文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2014 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

石坂正調教師

 ドバイシーマクラシックの表彰式での石坂正Sei Ishizaka調教師です。

095.jpg

096.jpg

097.jpg

吉田俊介氏

 ドバイシーマクラシックの表彰式での吉田俊介Shunsuke Yoshida氏です。

089.jpg

090.jpg

091.jpg

ジェンティルドンナ

 ドバイシーマクラシックを優勝したジェンティルドンナGentildonnaです。道中では度重なる不利があった上、直線半ばで包まれて外への出し方が強引で、決してスムーズな内容ではありませんでしたが、それでもゴール前では余裕を持って抜け出し、昨年の雪辱を果たしました。他馬からの執拗なマークを振り払ったライアン・ムーアRyan Moore騎手の強さが光りました。

082.jpg

083.jpg

084.jpg

085.jpg

099.jpg

100.jpg

086.jpg

087.jpg

088.jpg

ドバイシーマクラシック

 8レースに2410m芝のドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) が行われました。スタート後にハナを主張する馬はおらず、内枠から好スタートを切ったデニムアンドルビーDenim and Rubyが1コーナーで押し出されるように先頭に立ち、フェスティヴチアーFestive Cheerが2番手の外、エクセレントリザルトExcellent Result、外にトワイライトエクリプスTwilight Eclipse、その後ろのアンビヴァレントAmbivalentに押し出されてジェンティルドンナGentildonnaはやや下がり、さらに内にいたマーズMarsが1コーナーで心臓発作を起こして外に逸走したため数頭が不利を受け、特にエンポリEmpoliは一緒に外に振られて位置取りを下げました。マーズはそのまま2コーナーの外ラチに激突して競走中止し、ジェンティルドンナは中団の内に収まると、その外にシリュスデゼーグルCirrus des Aiglesが付け、マウントアトスMount Athos、エンポリはその後ろとなり、内にドゥーナデンDunaden、ミアンドルMeandre、1コーナーで不利を受けたダブデイDubday、マジシャンMagician、好スタートを切ったものの1コーナーで最後方まで下げたドミナントDominantと続きました。デニムアンドルビーはゆったりとしたペースを保ち、持ったまま直線を向いたものの、4コーナーで仕掛けたアンビヴァレントが残り400mで先頭に立つと、その後ろを通ってジェンティルドンナも進出しましたが、アンビヴァレントに内をカットされた上に外からシリュスデゼーグルに被せられて手綱を引く大きな不利。残り250mでジェンティルドンナが外に切り返すと、競り合ってたアンビヴァレントとシリュスデゼーグルを残り100mで差し切り優勝しました。勝ちタイムはレコードの2:27.25で鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手。1-1/2馬身差の2着にシリュスデゼーグル、1/2馬身差の3着にアンビヴァレント、直線で後方にいたエンポリとドミナントか並んで伸びてきたもののエンポリは1/2馬身差の4着、ドミナントは短頭差の5着、直線で挟まる不利のあったマジシャンがクビ差の6着、デニムアンドルビーは10着でゴールしました。

048.jpg

049.jpg

050.jpg

051.jpg

052.jpg

053.jpg

054.jpg

055.jpg

【速報版】8R Dubai Sheema Classic

8RのDubai Sheema Classicは
ジャパンカップ2連覇のジェンティルドンナが優勝!
騎手はライアン・ムーア
デューティーフリーに次ぐ日本馬の連勝となりました。

デニムアンドルビーは10着に敗れました。

デニムアンドルビー
SOS_0325.JPG

SOS_0337.JPG
SOS_0445.JPG
SOS_0473.JPG
SOS_0485.JPG
SOS_0579.JPG
SO_S0450.JPG
SOS_0623.JPG
SOS_0707.JPG
SO_S0494.JPG

ジェンティルドンナ

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場のジェンティルドンナGentildonnaです。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

125.jpg

126.jpg

ダブデイ

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場のダブデイDubdayです。カタール調教の4歳牡馬で通算成績は8戦4勝です。ドイツでデビューし、5戦1勝の戦績でカタールに移籍しました。昨年12月のカタールダービーQatar Derby (L Group 1) では中団馬群の内から直線で馬群の間を鋭く伸びて抜け出しビーチクラブBeach Clubに2馬身差を付けて優勝すると、今年2月に行われたカタールゴールドカップQatar Gold Cup (L Group 1) では後方から直線で抜け出してベリーナイスネームVery Nice Nameの追撃を3/4馬身差退け、その後アルシャカブレーシングAl Shaqab Racingにトレードされ、2月末のアミル殿下トロフィーH H The Emir's Trophy (L Group 1) では中団馬群の中から直線で鋭く伸びてゴール前で差し切るとペーターアンダースPeter Andersに3/4馬身差を付けてカタールG1を3連勝としました。鞍上は前走からのコンビとなるランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手です。

225.jpg

ミアンドル

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場のミアンドルMeandreです。UAE調教の6歳牡馬で通算成績は28戦6勝です。11年のパリ大賞Grand Prix de Paris (Group 1) を優勝し、凱旋門賞Prix de l'Arc de Triomphe (Group 1) はデインドリームDanedreamの6着、12年はサンクルー大賞Grand Prix de Saint-Cloud (Group 1) 、独ホッペガルテンHoppegarten競馬場のベルリン大賞Grosser Preis von Berlin (Group 1) とG1を連勝し、フォワ賞Prix Foy (Group 2) ではオルフェーヴルOrfevreから1馬身差の2着、凱旋門賞はソレミアSolemiaの12着、香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) はレッドカドーRed Cadeauxから短頭、1/2馬身差の3着でした。昨年のドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) 前にラムザン・カディロフRamzan Kadyrov氏にトレードされて出走したもののアニマルキングダムAnimal Kingdomの6着に終わると、デビューからのアンドレ・ファーブルAndre Fabre厩舎も離れました。その後、シンガポール航空インターナショナルカップSingapore Airlines International Cup (Group 1) はミリタリーアタックMilitary Attackの9着、ベルリン大賞はナンフェアNympheaから3、1-1/2馬身差の3着、独バーデンバーデンBaden-baden競馬場のバーデン大賞Grosser Preis von Baden (Group 1) はノヴェリストNovellistから3/4、3/4馬身差の3着、独ケルンCologne競馬場のオイロパ賞Preis von Europa (Group 1) を優勝して挑んだ凱旋門賞はトレヴTreveの10着でした。その後、UAEのダグ・ワトソンDoug Watson厩舎に移籍するとメイダンで3戦しており、タペタの一般戦3着、芝の一般戦2着、前走のドバイシティオブゴールドDubai City of Gold (Group 2) では3番手から直線で先頭に並びかけたものの、ゴール前で伸びを欠いてエクセレントリザルトExcellent Resultの4着でした。鞍上はUAE移籍後からのコンビとなるパトリック・ドッブスPatrick Dobbs騎手です。

224.jpg

アンビヴァレント

 ドバイデューティーフリーの本馬場入場のアンビヴァレントです。英ロジャー・ヴァリアンRoger Varian師の管理する5歳牝馬で通算成績は12戦4勝です。一昨年に仏ロンシャンLongchamp競馬場で行われたオペラ賞Prix de l'Opera (Group 1) でリダジーナRidasiynaの12着。昨年6月に愛カラCurragh競馬場のプリティポリーSPretty Polly Stakes (Group 1) では逃げて直線で外から並ばれながらもしぶとく粘ってワズWasに1/2馬身差を付けて優勝し、これが初重賞制覇となりました。8月にグッドウッドGoodwood競馬場のナッソーSNassau Stakes (Group 1) では先行グループでレースを進めたものの、直線で一杯となると最後は流してウィンシリWinsiliの9着。前走は9月にトルコのヴェリエフェンディVeliefendi 競馬場で行われたインターナショナルボスフォラスカップInternational Bosphorus Cup (Group 2) に参戦し、逃げて直線で並ばれてから踏ん張ったものの、ゴール前でロストインザモーメントLost in The Momentに差し切られて1馬身差の2着でした。鞍上は前走でも騎乗したアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手です。

226.jpg

ドゥーナデン

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場のドゥーナデンDunadenです。鞍上はジェイミー・スペンサーJamie Spencer騎手です。

223.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース