文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2014 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

カーヤ

 香港ヴァーズの本馬場入場のカーヤKhayaです。香港調教の5歳騸馬で通算成績は18戦5勝です。昨年5月にデビューし、初重賞出走は今年5月のクイーンマザーメモリアルカップQueen Mother Memorial Cup (L Group 3) でバブルチックBubble Chicに1/2馬身、クビ差の3着でした。前々走はササレディースパースSa Sa Ladies' Purse (L Group 3) に出走し、先行グループの内でレースを進めてパッキングクアラギブPacking Llaregybの6着、前走は一般戦で2着でした。鞍上は同馬に初騎乗となるミルコ・デムーロMirco Demuro騎手です。

157.JPG

ウィリーカザルス

 香港ヴァーズの本馬場入場のウィリーカザルスWillie Cazalsです。香港のアンソニー・クルーズAnthony Cruz師の管理する6歳騸馬で通算成績は19戦5勝です。10年10月にカザルスCazalsの名前でイタリアでデビューし、3戦全勝として11年5月にカパネッレCapannelle競馬場で行われた伊ダービーDerby Italiano (Group 2) に出走すると、後方から直線で一旦は抜け出したもののクラッカージャックキングCrackerjack Kingに2馬身差の2着に敗退。続く3歳リステッド競走のメラーノ賞Premio Meranoを4-3/4馬身差で勝利し、5戦4勝の戦績で香港に移籍しました。初の香港G1出走となったのが昨年5月のチャンピオンズ&チャターカップChampions & Chater Cup (L Group 1) で道中最後方から追い込むとカリフォルニアメモリーCalifornia Memoryから1-1/4馬身差の2着に入りました。その後、条件戦を5戦しますが勝利はなく、前々走のササレディースパースSa Sa Ladies' Purse (L Group 3) は後方2番手から追い込んだもののパッキングクアラギブPacking Llaregybに短頭差届かず2着、前走のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) はやや出遅れて後方2番手から直線で追い込んだものの、ゴール前で伸びを欠いてブレイジングスピードBlazing Speedの7着でした。鞍上はダグラス・ホワイトDouglas Whyte騎手です。

156.JPG

パリッシュホール

 香港ヴァーズの本馬場入場のパリッシュホールParish Hallです。鞍上はケヴィン・マニングKevin Manning騎手です。

138.JPG

レッドカドー

 香港ヴァーズの本馬場入場のレッドカドーRed Cadeauxです。鞍上はジェラルド・モッセGerald Mosse騎手です。

137.JPG

エンポリ

 香港ヴァーズの本馬場入場のエンポリEmpoliです。鞍上はアドリー・デフリーズAdrie de Vries騎手です。

136.JPG

カレンミロティック

 香港ヴァーズのパドック、本馬場入場のカレンミロティックCurren Miroticです。鞍上は池添謙一Kenichi Ikezoe騎手です。

076.JPG

077.JPG

078.JPG

ドミナント

 香港ヴァーズの本馬場入場のドミナントDominantです。香港のジョン・ムーアJohn Moore師の管理する6歳牡馬で、通算成績は28戦5勝です。イギリスでデビューし、11年7月に英ヨークYork競馬場で行われたヨークSYork Stakes (Group 2) でトゥワイスオーヴァーTwice Overから1-1/4、短頭差の3着に入り、6戦2勝の戦績で香港に移籍しました。12年2月の香港クラシックカップHong Kong Classic Cup (L Group 1) でザイダンZaidanからハナ、1-1/2馬身差の3着に入りましたが、続く香港ダービーHong Kong Derby (L Group 1) ではフェイフェイFay Fayの8着に終わりました。その後、ハンデLG3を2勝し、昨年11月のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) でエンダウイングEndowingの8着となった後に挑んだ香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) では、道中最後方から直線で鋭く伸びてザフューグThe Fugueに3/4馬身差を付けて優勝しました。今年になって8戦しましたが勝利はなく、1月のスチュワーズカップStewards' Cup (L Group 1) はブレイジングスピードBlazing Speedの8着、2月の香港ゴールドカップHong Kong Gold Cup (L Group 1) はミリタリーアタックMilitary Attackから3馬身、ハナ差の3着、3月にはドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) に参戦してジェンティルドンナGentildonnaの5着、4月のクイーンエリザベス二世カップQEII Cup (Group 1) でデザインズオンロームDesigns on Romeの8着となると、その後も大敗が続き、前走のジョッキークラブカップは中団馬群を進んだものの直線を向いて伸びはなく、最後は流してブレイジングスピードの11着でした。鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

154.JPG

フリントシャー

 香港ヴァーズのパドック、本馬場入場のフリントシャーFlintshireです。鞍上はマキシム・ギュイヨンMaxime Guyon騎手です。

079.JPG

080.JPG

081.JPG

オープニングセレモニー

 3レース終了後に出場騎手全員が揃ってオープニングセレモニーが行われました。

071.JPG

072.JPG

073.JPG

074.JPG

075.JPG

プログラム

 当日のプログラムが配布されました。日本からもぜひ応援して下さい。

032.JPG

033.JPG

034.JPG

035.JPG

036.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース