文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2012 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2012 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ザズー

 ドバイワールドカップのレース後のザスーZazouです。レース数日前にチェチェン共和国大統領のラムザン・カディロフRamzan Kadyrov氏にトレードされ、氏の勝負服での出走となりました。レースはスタート後の先行争いからやや下げ、3コーナーでは中団となりましたが直線で外に持ち出すとじわじわと伸びて5着でゴールしました。鞍上はオリビエ・ペリエOlivier Peslier騎手です。

172a.jpg

175a.jpg

カッポーニ

 ドバイワールドカップのレース後のカッポーニCapponiです。2コーナー過ぎで逃げるトランセンドTranscendに並びかけていくと3コーナーで先頭に立ち、直線残り300mでモンテロッソMonterossoに交わされましたが、粘って2着でゴールしました。鞍上はアーメド・アジュテビAhmed Ajtebi騎手です。

173a.jpg

ドバイワールドカップ

 9レースに2000mAWのドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) がシルヴァーポンドSilver Pond出走取り消しの13頭立てで行われました。スマートファルコンSmart Falconはスタート後のハナ争いで躓き体勢を崩すとソーユーシンクSo You ThinkとロイヤルデルタRoyal Deltaに進路を奪われて後方2番手に下がりました。好スタートを切った最内のマスターオブハウンズMaster of Houndsを交わしてソーユーシンクが前に行き、その外から押してトランセンドTranscendがハナを奪いました。トランセンドが後続を引きつけて逃げ、2番手の内にソーユーシンク、外にカッポーニCapponi、その後にロイヤルデルタ、内にマスターオブハウンズ、外にモンテロッソMonterosso、ザズーZazouと一団で続き、エイシンフラッシュEishin Flashは中団の内、ゲームオンデュードGame on DudeとプリンスビショップPrince Bishopがその外に並び、プラントゥールPlanteur、スマートファルコン、メンディップMendipが最後方を進みました。2コーナーで外からカッポーニがトランセンドに並んで行き、向正面では内からソーユーシンクが先頭に並びかけトランセンドには厳しい展開、外を通ってゲームオンデュードが好位に押し上げて、スマートファルコンは最後方に下がりました。3コーナー手前でカッポーニがハナを奪い、ソーユーシンクが内から2番手、トランセンドの手応えが怪しくなり外からゲームオンデュードも並びかけましたがこちらも余力がありませんでした。3コーナー過ぎでトランセンドは一気に失速し、ソーユーシンクが2番手の内、先行グループの中にいたモンテロッソが3番手に上がるとこの3頭がやや後続を離し、直線残り300mで粘るカッポーニの外からモンテロッソが並びかけると一気に突き放して優勝しました。勝ちタイムは2:02.67で、鞍上のミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手は残り40mから大きく立ちあがって喜びを表しました。3馬身差の2着にカッポーニが粘って、ゴドルフィンGodolphin、UAEのマームード・アル・ザルーニMahmood Al Zarooni師のワンツー。後方から向正面で中団の内に上がっていたプラントゥールが4コーナーから伸びを見せますがゴール前では脚色が鈍って1/2馬身差の3着、ソーユーシンクが内で粘って1/2馬身差の4着、直線でやや伸びたザズーが21/4馬身差の5着に入り、エイシンフラッシュは最内を通って伸びず6着、スマートファルコンは10着、トランセンドは最下位の13着でした。

089a.jpg

090a.jpg

091a.jpg

092a.jpg

093a.jpg

094a.jpg

095a.jpg

096a.jpg

【速報版】 9R Dubai World Cup

メインレースのドバイワールドカップ
日本馬3頭が参戦して日本馬の連覇を目指すもエイシンフラッシュの6着が最高位!
スマートファルコンは出遅れて持ち味の競馬が出来ず馬群に沈み、昨年2着のトランセンドは最下位に敗れた。
9R Dubai World Cup
8番MONTEROSSOが優勝
騎手 Mickael Barzalona

パドックに向かうデットーリ、藤田、武騎手
S_OS8053.JPG
エイシンフラッシュ
S_OS8075.JPG
スマートファルコン
S_OS8099.JPG
トランセンド
S_OS8114.JPG
S_OS8219.JPG
S_OS8233.JPG
S_OS8297.JPG
S_OS8329.JPG
SO_S3354.JPG

なお競走中断のゴールドカップは最終レースに組み込まれました!

ゲームオンデュード

 ドバイワールドカップの本馬場入場のゲームオンデュードGame on Dudeです。鞍上はシャンタル・サザーランドChantal Sutherland騎手です。

158a.jpg

159a.jpg

169a.jpg

170a.jpg

171a.jpg

プリンスビショップ

 ドバイワールドカップの本馬場入場のプリンスビショップPrince Bishopです。UAEのサイード・ビン・スルールSaeed bin Suroor師の管理する5歳騸馬で、通算成績は15戦6勝です。一昨年に仏3歳重賞のプリンスドランジェ賞Prix Du Prince D'Orange (Group 3) で初重賞勝ちすると、続くコンセイユドパリ賞Prix Du Conseil De Paris (Group 2) もシルシュデゼーグルCirrus des Aigles に短首差で勝利しました。その後UAEに移籍し、昨年のアルマクトゥームチャレンジ ラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 2) はトゥワイスオーヴァーTwice Overの5着、ドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) はヴィクトワールピサVictoire Pisaの10着でした。昨年はその後3戦1勝に終わっています。今年はメイダンで3戦しており、一般戦は勝利したものの、アルマクトゥームチャレンジ ラウンド2Al Maktoum Challenge R2 (Group 2) はメンディップMendipの5着、前走のアルマクトゥームチャレンジ ラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 1) はカッポーニCapponiから4、1/2馬身差の3着に終わっています。鞍上はランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手です。

167a.jpg

メンディップ

 ドバイワールドカップのパドック、本馬場入場のメンディップMendipです。UAEのサイード・ビン・スルールSaeed bin Suroor師の管理する5歳牡馬で通算成績は10戦6勝です。09年9月に英ケンプトンKempton競馬場でデビューし、2戦目からは全てメイダンでの出走となります。3連勝で挑んだ一昨年のUAEダービーUAE Derby (Group 2) はムシールMusirから13/4、11/4馬身差の3着でした。昨年はアルマクトゥームチャレンジ ラウンド1Al Maktoum Challenge R1 (Group 3) 、バージナハールBurj Nahaar (Group 3) を勝利して挑んだドバイデューティーフリーDubai Duty Free (Group 1) はプレスヴィスPresvisの6着に終わっています。今年はこれまで2戦し、アルマクトゥームチャレンジ ラウンド2Al Maktoum Challenge R2 (Group 2) では後方2番手から抜け出してハーセックHaatheqに11/4馬身差を付けて勝利しますが、前走のアルマクトゥームチャレンジ ラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 1) では後方から追い上げたものの直線半ばで一杯となり大きく離されてカッポーニCapponiの11着に終わっています。鞍上は同馬に初騎乗となるシルヴェスター・ デソウサSilvestre de Sousa騎手です。

161a.jpg

168a.jpg

カッポーニ

 ドバイワールドカップのパドック、本馬場入場のカッポーニCapponiです。UAEのマームード・アル・ザルーニMahmood Al Zarooni師の管理する5歳牡馬で通算成績は13戦6勝です。10年3月に英リングフィールドLingfield競馬場でデビューし、重賞に出走することなく8戦4勝の戦績でUAEに転厩しました。メイダンでは昨年3月に一般戦を1戦して7着となった後に休養し、今年の1月からメイダンで4戦していますが、初の重賞出走となった前走のアルマクトゥームチャレンジ ラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 1) では2番手から早めに先頭に立つとシルヴァーポンドSilver Pondに4馬身差を付けて優勝しました。なお、デビュー時から前走までハムダン殿下Sheikh Hamdan bin Mohammed Al Maktoumの所有馬でしたが、今回はゴドルフィンGodolphinの勝負服での出走となります。鞍上は前走で勝利に導いたアーメド・アジュテビAhmed Ajtebi騎手です。

160a.jpg

166a.jpg

トランセンド

 ドバイワールドカップのパドック、本馬場入場のトランセンドTranscendです。

154a.jpg

157a.jpg

165a.jpg

モンテロッソ

 ドバイワールドカップのパドックでのモンテロッソMonterossoです。UAEのマームード・アル・ザルーニ Mahmood Al Zarooni師の管理する5歳牡馬で、通算成績は14戦6勝です。09年11月に英ウォルヴァーハンプトンWolverhampton競馬場でデビューすると、重賞初出走となった一昨年のロイヤルアスコットのキングエドワード7世SKing Edward VII Stakes (Group 2) でアーティックコスモスArctic Cosmosに21/4馬身差で優勝しました。続く愛ダービーIrish Derby (Group 1) はケープブランコCape Blancoの4着、独ダービーDeutsches Derby (Group 1) はバズワードBuzzwordの7着でした。昨年は芝のドバイシティオブゴールドDubai City of Gold (Group 2) を勝利して挑んだドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) はヴィクトワールピサVictoire Pisaから1/2、1/4馬身差の3着でした。その後は休養しており、前走はアルマクトゥームチャレンジ ラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 1) で先行グループから内を突きますが直線で伸びを欠いてカッポーニCapponiの4着でした。UAEに転厩後の昨年からコンビを組むミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手が騎乗します。

163a.jpg

164a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2012 レース概要

バックナンバー

その他のレース