文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2013 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2013 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

【速報版】6R Dubai Golden Shaheen

6R Dubai Golden Shaheen

REYNALDOTHEWIZARDが優勝

騎手Richard Mullen
タイセイレジェンドは2番手追走から一旦、先頭に立つも直線失速し11着で入線。
SO_S0630.JPG
SOS_0074.JPG
SO_S0714.JPG
SOS_0120.JPG
SOS_0146.JPG
SO_S0755.JPG

カバナー

 ドバイゴールデンシャヒーンのパドックでのカバナーKavanaghです。南アフリカのマイク・デコックMike de Kock師の管理する5歳騸馬で通算成績は24戦7勝です。10年5月に南アフリカのターフフォンテインTurffontein競馬場で行われた南アフリカナーサリーThe Nursery (Grade 2) でデビュー勝ちすると、クレイアウッドパークClairwood Park競馬場のゴールデンホースシューGolden Horseshoe (Grade 1) でハナ差の2着、グレイヴィルGreyville競馬場のプレミアズチャンピオンズSPremier's Champion Stakes (Grade 1) で3/4馬身差の2着など、2歳時は活躍を見せました。3歳時はG3こそ勝利したものの、G1やG2は善戦止まりで終わっています。12年2月にはターフフォンテイン競馬場のハワイSHawaii Stakes (Grade 2) を優勝しました。メイダンではこれまで4戦しており、前々走のアルシンダガスプリントAl Shindagha Sprint (Group 3) では先行グループの内から直線で外に出して一旦は抜け出したものの、ゴール前でメンタルMentalに交わされて1馬身差の2着となると、前走は芝のハンデ戦に出走し1馬身差で勝利しました。鞍上は前々走からのコンビとなるクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

256a.jpg

バルモントマスト

 ドバイゴールデンシャヒーンのパドックでのバルモントマストBalmont Mastです。アイルランド調教の5歳騸馬で通算成績は24戦4勝です。アイルランドでの重賞出走はなく、昨年10月にAWコースで行われたリスティッド競走を勝利してドバイに参戦してきました。メイダンでは4戦しており、前々走のアルシンダガスプリントAl Shindagha Sprint (Group 3) ではメンタルMentalの4着、前走のマハーブアルシマールMahab Al Shimaal (Group 3) では道中やや離れた最後方から直線で馬群の間を伸びてレイナルドザウィザードReynaldothewizardから4、11/2馬身差の3着に入りました。鞍上はジョン・ムルタJohn Murtagh騎手です。

255a.jpg

レイナルドザウィザード

 ドバイゴールデンシャヒーンのパドックでのレイナルドザウィザードReynaldothewizardです。UAE調教の7歳騸馬で通算成績は17戦6勝です。アメリカでデビューし、3歳までの5戦で未勝利のままUAEに移籍しました。その後は全てメイダンでの出走となり、前走のマハーブアルシマールMahab Al Shimaal (Group 3) では3番手から直線半ばで先頭に立つと後続を突き離し、クリプトンファクターKrypton Factorに4馬身差を付ける圧勝で初重賞制覇としました。鞍上は主戦のリチャード・マレンRichard Mullen騎手です。

254a.jpg

トリニバーグ

 ドバイゴールデンシャヒーンのパドックでのトリニバーグTrinnibergです。鞍上はウィリー・マルチネスWillie Martinez騎手です。

253a.jpg

矢作芳人調教師

 ドバイゴールデンシャヒーンのパドックでの矢作芳人Yoshito Yahagi調教師とライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

116a.jpg

アルクオーツスプリント

 5レースは1000m直線芝のアルクオーツスプリントが行われました。スタート後、ガナスGanasがレースを引っ張り、ミスタービッグMr BigやイーグルレジメントEagle Regimentも先行争いに加わりますが、残り500mで馬場の中央を通ってジョイアンドファンJoy And Funが先頭に立ち、内からイーグルレジメントも伸びを見せ、残り400mで先行グループの中にいたシェイシェイShea Sheaが一旦下げて外に大きく進路を変えてスパートすると残り300mで2馬身離れていたジョイアンドファンを残り50mで差し切り優勝しました。勝ちタイムは56秒41で鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手。3/4馬身差の2着にジョイアンドファン、3/4馬身差の3着にイーグルレジメント、外ラチ側を進んだソウルパワーSole Powerが残り300mから伸びを見せて1馬身差の4着に入り、1馬身差の5着にミスタービッグでした。なお、勝ちタイムは自身が前哨戦で出した57秒02を約0.6秒縮めるコースレコードとなりました。

117a.jpg

118a.jpg

119a.jpg

120a.jpg

121a.jpg

【速報版】5R Al Quoz Sprint

5R Al Quoz Sprint

SHEA SHEAが優勝

騎手Christophe Soumillon
スミヨン騎手は今日2勝目!
SOS_9894.JPG
SOS_9898.JPG
SOS_9959.JPG
SO_S0590.JPG

ケイアイレオーネ

 UAEダービーのレース後のケイアイレオーネKeiai Leoneです。残念ながら後方のまま10着に終わりました。鞍上は幸英明Hideaki Miyuki騎手です。

186a.jpg

UAEダービー

 4レースは3歳1900mAWのUAEダービーUAE Derby (Group 2) が行われました。スタート後に牽制しあいながらのハナ争いは1コーナー過ぎに最内枠のロウエンフォースメントLaw Enforcementが行き、ラインズオブバトルLines of Battleが外に並びながらの2番手、3番手に内からエレヴァルElleval、ナウスパンNow Spun、シュルクShuruqと3頭が並び、その後ろは内からシークレットナンバーSecret Number、エモティフEmotif、ダイスフレイバーDice Flavor、スノーボーダーSnowboarderと4頭が並び、後方は内からケイアイレオーネKeiai Leone、ザヒーZahee、ヒーズハドイナフHe's Had Enoughの3頭が並んで一団馬群でレースは進みました。2コーナー過ぎでケイアイレオーネはやや離された最後方となり、外を通ってヒーズハドイナフが位置取りを上げました。3コーナー手前でラインズオブバトルがハナに立ちますが、すぐにスノーボーダーが仕掛けて先頭を奪いスパートします。スノーボーダーは残り300mで一杯となるとラインズオブバトルが再び先頭に立ち、先行グループの内を進んでいたエレヴァルが鋭く伸びて一旦はラインズオブバトルを内から交わしかけますが、残り100mで並ばれたラインズオブバトルが逆に突き放して優勝しました。勝ちタイムは2:02.05で鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手。エレヴァルは11/2馬身差を付けられて2着、4コーナーで後方3番手だったシークレットナンバーが直線で大外を伸びて1/2馬身差の3着に突っ込み、スノーボーダーは13/4馬身差の4着に残り、逃げたロウエンフォースメントが23/4馬身差の5着、ケイアイレオーネは直線を向いてやや伸びは見せたものの、終始後方のまま10着に終わりました。

122a.jpg

123a.jpg

124a.jpg

125a.jpg

126a.jpg

127a.jpg

128a.jpg

129a.jpg

130a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2013 レース概要

バックナンバー

その他のレース