文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2014 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

【速報版】6R Dubai Golden Shaheen

6RのDubai Golden Shaheenは
STERLING CITYが優勝
騎手は、Joao Moreira
SOS_9917.JPG
SOS_9932.JPG
SOS_9948.JPG
SOS_0044.JPG
SO_S9997.JPG

アルクオーツスプリント

 5レースは直線1000m芝のアルクオーツスプリントAl Quoz Sprint (Group 1) が行われました。シェイシェイShea Sheaが出遅れて最後方からとなり、ショラーンSholaan、キャットコールCatcallも後方からとなりました。スタートダッシュからアンバースカイAmber Skyがハナに立つと後続に2馬身のリードをとり、ハムザHamzaが2番手、バリーノディタイガーBerlino di Tigerが3番手、やや離れてビートベイビーBeat Baby、アートゥーグAhtoug、メディシアンマンMedicean Man、ソウルパワーSole Power、ジョイアンドファンJoy and Funが先行グループとなりました。残り500mで先頭のアンバースカイが外ラチ沿いに進路を取り、アートゥーグがその内に入り、残り400mまで最後方だったシェイシェイが残り200mでアートゥーグの内に切れ込んで3頭の競り合いとなり、アンバースカイが残して優勝しました。勝ちタイムは0:56.21で鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手。クビ差の2着にアートゥーグ、アタマ差の3着にシェイシェイが入り、先行グループで粘ったメディシアンマンが1-1/4馬身差の4着、後方2番手から外ラチ沿いを伸びたキャットコールが短頭差の5着、先行して粘りを見せたハムザが最後は一杯となり1/2馬身差の6着、ソールパワーは短頭差の7着でした。

146.jpg

147.jpg

148.jpg

149.jpg

150.jpg

【速報版】5R Al Quoz Sprint

5RのAl Quoz Sprintは
AMBER SKYが優勝
騎手、Joao Moreira
オーナーは香港映画でおなじみのHung Kam Po(サモハン・キンポー氏)
SOS_9803.JPG
SOS_9817.JPG
SOS_9826.JPG
SOS_9830.JPG
SO_S9823.JPG
サモハン・キンポー氏(左端)
SO_S9829.JPG

UAEダービー

 4レースは3歳1900mAWのUAEダービーUAE Derby (Group 2) が行われました。最内枠からセーフティチェックSafety Checkがハナに立ち、トーストオブニューヨークToast of New Yorkが2番手、サージョンホーキンスSir John Hawkins、外にキングルビKing Rubiと続き、好スタートを切ったパクシマディアPaximadiaは控えて5番手となり、エミレーツフライヤーEmirates Flyer、外にアズマーAsmar、サージャックレイデンSir Jack Layden、ロングジョンLong John、ジョヴァンニボルディーニGiovanni Boldini、後方2番手にクープタドゥCooptado、スタート後に下げたジャロータJallotaが最後方からのレースとなりました。向正面でアズマーが位置取りを上げて3番手の外に付け、3コーナーで逃げるセーフティチェックがペースを上げると4番手以降はやや離れて直線を向きました。セーフティチェックは残り300mで一杯となると、2番手に付けていたトーストオブニューヨークが満を持して抜け出し、3番手のアズマーも前を追いますが、差は縮まることなくトーストオブニューヨークが優勝しました。勝ちタイムは1:57.92で鞍上はジェイミー・スペンサーJamie Spencer騎手。2着のアズマーは2-1/2馬身差で入り、中団から直線で伸びたエミレーツフライヤーが1-1/4馬身差の4着、エミレーツフライヤーの内に併せて上がってきたジョヴァンニボルディーニがハナ差の4着、直線半ばまで後方にいたクープタドゥがゴール前で鋭い伸び脚を見せて6-1/4馬身差の5着に入りました。

151.jpg

152.jpg

153.jpg

154.jpg

155.jpg

156.jpg

157.jpg

158.jpg

【速報版】4R UAE Derby

4RのUAE Derbyは
TOAST OF NEW YORKが優勝
騎手、Jamie Spencer
スペンサー騎手は連勝!
SOS_9677.JPG
SOS_9688.JPG
SOS_9705.JPG
SOS_9750.JPG
SO_S9690.JPG

ドバイゴールドカップ

 3レースは3200m芝のドバイゴールドカップDubai Gold Cup (Group 2) が行われました。スタート後のゆったりとした流れの中からジョシュアツリーJoshua Treeがハナに立ち、シメノンSimenonが2番手の外、ラルストンロードRalston Roadが3番手の内、キャバルリーマンCavalryman、内にアーネストヘミングウェイErnest Hemingway、外にナウウィーキャンNow We Can、その後ろにスターエンパイアStar Empire、ソングクラフトSongcraft、モーメントインタイムMoment in Time、ダバディアンDabadiyanが一団で続き、後方にザイスモスSeismos、内にサドラーズロックSaddler's Rock、外にサーテラックCerterach、2馬身離れてジャムルJamr、やや出遅れたシェイクザイードロードSheikhzayedroadが最後方からとなりました。2コーナーでナウウィーキャンが先頭を奪うと向正面ではラルストンロードがさらに先頭を奪い、シメノンがその外に付けてジョシュアツリーは4番手に下がりました。直線を向いて粘るラルストンロードに、好位に付けていたソングクラフトとモーメントインタイムが外から並びかけますが、さらに後ろにいたサーテラックが残り200mで先頭に立つと一気に内に切れ込んで後続を引き離しました。馬群の中から抜け道を探していたキャバルリーマンが残り150mでサーテラックに進路を塞がれて切り返し、ゴール前で猛然と追い上げたもののクビ差届かず、サーテラックが優勝しました。勝ちタイムは3:23.14で鞍上はジェイミー・スペンサーJamie Spencer騎手。中団馬群からサーテラックの抜けた進路を伸びてスターエンパイアが2-1/4馬身差の3着、モーメントインタイムが1/2馬身差の4着、ラルストンロードが粘りを見せて3/4馬身差の5着、ジョシュアツリー11着、シメノン15着でした。

159.jpg

160.jpg

161.jpg

162.jpg

163.jpg

164.jpg

165.jpg

166.jpg

【速報版】3R Dubai Gold Cup

3RのDubai Gold Cupは
CERTERACHが優勝
騎手はJamie Spencer
SOS_9513.JPG
SOS_9517.JPG
SOS_9530.JPG
SOS_9585.JPG
SO_S9510.JPG
SO_S9545.JPG

ブライトライン

 ゴドルフィンマイルのレース後のブライトラインBrightlineです。スタートでやや遅れたものの、外枠だったため向正面に入るところでは3番手に付け、直線残り100mまで単独3番手でしたがゴール前で粘れず5着でした。鞍上は福永祐一Yuichi Fukunaga騎手です。

186.jpg

187.jpg

188.jpg

ゴドルフィンマイル

 2レースは1600mAWのゴドルフィンマイルGodolphin Mile (Group 2) がフォージャットForjatt出走取消の15頭立てで行われました。外枠から好スタートを切ったヴァライエティクラブVariety Clubがハナに立ち、ソフトフォーリングレインSoft Falling Rainが2番手、3番手の内にグローリーアウェイツGlory Awaits、中にゴールドシティーGold City、外にブライトラインBrightline、その後ろにエレヴァルElleval、内にペニテントPenitent、外にリマリオLimario、中団馬群の中にシュルクShuruqが付け、ハーテックHaatheqはその外、後方にフローティラFlotilla、イースタンルールズEastern Rules、ガブリエルGabrial、スタートで出遅れたキャピタルアトラクションCapital Attractionと続き、最後方からマルオブキローMull of Killoughという展開になりました。直線を向いて逃げるヴァライエティクラブがやや引き離し、2番手のソフトフォーリングレインが懸命に追いますが差は詰まらず、ヴァライエティクラブがそのまま逃げ切って優勝しました。勝ちタイムは1:37.28で鞍上はアントン・マーカスAnton Marcus騎手。1馬身差の2着にソフトフォーリングレインが入り、後方から残り300mで外に出して鋭く伸びたフローティラがハナ差の3着、先行グループで踏ん張ったゴールドシティーが1-1/4馬身差の4着、ブライトラインは残り100mまで3番手だったものの、最後に踏ん張れず短頭差の5着でした。

167.jpg

168.jpg

169.jpg

170.jpg

171.jpg

172.jpg

173.jpg

【速報版】2R Godolphin Mile

2RのGodolphin Mileは
VARIETY CLUBが優勝
騎手、Anton Marcus

日本のブライトラインは先行し好位につけるも最後は5着で入線
SOS_9296.JPG
SOS_9328.JPG
SOS_9337.JPG
SOS_9353.JPG
SO_S9340.JPG
IMG_3650.JPG
SOS_9363.JPG
SOS_9397.JPG
SOS_9419.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース