文字サイズ

文字サイズとは?



2013 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

フォワ賞

 6Rは2400m戦のフォワ賞Prix Foy (Group 2) がキャメロットCamelot出走取消の9頭立てで行われました。好スタートからステラウインドStellar Windがハナに立ち、外枠からゆっくりとナウウィーキャンNow We Canが2番手に上がり、オルフェーヴルOrfevreは3番手の内、その後ろにベリーナイスネームVery Nice Name、ドゥーナデンDunaden、ピリカPirikaと3頭並び、後方はマンドールMandour、ゴーイングサムウェアGoing Somewhere、最後方からハヤランダHaya Landaという隊列になりました。フォルスストレートでピリカがオルフェーヴルの外に並びかけて直線へ。2番手のナウウィーキャンが先に一杯となると、粘るステラウインドにオルフェーブルが並びかけ、残り200mで一気に後続を突き離し、最後は流して優勝しました。勝ちタイムは2:41.47で鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手。オルフェーブルの後ろから伸びたベリーナイスネームが3馬身差の2着に入り、ピリカは直線で競り負けて3/4馬身差の3着、大外を通ったゴーイングサムウェアがゴール前で伸びて3/4馬身差の4着、最後まで粘りを見せたステラウインドがハナ差の5着でした。

119a.jpg

120a.jpg

121a.jpg

122a.jpg

123a.jpg

124a.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2013 レース概要

バックナンバー

その他のレース