文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ジュベナイルターフステークス

 2レースにブリーダーズカップチャレンジ競走でもある2歳1600m戦のジュベナイルターフSJuvenile Turf Stakes (Group 3) が行われました。イーストインディアEast Indiaがレースを引っ張り、2番手の外にフェイスフルクリークFaithful Creek、3番手の内にトンブレーヌTombelaineと続き、断然人気に支持されたジョンエフケネディJohn F Kennedyが単独の4番手、その後ろにベルティレベルジBertie le Belge、ヴォーカライザーVocaliser、最後方からアプルバーリApprobareとなりました。ジョンエフケネディが直線を向くところでいて先頭に立つと、後続を突き離して優勝しました。勝ちタイムは1:38.44で鞍上はジョセフ・オブライエンJoseph O'Brien騎手。3番手の内から直線で前を塞がれながらも伸びを見せたトンブレーヌが3-1/2馬身差の2着、フェイスフルクリークが2-1/4馬身差の3着に入りました。

088.JPG

089.JPG

090.JPG

091.JPG

092.JPG

チャンピオンズセール

 1レースの開始前にはパドックで競りも行われました。

085.JPG

086.JPG

087.JPG

スノーフェアリー像

 パドックの脇にスノーフェアリー像ができていました。

082.JPG

 レパーズタウン競馬場では一昨年の愛チャンピオンSをレコードタイムで勝利していますが、日本のエリザベス女王杯2勝、香港カップ優勝が末永く語り継がれることでしょう。

083.JPG

084.JPG

コース

 レパーズタウン競馬場のコースです。

074.JPG

 ホームストレッチは中央で仕切られており、前半レースは内側、後半レースは外側など使い分けされています。

075.JPG

076.JPG

080.JPG

081.JPG

077.JPG

078.JPG

079.JPG

入場門

 バス停から徒歩で約10分、入場門に到着です。

069.JPG

070.JPG

071.JPG

072.JPG

 今年は翌日のカラ競馬場開催と合わせてアイリッシュチャンピオンズウィークエンドIrish Champions Weekendとして行われました。

073.JPG

レパーズタウン競馬場へ

 13日は愛チャンピオンSの行われるレパーズタウン競馬場に向かいました。ダブリン空港からエアコーチの700 Leopardstown行きに乗ります。約60分乗車し、Burton Hall Roadが競馬場入口の最寄り停留所となります。

068.JPG

最終レース

 場内のバーです。最終レース後もしばらく賑わいが続いていました。

066.JPG

 後半の障害レースの時間には多くの客で賑わいを見せました。

067.JPG

夕暮れ

 最終レースとなる午後7時近くにようやく日が傾きます。

065.JPG

障害レース

 障害レースの様子です。

060.JPG

061.JPG

062.JPG

063.JPG

064.JPG

馬券

 場内の馬券販売窓口です。

057.JPG

 馬券は一般的な感熱紙タイプです。

058.JPG

 やはりブックメーカーの方が賑わっています。

059.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース