文字サイズ

文字サイズとは?



2012 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

カドラン賞

 9レースに4000m戦のカドラン賞Prix du Cadran (Group 1) が行われました。スタート後すぐにヴァダマーVadamarがハナに立つと5馬身離して逃げ、2番手の内にモーリーマロンMolly Malone、外にカラーヴィジョンColour Vision、その後ろにゴルドタラGoldtara、外にハイジンクスHigh Jinx、中団内にジェントゥーGentoo、外にニキタドゥベアレNikita du Berlais、後方にミスラーゴMiss Lago、ローンレンジャーLone Ranger、最後方にサドラーズロックSaddler's Rockという並びになりました。1周目のスタンド前でカラーヴィジョンが単独2番手に上がると、3番手との間隔を3馬身取り、向正面では逆にモーリーマロンが2番手に上がると後続をやや引き離しました。快調に逃げていたヴァダマーは直線を向いても3馬身のリードを保っていましたが、残り300mで一杯となると2番手にいたモーリーマロンが満を持して先頭を奪い、後続を寄せ付けず優勝しました。勝ちタイムは4:43.60で鞍上はウンベルト・リスポリUmberto Rispoli騎手。先行グループにいたハイジンクスがゴール前で競り勝って21/2馬身差の2着、3番手を進んだカラーヴィジョンが1/2馬身差の3着。道中最後方を進んだサドラーズロックが直線で大外を伸びましたが、直線半ばで内にささるとやや勢いをなくして11/2馬身差の4着、ヴァダマー7着、ジェントゥーは9着でした。

379a.jpg

 

380a.jpg

 

381a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2012 レース概要

バックナンバー

その他のレース