文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

【速報版】8R PRIX DU CADRAN(カドラン賞)

8R カドラン賞
勝ったのはHIGH JINX
騎手RL.MOORE(ムーア)
SOS_9762.JPG
SOS_9780.JPG
SOS_9790.JPG
SO_S9295.JPG
SOS_9848.JPG

【速報版】7R PRIX DE LA FORET(フォレ賞)

7Rフォレ賞
勝ったのはOLYMPIC GLORY
騎手L.DETTORI(デットーリ)
SOS_9577.JPG
SOS_9594.JPG
SOS_9620.JPG
SOS_9654.JPG
SOS_9674.JPG

【速報版】6R QATAR ARABIAN WORLD CUP(アラビアンワールドカップ)

6R アラビアンワールドカップ
勝ったのはDJAINKA DES FORGES
騎手CP.LEMAIRE
IMG_4511.JPG
IMG_4532.JPG
SO_S9244.JPG
IMG_4589.JPG
IMG_4628.JPG

記念撮影

 凱旋門賞の表彰式後の記念撮影です。

232.JPG

ティエリ・ジャルネ騎手

 凱旋門賞の表彰式でのティエリ・ジャルネThierry Jarnet騎手です。凱旋門賞は4勝目となります。

231.JPG

クリスティアーヌ・ヘッド調教師

 凱旋門賞の表彰式でのクリスティアーヌ・ヘッドMme. Christiane Head-Maarek調教師です。

230.JPG

ジョアン殿下

 凱旋門賞の表彰式でのジョアン殿下Sheikh Joaan bin Hamad Al-Thaniです。

228.JPG

229.JPG

トレヴ

 凱旋門賞を優勝したトレヴTreveです。昨年の凱旋門賞は後方からフォルスストレートで一気に先団に取り付いて直線で突き抜けて優勝しました。前哨戦のヴェルメイユ賞でも同様に後方からのレースを試みたものの4着に敗退し、今回は一転、先行グループの内に付ける正攻法に出ました。直線を向くところで先頭の2頭がやや外を周ったため、前がぽっかりと開いて苦も無く抜け出すと残り350mで単独先頭に立ち、残り300mからスパートすると後続を引き離し、見事に凱旋門賞連覇を果たしました。凱旋門賞の連覇は36年ぶり6頭目、牝馬では史上2頭目という快挙で、今年に入ってからの不振を見事に払拭しました。

209.JPG

210.JPG

211.JPG

212.JPG

213.JPG

214.JPG

215.JPG

216.JPG

217.JPG

218.JPG

219.JPG

220.JPG

221.JPG

ゴールドシップ

 凱旋門賞のレース後のゴールドシップGold Shipです。道中最後方を追走し、フォルスストレートで押し上げていくと後方馬群の外に付け、そのまま馬群に押し出されるように直線で外へ行くと、そこからの伸びは無く14着に終わりました。鞍上は横山典弘Norihiro Yokoyama騎手です。

207.JPG

208.JPG

ジャスタウェイ

 凱旋門賞のレース後のジャスタウェイJust A Wayです。序盤は中団馬群の中でレースを進め、フォルスストレートで後方の内へと下がって直線を向くと、最内を突いて差を詰めたのの前が壁となって割って伸びることはできず、残り200mで切り返して馬群の間を伸びたものの既に大勢は決しており、ハープスターにアタマ、短アタマ差の8着でゴールしました。馬群が直線で広がったことで内を突いた影響はさほど無かったものの、澱みなく流れたスピード決着でこそ真価を発揮する馬だけに、持ち味を出せずに終わったという印象です。鞍上は福永祐一Yuichi Fukunaga騎手です。

204.JPG

205.JPG

206.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース