文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2013 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2013 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

リッチタペストリー

 香港スプリントの返し馬のリッチタペストリーRich Tapestryです。香港調教の5歳騸馬で通算成績は22戦5勝です。アイルランド4戦1勝の戦績で香港に移籍しました。今年4月のスプリントカップSprint Cup (L Group 2) を優勝し、前走のプレミアボウルPremier Bowl (L Group 2) はスターリングシティSterling Cityの9着でした。鞍上は同馬に初騎乗となるライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

193.jpg

セリースチェリー

 香港スプリントの本馬場入場、返し馬のセリースチェリーCerise Cherryです。香港調教の8歳騸馬で通算成績は60戦8勝です。南アフリカ産で08年2月に南アフリカでデビューすると、クレアウッドパークClairwood Park競馬場のプレミアズチャンピオンSPremier's Champion Stakes (Grade 1) で2着、ターフフォンテインTurffontein競馬場のグラハムベックSGraham Beck Stakes (Grade 3) を優勝し、ターフフォンティン競馬場の3歳G1、南アフリカクラシックSouth African Classic (Grade 1) で2着、南アフリカダービーSouth African Derby (Grade 1) で8着など通算15戦2勝で香港に移籍しました。10年10月にはプレミアボウルPremier Bowl (L Group 3) を優勝し、香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) はジェイジェイザジェットプレーンJ J The Jet Planeの12着でした。12年10月にもプレミアボウルPremier Bowl (L Group 2) を優勝し、香港スプリントはロードカナロアLord Kanaloaから21/2馬身差の2着に入りました。今年はこれまで7戦して前々走の条件戦1勝のみですが、前走のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) ではチャールズザグレートCharles The Greatの4着に入りました。鞍上は同馬に初騎乗となるマシュー・チャドウィックMatthew Chadwick騎手です。

191.jpg

192.jpg

フレデリックエンゲルス

 香港スプリントの返し馬のフレデリックエンゲルスFrederick Engelsです。香港調教の4歳騸馬で通算成績は23戦6勝です。11年にイギリスでデビューするとニューマーケットNewmarket競馬場のジュライSJuly Stakes (Group 2) を優勝し、愛カラCurragh競馬場のフェニックスSPhoenix Stakes (Group 1) は6着、仏ドーヴィルDeauville競馬場のモルニ賞Prix Morny (Group 1) ではダビルシムDabirsimの5着となり、7戦3勝で香港に移籍しました。条件戦3連勝して挑んだ今年1月のセンテナリースプリントカップCentenary Sprint Cup (L Group 1) でイーグルレジメントEagle Regimentから11/2馬身差の2着に入ると、続くチェアマンズスプリントプライズChairman's Sprint Prize (L Group 1) でもラッキーナインLucky Nineに3/4馬身差の2着に入ってドバイに遠征しますが、ドバイゴールデンシャヒーンDubai Golden Shaheen (Group 1) はレイナルドザウィザードReynaldothewizardの8着に終わりました。その後は4戦しており香港G3の2着が最高着順で、前走のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) ではスタート後に折り合いを欠いて最後方まで下がり、直線で大外を伸びたもののチャールズザグレートCharles The Greatの8着でした。鞍上はザカリー・パートンZachary Purton騎手です。

190.jpg

チャールズザグレート

 香港スプリントの本馬場入場のチャールズザグレートCharles The Greatです。香港調教の4歳騸馬で通算成績は26戦6勝です。一昨年の2歳時にイギリスでデビューし、5戦2勝の戦績で香港に移籍しました。香港ではデビューから条件戦を使われていましたが、今年5月のシャティンヴァーズSha Tin Vase (L Group 3) に出走すると短頭差で優勝しました。1400mのプレミアカップPremier Cup (L Group 3) は11着に敗退したものの、 続くシャティンスプリントトロフィーSha Tin Sprint Trophy (L Group 3) 、プレミアボウルPremier Bowl (L Group 2) の2戦で3着とすると、前走のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) では5番手から直線内を突いて残り100mで先頭に立ち、スターリングシティSterling Cityの追撃を1/2馬身抑えて優勝しました。鞍上は前走で優勝に導いたダグラス・ホワイトDouglas Whyte騎手です。

189.jpg

ソールパワー

 香港スプリントの本馬場入場のソールパワーSole Powerです。鞍上はジョン・ムルタJohn Murtagh騎手です。

182.jpg

スレイドパワー

 香港スプリントの本馬場入場、返し馬でのスレイドパワーSlade Powerです。鞍上はウェイン・ローダンWayne Lordan騎手です。

180.jpg

181.jpg

イーグルレジメント

 香港スプリントの本馬場入場、返し馬のイーグルレジメントEagle Regimentです。香港調教の6歳騸馬で通算成績は15戦7勝です。昨年1月にセンテナリースプリントカップCentenary Sprint Cup (L Group 1) を優勝し、続くチェアマンズスプリントプライズChairman's Sprint Prize (L Group 1) で9着に敗退の後にドバイに渡り、アルクオーツスプリントAl Quoz Sprint (Group 1) に出走の予定でしたが直前で出走を取消しました。今年はセンテナリースプリントカップを連覇すると再びアルクオーツスプリントに挑戦し、シェイシェイShea Sheaから3/4、3/4馬身差の3着に入りました。その後は2戦しており、シャティンスプリントトロフィーSha Tin Sprint Trophy (L Group 3) は5着、ジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) ではスタートで後手を踏んだものの中団の内に付け、ゴール前でじわじわと伸びてチャールズザグレートCharles The Greatから1/2、3/4馬身差の3着に入りました。鞍上はオリビエ・ドリューズOlivier Doleuze騎手です。

187.jpg

188.jpg

ジョイアンドファン

 香港スプリントの本馬場入場のジョイアンドファンJoy and Funです。香港調教の10歳騸馬で通算成績は58戦12勝です。09の香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) でセークリッドキングダムSacred Kingdomの3着に入ると、10年にドバイのアルクオーツスプリントAl Quoz Sprint (Group 3) を優勝しました。その後、シンガポールのクリスフライヤーインターナショナルスプリントKrisFlyer International Sprint (Group 1) でグリーンバーディーGreen Birdieの6着、ロイヤルアスコットのゴールデンジュビリーSGolden Jubilee Stakes (Group 1) はスタースパングルドバナーStarspangledbannerの13着、香港スプリントはジェイジェイザジェットプレーンJ J The Jet Planeの11着に終わりました。11年は国内のみの出走でしたが、香港スプリントではラッキーナインLucky Nineのアタマ差2着に入っています。昨年はアルクオーツスプリントでオルテンシアOrtensiaから11/4、クビ差の3着、ロイヤルアスコットのキングススタンドSKing's Stand Stakes (Group 1) はリトルブリッジLittle Bridgeの16着、香港スプリントはロードカナロアLord Kanaloaの4着でした。今年は香港で2戦した後にアルクオーツスプリントに出走し、ゴール前でシェイシェイShea Sheaに3/4馬身差し切られて2着でした。今回はアルクオーツスプリント以来のレースとなります。鞍上はブレット・ドイルBrett Doyle騎手です。

186.jpg

ラッキーナイン

 香港スプリントの本馬場入場のラッキーナインLucky Nineです。香港調教の6歳騸馬で通算成績は36戦12勝です。10年の3歳時に出走した香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) はジェイジェイザジェットプレーンJ J The Jet Planeの7着、11年のチャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) はエクステンションXtensionから1/2馬身差の2着、セントウルSCentaur Stakes (Group 2) でエーシンヴァーゴウA Shin Virgoにアタマ差の2着、スプリンターズSSprinters Stakes (Grade 1) はカレンチャンCurren Chanの5着に終わりますが、香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) でジョイアンドファンJoy and Funにアタマ差で優勝しました。昨年はドバイゴールデンシャヒーンDubai Golden Shaheen (Group 1) でクリプトンファクターKrypton Factorの3着、チャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) でエクステンションの3着、安田記念Yasuda Kinen (Grade 1) ではストロングリターンStrong Returnの11着、スプリンターズSはロードカナロアLord Kanaloaの5着、ジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) は勝利したものの香港スプリントはロードカナロアの5着でした。今年は香港で4戦1勝の後、シンガポールのクリスフライヤーインターナショナルスプリントKrisFlyer International Sprint (Group 1) に参戦してベルスプリンターBel Sprinterに3馬身差を付けて優勝すると、秋にはオーストラリアに遠征し、ムーニーバレーMoonee valley競馬場のマニカトSManikato Stakes (Group 1) では先行グループから直線で外に出して伸びたもののバッファリングBufferingに短頭差届かず2着、前走フレミントンFlemington競馬場の直線1200mで行われたスプリントクラシックSprint Classic (Group 1) では先行したものの残り200mで一杯となりバッファリングの6着でした。鞍上はブレット・プレブルBrett Prebble騎手です。

185.jpg

ロードカナロア

 香港スプリントの本馬場入場、返し馬のロードカナロアLord Kanaloaです。

037.jpg

038.jpg

047.jpg

039.jpg

040.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2013 レース概要

バックナンバー

その他のレース