文字サイズ

文字サイズとは?



2013 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

香港カップ

 8レースは2000m芝の香港カップHong Kong Cup (Group 1) が行われました。トウケイヘイローTokei Haloが好スタートからハナに立つと競ってくる馬はおらず、2馬身後ろの2番手にセイムワールドSame World、さらに4馬身離れてリトルマイクLittle Mikeが3番手、2馬身離れてアキードモフィードAkeed Mofeed、外にシリュスデゼーグルCirrus des Aigles、後ろにグランドールGrandeur、ニアティコNeatico、サイドグランスSide Glance、エンダウイングEndowing、ブレイジングスピードBlazing Speedと一団で進み、後方2番手にミリタリーアタックMilitary Attack、最後方にレインボーチックRainbow Chicという隊列になりました。トウケイヘイローは後続を離しながらもゆったりとしたペースを保ち、3コーナーで引き付けて先頭のまま直線へ。シリュスデゼーグルが外から迫り、内埒沿いをアキードモフィードが突いてきますが、残り300mでトウケイヘイローがその進路を塞いで突き放しにかかります。進路を無くして一旦は下がったアキードモフィードですが、トウケイヘイローの外に切り返して再び差を詰めると、残り50mで先頭に立って優勝しました。勝ちタイムは2:01.96で鞍上はダグラス・ホワイトDouglas Whyte騎手。トウケイヘイローは1馬身差の2着に粘りこみ、ゴール前で伸びを欠いたシリュスデゼーグルが1/2馬身差の3着、直線を向いて最後方だったミリタリーアタックが馬群の割れた真ん中を伸びて迫りますがハナ差の4着、サイドグランスがクビ差の5着、グランドール7着、リトルマイク9着、エンダウイング11着でした。

079.jpg

080.jpg

081.jpg

082.jpg

083.jpg

084.jpg

085.jpg

086.jpg

087.jpg

088.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2013 レース概要

バックナンバー

その他のレース