文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2014 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ドバイワールドカップ

 9レースは2000mAWのドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) が行われました。外枠からムカドラムMukhadramがハナを主張し、ホッコータルマエHokko Tarumaeが1コーナー手前で2番手に上がり、好スタートを切ったアフリカンストーリーAfrican Storyが3番手、ルーラーオブザワールドRuler of the Worldが1コーナーで4番手に上がり、内枠から好スタートのアキードモフィードAkeed Mofeedが5番手、サンショーウェズSanshaawes、サーファーSurfer、外にロンザグリークRon the Greek、内にベルシャザールBelshazzar、ミリタリーアタックMilitary Attack、内にヒルスターHillstar、外にサイドグランスSide Glance、キャットオマウンテンCat O'Mountain、ヴァンクーヴェリテVancouverite、レッドカドーRed Cadeaux、スタートでダッシュつかずプリンスビショップPrince Bishopがやや離れた最後方からのレースとなりました。逃げるムカドラムが2コーナーで3馬身のリードを取り、ロンザグリークが2番手のホッコータルマエに外から並びかけ、3コーナーでホッコータルマエの手応えが無くなり下がっていくと、3番手の内にいたアフリカンストーリーが2番手に上がって直線を向きました。ムカドラムもスパートし、外から並んだアフリカンストーリーが残り200mで先頭を奪うと、3番手以下は離れる一方となり、アフリカンストーリーが優勝しました。勝ちタイムは2:01.61で鞍上はシルヴェスター・デソウサSilvestre de Sousa騎手。2-3/4馬身差の2着にムカドラムが入り、後方から4コーナーで大外に持ち出したキャットオマウンテンが直線で鋭く伸びて4-1/4馬身差の3着、中団外から伸びを見せたサイドグランスが3/4馬身差の4着、直線で最内を突いたアキードモフィードがゴール前まで粘りを見せて短頭差の5着、後方から伸びたレッドカドーがハナ差の6着、ベルシャザールは3コーナーで位置取りを下げると、直線で最内を通ってやや盛り返したものの、ゴール前で伸びず11着、ルーラーオブザワールドは直線半ばで一杯となり13着、ホッコータルマエは最下位の16着に終わりました。

108.jpg

109.jpg

110.jpg

111.jpg

112.jpg

113.jpg

114.jpg

115.jpg

116.jpg

117.jpg

118.jpg

119.jpg

120.jpg

【速報版】9R Dubai World Cup

メインレースのドバイワールドカップは
ゴドルフィンのAFRICAN STORYが優勝
騎手、Silvestre De Sousa

期待された日本馬2頭は着外(11着ベルシャザール・16着ホッコータルマエ)に終わった

ベルシャザール
SO_S0596.JPG
ホッコータルマエ
SO_S0636.JPG
SOS_1062.JPG
SOS_1092.JPG
SOS_1107.JPG
SO_S0730.JPG
SOS_1134.JPG
SOS_1140.JPG
SOS_1190.JPG
SO_S0766.JPG
SOS_1305.JPG

ホッコータルマエ

 ドバイワールドカップのパドック、本馬場入場のホッコータルマエHokko Tarumaeです。鞍上は幸英明Hideaki Miyuki騎手です。

201.jpg

202.jpg

203.jpg

204.jpg

サンショーウェズ

 ドバイワールドカップの本馬場入場のサンショーウェズSanshaawesです。南アフリカ産、南アフリカのマイク・デコックMike de Kock師の管理する4歳騸馬で通算成績は16戦3勝です。一昨年12月にケニルワースKenilworth競馬場で行われたケープギニーCape Guineas (Grade 1) でケープタウンノワールCapetown Noirの5着、昨年1月ケニルワース競馬場でのケープダービーCape Derby (Grade 1) では、ケープタウンノワールに、クビ、クビ差の3着でした。その後トレードされてデコック厩舎に移籍するとUAEを拠点とし、今年に入って4戦しており、芝とタペタの一般戦で各1勝した後、前走のアルマクトゥームチャレンジ ラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 1) ではプリンスビショップPrince Bishopに1-1/4馬身差の2着に入りました。鞍上は今年からコンビを組んでいるクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

228.jpg

229.JPG

ベルシャザール

 ドバイワールドカップのパドック、本馬場入場のベルシャザールBelshazzarです。鞍上はクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手です。

205.jpg

206.jpg

207.jpg

クリストフ・ルメール騎手

 ドバイワールドカップのパドックでのクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手です。

107.jpg

ジョアン・モレイラ騎手

 ドバイワールドカップのパドックでのジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

200.jpg

幸英明騎手

 ドバイワールドカップのパドックでの幸英明 Hideaki Miyuki騎手です。

106.jpg

記念撮影

 ドバイシーマクラシックの表彰式後の記念撮影です。

098.jpg

ライアン・ムーア騎手

 ドバイシーマクラシックの表彰式でのライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

092.jpg

093.jpg

094.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース