文字サイズ

文字サイズとは?



2014 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ドバイワールドカップ

 9レースは2000mAWのドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) が行われました。外枠からムカドラムMukhadramがハナを主張し、ホッコータルマエHokko Tarumaeが1コーナー手前で2番手に上がり、好スタートを切ったアフリカンストーリーAfrican Storyが3番手、ルーラーオブザワールドRuler of the Worldが1コーナーで4番手に上がり、内枠から好スタートのアキードモフィードAkeed Mofeedが5番手、サンショーウェズSanshaawes、サーファーSurfer、外にロンザグリークRon the Greek、内にベルシャザールBelshazzar、ミリタリーアタックMilitary Attack、内にヒルスターHillstar、外にサイドグランスSide Glance、キャットオマウンテンCat O'Mountain、ヴァンクーヴェリテVancouverite、レッドカドーRed Cadeaux、スタートでダッシュつかずプリンスビショップPrince Bishopがやや離れた最後方からのレースとなりました。逃げるムカドラムが2コーナーで3馬身のリードを取り、ロンザグリークが2番手のホッコータルマエに外から並びかけ、3コーナーでホッコータルマエの手応えが無くなり下がっていくと、3番手の内にいたアフリカンストーリーが2番手に上がって直線を向きました。ムカドラムもスパートし、外から並んだアフリカンストーリーが残り200mで先頭を奪うと、3番手以下は離れる一方となり、アフリカンストーリーが優勝しました。勝ちタイムは2:01.61で鞍上はシルヴェスター・デソウサSilvestre de Sousa騎手。2-3/4馬身差の2着にムカドラムが入り、後方から4コーナーで大外に持ち出したキャットオマウンテンが直線で鋭く伸びて4-1/4馬身差の3着、中団外から伸びを見せたサイドグランスが3/4馬身差の4着、直線で最内を突いたアキードモフィードがゴール前まで粘りを見せて短頭差の5着、後方から伸びたレッドカドーがハナ差の6着、ベルシャザールは3コーナーで位置取りを下げると、直線で最内を通ってやや盛り返したものの、ゴール前で伸びず11着、ルーラーオブザワールドは直線半ばで一杯となり13着、ホッコータルマエは最下位の16着に終わりました。

108.jpg

109.jpg

110.jpg

111.jpg

112.jpg

113.jpg

114.jpg

115.jpg

116.jpg

117.jpg

118.jpg

119.jpg

120.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース