文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2013 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2013 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

サルキラ

 28日朝の調教中のサルキラSarkiylaです。フランス調教アガ・カーン殿下H H Aga Khanの所有馬の4歳牝馬で通算成績は8戦4勝、ゴドルフィンマイルに出走します。昨年8月にドーヴィルDeauville競馬場で行われたリューレイ賞Prix de Lieurey (Group 3) をアタマ差で勝利し、続くムーランドロンシャン賞Prix du Moulin de Longchamp (Group 1) はムーンライトクラウドMoonlight Cloudからアタマ、6馬身差の3着に敗退しました。10月にロンシャンLongchamp競馬場で行われたダニエルウィルデンシュタイン賞Prix Daniel Wildenstein (Group 2) はジナバアZinabaaの4着、前走は11月にサンクルーSaint-cloud競馬場で行われたパース賞Prix Perth (Group 3) でドンボスコDon Boscoの3着でした。レースではクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手が騎乗します。

040a.jpg

041a.jpg

042a.jpg

ザズー

 28日朝の調教中のザズーZazouです。ドイツ調教の6歳牡馬で通算成績は24戦7勝、ゴドルフィンマイルに出走します。3歳時に仏2000ギニーにあたるプールデッセプーランPoule d'Essai des Poulains (Group 1) に挑戦してロペデヴェガLope de Vegaの6着、続く独ケルンCologne競馬場のオッペンハイムウニオンレネンOppenheim Union Rennen (Group 2) を2馬身差で勝利すると、独ダービーDeutsches Derby (Group 1) ではバズワードBuzzwordから11/4馬身差の2着に入りました。10月には仏ロンシャン競馬場のドラール賞Prix Dollar (Group 2) に出走しシリュスデゼーグルCirrus des Aiglesの9着、11月には伊カパネッレCapannelle競馬場のローマ賞Premio Roma (Group 1) に出走してリオデラプラタRio de la Plataの4着でした。一昨年は前年に続きローマ賞に参戦すると、リオデラプラタを短頭差振り切って優勝し、これが初のG1タイトルとなりました。12月には香港カップHong Kong Cup (Group 1) に遠征し、カリフォルニアメモリーCalifornia Memoryから1、1/4馬身差の3着に入っています。昨年は3月にシャンティイChantilly競馬場AWコースの一般戦でシリュスデゼーグルに2馬身差で勝利すると、ドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) に挑戦してモンテロッソMonterossoの5着でした。5月にはシンガポールに転戦し、クランジKranji競馬場のシンガポール航空国際カップSingapore Airlines International Cup (Group 1) でシンションChinchonの4着、6月に独ミュンヘンMunich競馬場のダルマイユ大賞Grosser Dallmayr-Preis (Group 1) はパストリアスPastoriusから8、1/2馬身差の3着、7月にはトルコのヴェリフェンディVeliefendi競馬場で行われたアナトリアトロフィーAnatolia Trophy (L Group 2) でハンターズライトHunter's Lightから5馬身差の2着となって休養に入りました。前走は昨年と同じくシャンティイの一般戦を使い、ドンボスコDon Boscoの4着でした。レースではロシアで活躍するチェチェンのキャムザット・ユーヴェフKhamzat Ulubaev騎手が同馬に初騎乗します。

026a.jpg

027a.jpg

028a.jpg

029a.jpg

トリニバーグ

 28日朝の調教中のトリニバーグTrinnibergです。アメリカ調教の4歳牡馬で通算成績は13戦5勝、ドバイゴールデンシャヒーンに出走します。昨年のケンタッキーダービーKentucky Derby (Grade 1) は2番手を進んだものの直線で馬群に飲まれてアイルハヴアナザーI'll Have Anotherの17着でした。その後、ベルモントパークBelmont park競馬場の1400m戦、ウッディスティーヴンスSWoody Stephens Stakes (Grade 2) を勝利すると、G3戦の2着を挟んでサラトガSaratoga競馬場のキングスビショップSKing's Bishop Stakes (Grade 1) に出走しましたが、ウィリービーミンWilly Beaminの9着に敗退しました。11月にはサンタアニタSanta anita競馬場で行われたBCスプリントBreeders' Cup Sprint (Grade 1) に出走すると、伏兵の評価ながら前と並びながらの2番手を進んで直線を向いて先頭に立ち、ザランバーガイThe Lumber Guyに3/4馬身差で優勝し、BCが初のG1タイトルとなりました。今回はBCスプリント以来のレースとなります。レースでは主戦のウィリー・マルチネスWillie Martinez騎手が騎乗します。

024a.jpg

025a.jpg

バーシティ

 28日朝の調教中のバーシティVarsityです。アメリカ調教の6歳騸馬で通算成績は11戦6勝、アルクォーツスプリントに出走します。重賞はこれまで1度のみの出走で、一昨年の10月にキーンランドKeeneland競馬場のウッドフォードSWoodford Stakes (Grade 3) に出走し、最下位の12着でした。前走は今年2月にガルフストリームパークGulfstream park競馬場で行われた短距離戦で勝利しています。レースではジョー・ブラボーJoe Bravo騎手が騎乗します。

022a.jpg

023a.jpg

デュラハン

 28日朝の調教中のデュラハンDullahanです。アメリカ調教の4歳牡馬で通算成績は15戦3勝、ドバイワールドカップに出走します。一昨年10月にキーンランドKeeneland競馬場で行われたブリーダーズフューチュリティSBreeders' Futurity Stakes (Grade 1) を3/4馬身差で優勝し、チャーチルダウンズChurchill downs競馬場で行われたBCジュヴェナイルBreeders' Cup Juvenile (Grade 1) はスタートで下げて道中最後方を進むと、直線で外に持ち出して伸びを見せてハンセンHansenの4着でした。昨年は4月にキーンランド競馬場のブルーグラスSBlue Grass Stakes (Grade 1) でハンセンに11/4馬身差を付けて優勝し、続くケンタッキーダービーKentucky Derby (Grade 1) では中団馬群を進むと4コーナーで大外をまわってゴール前まで伸びを見せアイルハヴアナザーI'll Have Anotherから11/2、クビ差の3着に入りました。プリークネスSPreakness Stakes (Grade 1) には出走せず、3冠目のベルモントSBelmont Stakes (Grade 1) はユニオンラグスUnion Ragsの7着に終わり、モンマスパークMonmouth park競馬場のインビテーショナルSInvitational Stakes (Grade 1) もペイントナーPaynterの5着止まりでした。8月にデルマーDel mar競馬場のAWコースで行われたパシフィッククラシックSPacific Classic Stakes (Grade 1) では古馬相手に直線で鋭い伸びを見せて、ゲームオンデュードGame on Dudeを1/2馬身競り落とし優勝しました。11月にはサンタアニタSanta anita競馬場のBCターフBreeders' Cup Turf (Grade 1) に出走しますが、リトルマイクLittle Mikeの9着に終わっています。前走は1600mの前哨戦バージナハールBurj Nahaar (Group 3) を使いましたが、スタートで出遅れ、中団の内に付けたものの直線を向いて一杯となり11着に敗退しました。レースでは今年1月に2度目の現役復帰を果たしたゲイリー・スティーヴンスGary Stevens騎手が騎乗します。

018a.jpg

019a.jpg

020a.jpg

021a.jpg

記者会見

追い切り後に調教師&騎手を囲んでの会見が行われました。

池江調教師
SO_S9978.JPG
武豊騎手
SO_S0033.JPG


矢作調教師
SOS_3058.JPG


石坂調教師
SO_S0045.JPG
岩田騎手
SO_S0070.JPG

マスコミにサービスする石坂調教師&岩田騎手
SO_S9690.JPG

ソウルパワー

 27日朝の調教中のソウルパワーSole Powerです。アイルランド調教の6歳騸馬で通算成績は29戦5勝、アルクオーツスプリントに出走します。3歳時の10年にヨークYork競馬場のナンソープSNunthorpe Stakes (Group 1) を優勝しており、一昨年のアルクオーツスプリントAl Quoz Sprint (Group 2) はジェイジェイザジェットプレーンJ J The Jet Planeの14着でした。5月には英ヘイドックパークHaydock Park競馬場で行われたテンプルSTemple Stakes (Group 2) でキングスゲートネイティヴKingsgate Nativeに3/4馬身差で勝利し、ロイヤルアスコットのキングススタンドSKing's Stand Stakes (Group 1) はプロヒビットProhibitの8着、ヘイドックパーク競馬場のスプリントカップSprint Cup (Group 1) はドリームアヘッドDream Aheadの12着、アベイユドロンシャン賞Prix de l'Abbaye de Longchamp (Group 1) でタンジェリンツリーズTangerine Treesから短首、ハナ差の3着に入り、香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) はラッキーナインLucky Nineの9着が主要な戦績でした。昨年は前哨戦のメイダンスプリントMeydan Sprintで短頭差の2着となった後にアルクオーツスプリントAl Quoz Sprint (Group 1) に出走し、オルテンシアOrtensiaから11/4馬身差の2着でした。前年優勝のテンプルSは2着、キングススタンドSはリトルブリッジLittle Bridgeから3/4、1馬身差の3着、ナンソープSはオルテンシアの7着、アベイユドロンシャン賞はウィズキッドWizz Kidの5着に敗れ、昨年の戦いを終えました。アルクオーツスプリントは今年で3年目の出走となりますが、昨年同様ステップにメイダンスプリントを使ってシェイシェイShea Sheaから21/2馬身差の2着となっています。レースでは昨年も騎乗したジョン・ムルタJohn Murtagh騎手が騎乗します。

016a.jpg

017a.jpg

レッドカドー

 27日朝の調教中のレッドカドーRed Cadeauxです。イギリス調教の7歳騸馬で通算成績は33戦7勝、ドバイワールドカップに出走します。一昨年は豪フレミントンFlemington競馬場のメルボルンカップMelbourne Cup (Group 1) でドゥーナデンDunadenにハナ差の2着となると、香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) はドゥーナデンの3着でした。昨年は5月にヨークYork競馬場で行われたヨークシャーカップYorkshire Cup (Group 2) を優勝すると、続くコロネーションカップ Coronation Cup (Group 1) ではセントニコラスアビーSt Nicholas Abbeyから41/2馬身差の2着でした。メルボルンカップはグリーンムーンGreen Moonの8着、ジャパンカップJapan Cup (Grade 1) はジェンティルドンナGentildonnaの8着と大レースで結果を出せませんでしたが、2年連続で出走となった香港ヴァーズではゴール前でジャガーメイルJaguar Mailに短頭差競り勝ち、これが待望のG1タイトルとなりました。ドバイには今年が初参戦となります。レースでは香港ヴァーズで優勝に導いたジェラルド・モッセGerald Mosse騎手が騎乗します。

013a.jpg

014a.jpg

015a.jpg

ドゥーナデン

 27日朝の調教中のドゥーナデンDunadenです。フランス調教の7歳牡馬で通算成績は36戦10勝、ドバイシーマクラシックに出走します。一昨年、オーストラリアのメルボルンカップMelbourne Cup (Group 1) でレッドカドーRed Cadeauxにハナ差で優勝し、続く香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) もサムザップThumbs Upに3/4馬身差で優勝しました。昨年はキングジョージ6世&クイーンエリザベスSKing George VI and Queen Elizabeth Stakes (Group 1) はデインドリームDanedreamの6着、豪コーフィールドCaulfield競馬場のコーフィールドカップCaulfield Cup (Group 1) を優勝して挑んだメルボルンカップでは14着と惨敗を喫しました。その後香港ヴァーズに参戦したもののレッドカドーの5着に終わり、どちらも連覇はなりませんでした。ドバイには今年が初参戦となります。レースではジェイミー・スペンサーJamie Spencer騎手が同馬に初騎乗します。

011a.jpg

012a.jpg

ヴェレマ

 27日朝の調教中のヴェレマVeremaです。フランス調教の4歳牝馬で通算成績は7戦2勝、ドバイゴールドカップに出走します。昨年9月にロンシャンLongchamp競馬場で行われた3歳3000m重賞のリューテス賞Prix de Lutece (Group 3) をクビ差で勝利すると、続くショードネイ賞Prix Chaudenay (Group 2) はカンティクムCanticumの4着、そしてロイヤルオーク賞Prix Royal-Oak (Group 1) に駒を進めたもののレボーフLes Beaufsの4着に終わっています。レースではクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手が騎乗します。

010a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2013 レース概要

バックナンバー

その他のレース