文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ハープスター

 凱旋門賞の本馬場入場のハープスターHarp Starです。鞍上は川田将雅Yuga Kawada騎手です。

195.JPG

196.JPG

197.JPG

タグルーダ

 凱旋門賞の本馬場入場のタグルーダTaghroodaです。英ジョン・ゴスデンJohn Gosden師の管理するシーザスターズSea the Stars産駒の3歳牝馬で、通算5戦4勝です。英オークスOaks (Group 1) では先行グループの後ろから直線半ばで先頭に立つと、ターファシャTarfashaに3-3/4馬身差を付けて優勝しました。続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスSKing George VI And Queen Elizabeth Stakes (Group 1) では古馬相手ながら後方2番手から直線で差し切り、テレスコープTelescopeに3馬身差を付けました。前走は8月にヨークYork競馬場で行われたヨークシャーオークスYorkshire Oaks (Group 1) に出走し、後方から直線半ばで先頭に立ったものの、最後方から伸びたタペストリーTapestryにゴール前で競り負けて1/2馬身差の2着でした。鞍上は2戦目からコンビを組むポール・ハナガンPaul Hanagan騎手です。

194.JPG

198.JPG

ドルニヤ

 凱旋門賞の本馬場入場のドルニヤDolniyaです。アラン・ド・ロワイエデュプレAlain de Royer-Dupre師の管理するアザムールAzamour産駒の3歳牝馬で、通算成績は5戦3勝です。前々走6月にサンクルーSaint-cloud競馬場で行われたマルレ賞Prix de Malleret (Group 2) を優勝すると、前走のヴェルメイユ賞Prix Vermeille (Group 1) では後方2番手から直線でトレヴTreveの内を競り合いながら上がり、バルティックバロネスBaltic Baronessに短頭、1-1/4馬身差の3着でした。鞍上はデビューからのコンビとなるクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

193.JPG

アヴニールセルタン

 凱旋門賞の本馬場入場のアヴニールセルタンAvenir Certainです。フランス調教ルアーヴルLe Havre産駒の3歳牝馬で、通算成績は6戦6勝です。仏1000ギニーにあたるプールデッセデプーリッシュPoule d'Essai des Pouliches (Group 1) では後方馬群の内から直線で外に持ち出すとゴール前で鋭く伸びてヴェーダVedaに1-1/4馬身差を付けて優勝すると、続く仏オークスのディアヌ賞Prix de Diane (Group 1) でも後方3番手から直線で鋭く伸びて、アムールアパパAmour a Papaに1馬身差で優勝しました。前走は8月にドーヴィルDeauville競馬場で行われたノネット賞Prix de la Nonette (Group 2) で、Very Softの道悪も苦にせずゴール前で抜け出し、クロルCrisollesに1-1/2馬身差を付けて勝利しています。 鞍上は同馬に初騎乗となるクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手です。

191.JPG

フリーポートラックス

 凱旋門賞の本馬場入場のフリーポートラックスFree Port Luxです。フランス調教オアシスドリームOasis Dream産駒の3歳牡馬で通算成績は9戦3勝です。今年5月にロンシャンLongchamp競馬場で行われたオカール賞Prix Hocquart (Group 2) を勝利して挑んだ仏ダービーのジョッキークラブ賞Prix du Jockey Club (Group 1) はザグレイギャッツビーThe Grey Gatsbyの14着でした。続くパリ大賞Grand Prix de Paris (Group 1) では後方から直線で大外を通って追い上げてギャランテGallanteの4着に入ると、8月にドーヴィルDeauville競馬場で行われたギヨームドルナーノ賞Prix Guillaume d'Ornano (Group 2) でゲイロチョップGailo Chopに3-1/2馬身差の2着となり、前走ロンシャン競馬場のプリンスドランジュ賞Prix du Prince d'Orange (Group 3) をアタマ差で勝利しました。鞍上は前々走からのコンビとなるミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手です。

