文字サイズ

文字サイズとは?



2013 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

UAEダービー

 4レースは3歳1900mAWのUAEダービーUAE Derby (Group 2) が行われました。スタート後に牽制しあいながらのハナ争いは1コーナー過ぎに最内枠のロウエンフォースメントLaw Enforcementが行き、ラインズオブバトルLines of Battleが外に並びながらの2番手、3番手に内からエレヴァルElleval、ナウスパンNow Spun、シュルクShuruqと3頭が並び、その後ろは内からシークレットナンバーSecret Number、エモティフEmotif、ダイスフレイバーDice Flavor、スノーボーダーSnowboarderと4頭が並び、後方は内からケイアイレオーネKeiai Leone、ザヒーZahee、ヒーズハドイナフHe's Had Enoughの3頭が並んで一団馬群でレースは進みました。2コーナー過ぎでケイアイレオーネはやや離された最後方となり、外を通ってヒーズハドイナフが位置取りを上げました。3コーナー手前でラインズオブバトルがハナに立ちますが、すぐにスノーボーダーが仕掛けて先頭を奪いスパートします。スノーボーダーは残り300mで一杯となるとラインズオブバトルが再び先頭に立ち、先行グループの内を進んでいたエレヴァルが鋭く伸びて一旦はラインズオブバトルを内から交わしかけますが、残り100mで並ばれたラインズオブバトルが逆に突き放して優勝しました。勝ちタイムは2:02.05で鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手。エレヴァルは11/2馬身差を付けられて2着、4コーナーで後方3番手だったシークレットナンバーが直線で大外を伸びて1/2馬身差の3着に突っ込み、スノーボーダーは13/4馬身差の4着に残り、逃げたロウエンフォースメントが23/4馬身差の5着、ケイアイレオーネは直線を向いてやや伸びは見せたものの、終始後方のまま10着に終わりました。

122a.jpg

123a.jpg

124a.jpg

125a.jpg

126a.jpg

127a.jpg

128a.jpg

129a.jpg

130a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2013 レース概要

バックナンバー

その他のレース