文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2012 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2012 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

【速報版】 3R Dubai Gold Cup(再)

3R Dubai Gold Cup

競走中止した馬が馬場から動けなくなり中断されたドバイゴールドカップが最終レースに行われ、マカニビスティーの逃げも最後はスタミナ切れで最下位入線。
10番OPINION POLLが優勝
騎手 Lanfranco Dettori
S_OS8381.JPG
S_OS8428.JPG
S_OS8437.JPG
IMG_2046.JPG

ミカエル・バルザローナ騎手

 ドバイワールドカップの表彰式のミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手です。昨年はUAEダービーを優勝し、20歳となった今年はドバイワールドカップ優勝の偉業を成し遂げました。昨年の英ダービーDerby (Group 1) でもプールモワPour Moiを勝利に導いており、大レースでの活躍は今後も続くことでしょう。

196a.jpg

197a.jpg

198a.jpg

マームード・アル・ザルーニ師

 ドバイワールドカップの表彰式のマームード・アル・ザルーニMahmood Al Zarooni調教師です。3年目にしてドバイワールドカップをワンツーで制覇しました。

200a.jpg

シェイク・モハメド殿下

 ドバイワールドカップの表彰式のシェイク・モハメドMohammed bin Rashid Al Maktoum殿下です。ゴドルフィンGodolphinの優勝は06年のエレクトロキューショニストElectrocutionist以来となります。

199a.jpg

シェイク・モハメド殿下

 ドバイワールドカップのレース後にインタビューを受けるシェイク・モハメドMohammed bin Rashid Al Maktoum殿下です。

195a.jpg

モンテロッソ

 ドバイワールドカップを優勝したモンテロッソMonterossoです。スタート後ゆっくりと好位に付けると向正面でカッポーニCapponiの後ろとなり、澱みないペースで直線を向いたカッポーニを残り300mで交わし去ると一気に突き放す完勝でした。勝ちタイムの2:02.67はタペタのコースになった一昨年より1秒以上、昨年のヴィクトワールピサVictoire Pisaより3秒以上早く、3年目にしてゴドルフィンGodolphinが馬場適性に合った馬と戦術を駆使してきた印象を受けました。鞍上のミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手の好騎乗も光りました。

181a.jpg

182a.jpg

183a.jpg

184a.jpg

185a.jpg

186a.jpg

187a.jpg

188a.jpg

189a.jpg

190a.jpg

191a.jpg

192a.jpg

193a.jpg

194a.jpg

ゲームオンデュード

 ドバイワールドカップのゴール、レース後のゲームオンデュードGame on Dudeです。スタートでダッシュが付かず後方からのレースとなり、向正面で外を通って先行グループの外に付けましたが、4コーナーで手応えが無くなり12着でゴールしました。鞍上はシャンタル・サザーランドChantal Sutherland騎手です。

179a.jpg

180a.jpg

トランセンド

 ドバイワールドカップのレース後のトランセンドTranscendです。昨年はすんなりハナに立って緩いペースでレースを引っ張りましたが、今年はハナに立つまでに行き脚を付けており、道中も両側から圧力をかけられる厳しい展開となり、3コーナーで一気に下がると13着でゴールしました。

177a.jpg

178a.jpg

スマートファルコン

 ドバイワールドカップのレース後のスマートファルコンSmart Falconです。先行争いに加われず、この馬の持ち味を発揮することなく10着でゴールしました。

176a.jpg

エイシンフラッシュ

 ドバイワールドカップのレース後のエイシンフラッシュEishin Flashです。中団の内でレースを進め、向正面では後方に下がり、直線を向いて内を突いて伸びますが、直線半ばで脚色が同じになり6着でゴールしました。

174a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2012 レース概要

バックナンバー

その他のレース