188.JPG

キングストンヒル

 凱旋門賞の本馬場入場のキングストンヒルKingston Hillです。英ロジャー・ヴァリアンRoger Varian師の管理するマスタークラフツマンMastercraftsman産駒の3歳牡馬で、通算7戦4勝です。昨年10月にドンカスターDoncaster競馬場で行われたレーシングポストトロフィーRacing Post Trophy (Group 1) で4-1/2馬身差で優勝し3戦全勝としました。英2000ギニー2000 Guineas Stakes (Group 1) では外ラチ集団の中団のままナイトオブサンダーNight of Thunderの8着に終わりましたが、英ダービーDerby (Group 1) では3番手に付けると直線で先頭に立ち、残り200mでオーストラリアAustraliaに交わされて1-1/4馬身差の2着に入りました。7月に古馬との対戦となったエクリプスSCoral-Eclipse (Group 1) でムカドラムMukhadramの4着に敗退し、前走の英セントレジャーSt Leger Stakes (Group 1) では後方から直線大外を通って差し切り、ロムスダールRomsdalに1-1/4馬身差を付け優勝しました。鞍上は主戦のアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手です。

187.JPG

プランスジブラルタル

 凱旋門賞の本馬場入場のプランスジブラルタルPrince Gibraltarです。フランス調教ロックオブジブラルタルRock Of Gibraltar産駒の3歳牡馬で通算成績は7戦3勝です。昨年11月にサンクルーSaint-cloud競馬場で行われたクリテリウムドサンクルーCriterium de Saint-Cloud (Group 1) で道中最後方を進むと、直線を向いて一頭だけ外ラチ沿いまで持ち出して鋭く伸び、ベレニカBereni Kaに5馬身差を付けて優勝しました。今年5月にサンクルー競馬場のグレフュール賞Prix Greffulhe (Group 2) も勝利すると、仏ダービーのジョッキークラブ賞Prix du Jockey Club (Group 1) に駒を進めますが、最後方の位置取りから直線で外に持ち出すのが遅れ、残り150mから鋭く追い込んだもののザグレイギャッツビーThe Grey Gatsbyに3馬身、短首差の3着でした。その後トレードされて出走したパリ大賞Grand Prix de Paris (Group 1) では道悪をものともせず中団外からゴール前で鋭い伸びを見せたものの、ギャランテGallanteに短首差届かずの2着に終わり、前走ドーヴィルDeauville競馬場のギヨームドルナーノ賞Prix Guillaume d'Ornano (Group 2) では直線で外にもたれて伸びを欠いて、ゲイロチョップGailo Chopに3-1/2馬身、クビ差の3着でした。鞍上は同馬に初騎乗となるジャンベルナール・ユケームJean-Bernard Eyquem騎手です。

186.JPG

モンヴィロン

 凱旋門賞の本馬場入場のモンヴィロンMontvironです。フランス調教の3歳牡馬で通算成績は4戦1勝。エクトのラビットとしての出走です。鞍上はシリル・ステファンCyrille Stefan騎手です。

184.JPG

エクト

 凱旋門賞のパドック、本馬場入場のエクトEctotです。前走はニエル賞Prix Niel (Group 2) を優勝しました。鞍上はグレゴリー・ブノワGregory Benoist騎手です。

201.JPG

181.JPG

チキータ

 凱旋門賞の本馬場入場のチキータChicquitaです。愛エイダン・オブライエンAidan O'Brien師の管理する4歳牝馬で、通算成績は5戦1勝です。昨年、仏オークスのディアヌ賞Prix de Diane (Group 1) で道中最後方から直線残り300mで大外に持ち出すと鋭く伸びてトレヴTreveに4馬身差の2着となると、続く愛オークスIrish Oaks (Group 1) では3番手からゴール前でヴィーナスデミロVenus de Miloを1/2馬身差し切り優勝しました。その後クールモアCoolmoreにトレードされると仏アラン・ド・ロワイエデュプレAlain de Royer-Dupre厩舎から移籍となります。1年2ヶ月ぶりの出走となった前走カラCurragh競馬場のブランドフォードSBlandford Stakes (Group 2) はターファシャTarfashaに1-3/4馬身差の2着でした。鞍上は前走からコンビを組むジョセフ・オブライエンJoseph O'Brien騎手です。

192.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース