラシックLevin Classic (Group 1) は4コーナーで不利があって直線は流して最下位の15着でしたが、その後3歳重賞を3勝し、今年の3月に挑んだ3冠目のニュージーランドダービーNew Zealand Derby (Group 1) は中団から直線半ばで抜け出してヒストリアンHistorianに2馬身差を付けて優勝し、ニュージーランドの2冠馬となりました。その後、オーストラリアに遠征するとローズヒルRosehill競馬場で行われたローズヒルギニーRosehill Guineas (Group 1) も1/2馬身差で優勝しますが、4月に行われたオーストラリアンダービーAJC Australian Derby (Group 1) は直線で一杯となりシャムロッカーShamrockerの6着でした。ニュージーランドに戻ると、マクフィチャレンジSMakfi Challenge Stakes (Group 1) 2着、ウィンザーパークプレートWindsor Park Plate (Group 1) 1着、スプリングクラシックSpring Classic (Group 1) 1着として再びオーストラリアに渡ります。10月のコックスプレートCox Plate (Group 1) は4番手から4コーナーで先頭に立ちますがゴール前でピンカーピンカーPinker Pinkerに交わされて11/4馬身差の2着、前走はフレミントンFlemington競馬場のハンデ重賞エミレーツSEmirates Stakes (Group 1) に出走し4着でした。レースでは主戦のジョナサン・リデルJonathan Riddell騎手が騎乗します。

234a.jpg

235a.jpg

サイード・ビン・スルール調教師

 8日朝の調教でのサイード・ビン・スルールSaeed bin Suroor調教師です。UAE調教馬として香港ヴァーズにカンパノロジストCampanologistを出走させます。

233a.jpg

シティスケープ

 8日朝の調教中のシティスケープCityscapeです。

228a.jpg

229a.jpg

ベイティッドブレス

 8日朝の調教中のベイティッドブレスBated Breathです。イギリス調教の4歳牡馬で通算成績は13戦5勝。香港スプリントに出走します。重賞初出走となった今年6月のゴールデンジュビリーSGolden Jubilee Stakes (Group 1) でソサイエティロックSociety Rockの5着に入ると、続くジュライカップJuly Cup (Group 1) では直線半ばで先頭に立ったもののゴール前でドリームアヘッドDream Aheadに1/2馬身交わされて2着でした。ナンソープSNunthorpe Stakes (Group 1) ではマーゴットディドMargot Didの9着に敗退しますが、ヘイドックパークHaydock Park競馬場のスプリントカップSprint Cup (Group 1) ではドリームアヘッドにハナ差の2着でした。前走はカナダウッドバインWoodbine競馬場のニアークティックSNearctic Stakes (Grade 1) に参戦し、先行グループの外から直線で差を詰めたもののリーガリーレディRegally Readyにクビ差届かず2着でした。レースではスティーヴ・ドロウンSteve Drowne騎手が騎乗します。

225a.jpg

226a.jpg

227a.jpg

232a.jpg

サラリンクス

 8日朝の調教中のサラリンクスSarah Lynxです。フランス調教の4歳牝馬で、通算成績は12戦3勝。香港ヴァーズに出走します。8月のポモーヌ賞Prix de Pomone (Group 2) でミスクリッシーMiss Crissyに11/2馬身差で勝利し、ヴェルメイユ賞Prix Vermeille (Group 1) はガリコヴァGalikovaの4着。その後、カナダのウッドバインWoodbine競馬場で行われたカナディアンインターナショナルCanadian International (Grade 1) に参戦してジョシュアツリーJoshua Treeに4馬身差を付けて優勝しました。前走はジャパンカップJapan Cup (Grade 1) に出走しましたが、ブエナビスタBuena Vistaの12着に敗退しています。レースではジャパンカップと同じくクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手が騎乗します。

222a.jpg

223a.jpg

224a.jpg

ラジサマン

 8日朝の調教中のラジサマンRajsamanです。フランス調教の4歳牡馬で通算成績は18戦6勝。香港マイルに出走します。昨年も香港マイルHong Kong Mile (Group 1) に出走し、ビューティーフラッシュBeauty Flashの4着(エーシンフォワードA Shin Forwardと同着)でした。その後ドバイに転戦し、アルマクトゥームチャレンジ ラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 2) はトゥワイスオーヴァーTwice Overの6着、ドバイデューティーフリーDubai Duty Free (Group 1) はプレスヴィスの10着に終わりました。フランスに戻ると5月のミュゲ賞Prix du Muguet (Group 2) でバイワードBywordに1馬身差で勝利し、続くイスパーン賞Prix d'Ispahan (Group 1) はゴルディコヴァGoldikovaからクビ、3/4馬身差の3着、サセックスSSussex Stakes (Group 1) はフランケルFrankelに大きく離されて最下位の4着でした。ムーランドロンシャン賞Prix du Moulin de Longchamp (Group 1) はエクセレブレーションExcelebrationから11/2、1/2馬身差の3着に善戦すると、前走のダニエルウィルデンシュタイン賞Prix Daniel Wildenstein (Group 2) でリオデラプラタRio de la Plataを短首差退けて優勝しました。レースではミュゲ賞からコンビを組んでいるティエリ・ジャルネThierry Jarnet騎手が騎乗します。

221a.jpg

230a.jpg

231a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2011 レース概要

バックナンバー

その他のレース