文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

2014 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ダニエル・タドホープ騎手

 アベイユドロンシャン賞の表彰式のダニエル・タドホープDaniel Tudhope騎手です。

242.JPG

デヴィッド・オメーラ調教師

 アベイユドロンシャン賞の表彰式のデヴィッド・オメーラDavid O'Meara調教師です。英ノースヨークシャーのナウトンNawtonに厩舎を構えています。

241.JPG

アベイユドロンシャン賞

 1レースは直線1000mのアベイユドロンシャン賞Prix de l'Abbaye de Longchamp (Group 1) が行われました。スタートダッシュから2歳馬のコタイグローリーCotai Gloryがハナに立ち、ステッパーポイントStepper Pointが2番手、ホットストリークHot Streak、2歳馬のゴーケンGoken、サーマキシミリアンSir Maximilianと先行争いに加わり、ソールパワーSole Powerはスタートが良くなく中団馬群の中から。残り500mでコタイグローリーは一杯となり、ランガリRangaliが先行馬群の中から伸びを見せ、残り200mで抜け出すと1馬身のリードを取ります。ゴール前で内からモヴィエスタMoviesta、外からムーヴインタイムMove in Timeが伸びて、3頭並ぶと、僅かに外のムーヴインタイムが出てゴールしました。勝ちタイムは0:56.42で鞍上はダニエル・タドホープDaniel Tudhope騎手。アタマ差の2着にランガリ、アタマ差の3着にモヴィエスタ、中団の位置取りから追い込んだスピリットクオーツSpirit Quartzがアタマ差の4着、圧倒的人気のソウルパワーは追い上げを見せたものの残り250mで進路が塞がり8着に終わりました。

233.JPG

234.JPG

235.JPG

236.JPG

237.JPG

238.JPG

239.JPG

240.JPG

【速報版】1R PRIX DE L'ABBAYE DE LONGCHAMP(アベイユドロンシャン賞)

G1レースが8つ続く凱旋門賞デー
1Rは直線1000mのアベイユドロンシャン賞

勝ったのはMOVE IN TIME
騎手D.Tudhope
SOS_8019.JPG
SOS_8045.JPG
SOS_8071.JPG
IMG_3869.JPG

開門

凱旋門賞当日を迎えました、昨夜の雨の影響で肌寒いパリのロンシャン競馬場。
現地時間の11時に開門しました。
今年も日本から多くの競馬ファンが詰めかけてます、場内にはメッセージフラッグも掲げられムードは盛り上がって来てます。

SOS_7809.JPG
SOS_7818.JPG
SOS_7831.JPG
SOS_7841.JPG
SOS_7864.JPG

レーシングプログラム

 当日のプログラムが配布されました。日本からもぜひ応援して下さい。

155.JPG

156.JPG

枠順抽選

凱旋門賞の枠順抽選会がロンシャン競馬場で行われました。
日本から参戦する3頭はゴールドシップが2番、ハープスターが12番、ジャスタウェイが14番にそれぞれ決まりました!

SOS_6488.JPG
SOS_6494.JPG
SOS_6495.JPG

ゴールドシップ
IMG_9996.JPG
IMG_0003.JPG

ハープスター(川田騎手が抽選)
IMG_9956.JPG
IMG_9966.JPG

ジャスタウェイ(福永騎手が抽選)
IMG_9922.JPG
IMG_9929.JPG
IMG_9940.JPG

有力馬の一頭のアベニールセルタンはルメール騎手が1番を引当てました!
IMG_9905.JPG

共同会見

日本馬の最終追い切りが終わりフランスギャロのシャンティイ事務所にて共同記者会見が行われました。
会見順にお届けします。

須貝調教師
SO_S8808.JPG

横山騎手
SO_S8841.JPG

福永騎手
SO_S8867.JPG

松田調教師
SO_S8920.JPG

川田騎手
SO_S8934.JPG

会見場の様子
SOS_5328.JPG
SOS_5437.JPG

日本の競馬場で書かれたファンからのメッセージフラッグを受け取る両調教師
SOS_5369.JPG
SOS_5481.JPG

10.1 今朝の日本馬(ハープスター)

凱旋門賞に出走する松田博資厩舎のハープスターはコワイラフォレ調教場で中留助手が騎乗して最終追い切りを行いました。
(画像は全て代表撮影です)

チームジャパンの面々
DSC_1109.JPG

ハープスター
DSC_1177.JPG
DSC_1295.JPG
DSC_1303.JPG

追い切り後のハープスターを見守る川田騎手
DSC_1402.JPG

松田調教師と川田騎手
DSC_1437.JPG

10.1 今朝の日本馬(ゴールドシップ&ジャスタウェイ)

凱旋門賞に出走する日本馬3頭のうち、須貝厩舎のゴールドシップ&ジャスタウェイの2頭がシャンティイ競馬場の芝コースで最終追い切りを行いました。
ゴールドシップには横山騎手、ジャスタウェイには福永騎手が騎乗しての本番を見据えての調整となりました。

馬場へ向かうジャスタウェイとゴールドシップ
SOS_4977.JPG
SOS_5000.JPG

朝霧のシャンティイ競馬場の芝コースで併せ馬で追い切られるジャスタウェイ(手前)とゴールドシップ(奥)
SOS_5029.JPG
SOS_5037.JPG
SOS_5063.JPG

調教を終えて引き上げる二頭
SOS_5095.JPG
SO_S8714.JPG

クールダウンする二頭と見守る須貝調教師
SOS_5189.JPG
SOS_5207.JPG
SO_S8723.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース