文字サイズ

文字サイズとは?



2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ジャンリュックラガルデール賞

 3レースは2歳馬の1400m戦、ジャンリュックラガルデール賞Prix Jean-Luc Lagardere (Grand Criterium) (Group 1) がミッドサマーMindsomer取り消しの9頭立てで行われました。スタート後に2番枠からシトロンスピリットCitron Spiritがハナに立ちますが、残り1000mでザワウシグナルThe Wow Signalがハナを奪うと、2番手の外にフルマストFull Mast、シトロンスピリットは3番手の内となり、テリトリーズTerritories、内にアクタバンテイAktabantay、外にヌキフェラNucifera、後方にグレニーグルズGleneagles、その内バーントシュガーBurnt Sugar、最後方からウォーエンヴォイWar Envoyという隊列になりました。残り400mでフルマストが先頭に立ち、その外にヌキフェラが並びかけにいきますが、後方にいたグレニーグルズがスパートすると、残り200mで外から一気に先頭に躍り出ます。ところが、グレニーグルズはゴール前で内に斜行し、フルマストと最内から伸びていたテリトリーズの走行を妨害したとして、1着入線ながら3着に降着となりました。レースタイムは1:20.11で1/2馬身差の2着から繰り上がり優勝したのはフルマスト、鞍上はティエリ・ジャルネThierry Thulliez騎手。短頭差の2着にテリトリーズ、クビ差の4着は後方から馬群の間を伸びたバーントシュガーでした。

248.JPG

249.JPG

250.JPG

251.JPG

252.JPG

253.JPG

254.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース