文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2013 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2013 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

シメノン

 香港ヴァーズの本馬場入場のシメノンSimenonです。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

161.jpg

サイズモス

 香港ヴァーズの本馬場入場のサイズモスSeismosです。鞍上はアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手です。

160.jpg

マウントアトス

 香港ヴァーズの本馬場入場のマウントアトスMount Athosです。鞍上はクレイグ・ウィリアムズCraig Williams騎手です。

159.jpg

フーエルブリッツ

 香港ヴァーズの本馬場入場のフーエルブリッツFeuerblitzです。鞍上はティエリ・テュリエThierry Thulliez騎手です。

158.jpg

ドミナント

 香港ヴァーズのパドック、本馬場入場のドミナントDominantです。香港のジョン・ムーアJohn Moore師の管理する5歳牡馬で通算成績は19戦4勝です。イギリスでデビューし、11年7月に英ヨークYork競馬場で行われたヨークSYork Stakes (Group 2) でトゥワイスオーヴァーTwice Overから11/4、短頭差の3着に入り、6戦2勝の戦績で香港に移籍しました。香港移籍初戦は12年2月でイギリス時代にコンビを組んでいたニール・カランNeil Callan騎手が短期騎乗していたため同馬に引き続き騎乗し10着となると、4歳戦の香港クラシックカップHong Kong Classic Cup (L Group 1) でザイダンZaidanからハナ、11/2馬身差の3着。続く香港ダービーHong Kong Derby (L Group 1) ではフェイフェイFay Fayの8着に終わりました。その後、ハンデLG3を2勝したものの大レースでの活躍はなく、今年5月のチャンピオンズ&チャターカップChampions & Chater Cup (L Group 1) ではカリフォルニアメモリーCalifornia Memoryから11/4、1/2馬身差の3着、前々走のシャティントロフィーSha Tin Trophy (L Group 2) は最下位の12着、前走のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) では中団の位置取りから直線でじわじわと伸びたものの、ゴール前で斜行による不利を受けて8着でした。鞍上はザカリー・パートンZachary Purton騎手です。

156.jpg

157.jpg

ドゥーナデン

 香港ヴァーズのパドック、本馬場入場でのドゥーナデンDunadenです。鞍上はジェイミー・スペンサーJamie Spencer騎手です。

154.jpg

155.jpg

レッドカドー

 香港ヴァーズのパドック、本馬場入場のレッドカドーRed Cadeauxです。鞍上はジェラルド・モッセGerald Mosse騎手です。

107.jpg

108.jpg

アスカクリチャン

 香港ヴァーズのパドック、本馬場入場でのアスカクリチャンAsuka Kurichanです。鞍上は岩田康誠Yasunari Iwata騎手です。

104.jpg

105.jpg

106.jpg

場内

 香港國際賽事当日です。今年も大勢の人がシャティン競馬場に詰めかけています。

101.jpg

102.jpg

103.jpg

プログラム

 当日のプログラムが配布されました。日本からもぜひ応援して下さい。

030.jpg

031.jpg

032.jpg

033.jpg

034.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2013 レース概要

バックナンバー

その他のレース