文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2013 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2013 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ジローラモ

 28日朝の調教中のジローラモGirolamoです。ドイツ産ドイツのペーター・シールゲンPeter Schiergen師の管理する4歳牡馬で通算成績は8戦2勝、ドバイシーマクラシックに出走します。昨年7月に独ハンブルグHamburg競馬場の独ダービーDeutsches Derby (Group 1) でパストリアスPastoriusから1/2、短頭差の3着に入ると、英グッドウッドGoodwood競馬場のゴードンSGordon Stakes (Group 3) に参戦し4着。9月には独バーデンバーデンBaden-baden競馬場のバーデン大賞Grosser Preis von Baden (Group 1) に出走するとデインドリームDanedreamの5着でした。前走は独ケルンCologne競馬場で行われたオイロパ賞Preis von Europa (Group 1) を1/2馬身差で勝利しています。レースでは主戦のアンドレアシュ・シュタルケAndrasch Starke騎手が騎乗します。

164a.jpg

165a.jpg

ペニテント

 28日朝の調教中のペニテントPenitentです。イギリス調教の7歳騸馬で通算成績は23戦8勝、ゴドルフィンマイルに出走します。昨年4月に英サンダウンSandown競馬場のBet365マイルbet365 Mile (Group 2) を13/4馬身差で勝利して重賞ウィナーとなると、ロンシャンLongchamp競馬場のイスパーン賞Prix d'Ispahan (Group 1) に出走しゴールデンライラックGolden Lilacの8着(繰り上がりで7着)でした。8月には愛レパーズタウンLeopardstown競馬場のデスモンドSDesmond Stakes (Group 3) に出走し5着、9月には英ドンカスターDoncaster競馬場のパークSPark Stakes (Group 2) 5着を経て英ニューマーケットNewmarket競馬場のジョエルSJoel Stakes (Group 2) を優勝しました。その後フォレ賞Prix de la Foret (Group 1) に参戦すると、ゴードンロードバイロンGordon Lord Byronから11/2馬身差の2着に入っています。レースでは主戦のダニエル・タドホープDaniel Tudhope騎手が騎乗します。

067a.jpg

068a.jpg

レッドカドー

 28日朝の調教中のレッドカドーRed Cadeauxです。

072a.jpg

073a.jpg

074a.jpg

ゴードンロードバイロン

 28日朝の調教中のゴードンロードバイロンGordon Lord Byronです。アイルランド調教の5歳騸馬で通算成績は24戦7勝、ドバイゴールデンシャヒーンに出走します。4走前に英ヘイドックパークHaydock Park競馬場のスプリントCSprint Cup (Group 1) に出走し、ソサイエティロックSociety Rockから3/4馬身差の2着に入ると、フォレ賞Prix de la Foret (Group 1) では馬群の中から抜け出して、ペニテントPenitentに11/2馬身差を付けて優勝しました。その後香港マイルHong Kong Mile (Group 1) に参戦すると、アンビシャスドラゴンAmbitious Dragonの4着に入っています。前走は愛ダンダークDundalk競馬場のAWコースの一般戦に出て勝利しています。レースではフォレ賞で優勝に導いたウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手が騎乗します。

065a.jpg

066a.jpg

フレデリックエンジェルス

 28日朝の調教中のフレデリックエンジェルスFrederick Engelsです。香港のジョン・ムーアJohn Moore師の管理する4歳騸馬で通算成績は18戦6勝、ドバイゴールデンシャヒーンに出走します。2歳時の一昨年に英ハミルトンHamilton競馬場でデビューし、5戦目でニューマーケットNewmarket競馬場のジュライSJuly Stakes (Group 2) を1馬身差で優勝しました。愛カラCurragh競馬場のフェニックスSPhoenix Stakes (Group 1) はラコリーナLa Collinaの6着、仏ドーヴィルDeauville競馬場のモルニ賞Prix Morny (Group 1) はダビルシムDabirsimの5着となり、7戦3勝の戦績で香港に移籍しました。移籍後6戦は最高で4着という戦績だったものの、昨年の10月に1000m戦で勝利すると3連勝し、今年1月の1000m戦、センテナリースプリントカップCentenary Sprint Cup (L Group 1) では道中最後方からゴール前で馬群の中を鋭く伸びてイーグルレジメントEagle Regimentから11/2馬身差の2着に入り、2月の1200m戦、チェアマンズスプリントプライズChairman's Sprint Prize (L Group 1) では道中後方2番手から4コーナーで大外をまわってゴール前で鋭く伸びてラッキーナインLucky Nineに3/4馬身差まで迫って2着でゴールしました。レースでは前々走からのコンビとなるウェイチョン・マーウィンWeichong Marwing騎手が騎乗します。

056a.jpg

057a.jpg

ミアンドル

 28日朝の調教中のミアンドルMeandreです。

054a.jpg

055a.jpg

ドゥーナデン

 28日朝の調教中のドゥーナデンDunadenです。

052a.jpg

053a.jpg

ジオフラ

 28日朝の調教中のジオフラGiofraです。フサンス調教の5歳牝馬で通算成績は9戦4勝、ドバイデューティーフリーに出走します。昨年4月のアークール賞Prix D'Harcourt (Group 2) でヴァダマーVadamarに3馬身差を付けて勝利すると、続くガネー賞Prix Ganay (Group 1) ではシリュスデゼーグルCirrus des Aiglesから8馬身差の2着に入りました。7月に英ニューマーケットNewmarket競馬場のファルマスSFalmouth Stakes (Group 1) を優勝し、ジャンロマネ賞Prix Jean Romanet (Group 1) に出走しますが、スノーフェアリーSnow Fairyの6着に終わっています(後にスノーフェアリーから禁止薬物が出たため失格となり、5着に繰り上がり)。オペラ賞Prix de l'Opera (Group 1) では後方から伸びを見せてリダジーナRidasiynaの3着に入ると、香港カップHong Kong Cup (Group 1) に参戦して鋭い脚を繰り出してカリフォルニアメモリーCalifornia Memoryから1馬身差の2着に善戦しました。レースではマキシム・ギュイヨンMaxime Guyon騎手が騎乗します。

045a.jpg

043a.jpg

044a.jpg

ヴェレマ

 28日朝の調教中のヴェレマVeremaです。

047a.jpg

046a.jpg

シャレータ

 28日朝の調教中のシャレータSharetaです。

030a.jpg

031a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2013 レース概要

バックナンバー

その他のレース