JBIS Search

2012 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

アラビアンワールドカップ

 7レースに純血アラブの2000m戦、アラビアンワールドカップArabian World Cup (Group 1 PA) が行われました。Kenanacoが逃げてBoum de Ghazalが2番手でレースが進み、フォルスストレートで3番手グループからRathowanがハナを奪って直線を向くと、先行グループの内にいたムキーファMkeefaが残り250mでRathowanの後ろから抜け出して優勝しました。勝ちタイムは2:24.3で鞍上はニール・カランNeil Callan騎手。馬主はムハンマド・ビン・ハリーファ・アル・サーニHH Shaikh Mohammed bin Khalifa Al Thani氏、カタールのジュリアン・スマートJulian Smart師の管理馬で、4馬身差の2着に残ったRathowanも同馬主同厩舎。TM Fred Texasは道中最後方から馬群の中を突いたものの8着止まり。前哨戦を勝利したオランダのPoulain Kossackは直線半ばでついていけず最後は流して17着、昨年優勝のAreejは最下位の20着でした。

317a.jpg

 

318a.jpg

 

319a.jpg

 

320a.jpg

 

321a.jpg