文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2014 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2014 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

12.13 今朝の日本馬

香港国際競走を翌日に控えた土曜日は日本馬9頭全て馬場入りし、各馬が最終の調整を行いました。
芝コースに3頭(カレンミロティック、フィエロ、アルキメデス)
カレンミロティック
SO_S0825.JPG
SO_S0922.JPG

フィエロ
SO_S0775.JPG
SO_S0853.JPG

アルキメデス
SO_S1249.JPG
SO_S1279.JPG

AWコースに6頭(リトルゲルダ、スノードラゴン、ストレイトガール、ワールドエース、グランプリボス、ハナズゴール)
スノードラゴン
SO_S0963.JPG
SOS_9779.JPG

リトルゲルダ
SO_S1051.JPG
SO_S1163.JPG

ストレイトガール
SO_S1067.JPG
SOS_9800.JPG

ワールドエース
SO_S0949.JPG
SO_S1097.JPG

グランプリボス
SO_S1022.JPG
SOS_9787.JPG

ハナズゴール
SO_S1122.JPG
SO_S1234.JPG
SOS_9860.JPG

12.12 今朝の日本馬

今朝は6頭の日本馬が馬場入りしました。

芝コースでキャンター調整のワールドエース
SO_S0380.JPG
SO_S0532.JPG
SOS_9482.JPG

Awコースで調整の5頭
リトルゲルダ
SOS_9349.JPG
SO_S0495.JPG
SOS_9550.JPG

スノードラゴン
SOS_9455.JPG
SO_S0558.JPG
SO_S0625.JPG

ハナズゴール
SOS_9431.JPG
SO_S0582.JPG
SOS_9598.JPG

フィエロ
SOS_9376.JPG
SO_S0569.JPG

アルキメデス
SOS_9574.JPG
SO_S0659.JPG
SO_S0701.JPG

枠順抽選会

12/14(日)の香港国際競走4レース(ヴァーズ、スプリント、マイル、カップ)の枠順抽選会が沙田競馬場のパドックで行われました!
レース順に抽選が行われ、ヴァーズに出走するカレンミロティックは7番。
スプリントに出走するストレイトガールは13番、リトルゲルダは1番、スノードラゴンは10番。
マイルに出走するフィエロは1番、ハナズゴールは3番、グランプリボスは10番、ワールドエースは4番に。
カップに出走するアルキメデスは2番にそれぞれ決まりました。

抽選会場のパドック
SOS_9305.JPG
SOS_9233.JPG
SOS_9241.JPG
SOS_9250.JPG

ヴァーズ
SO_S0102.JPG

スプリント
SO_S0133.JPG
SO_S0160.JPG
SOS_9245.JPG
談笑する鮫島調教師(右)と藤原調教師
SO_S0173.JPG

マイル
SO_S0186.JPG
SO_S0201.JPG
SO_S0205.JPG
SO_S0238.JPG

カップ
SO_S0283.JPG

スノースカイ

 11日朝の調教中のスノースカイSnow Skyです。

130.JPG

131.JPG

132.JPG

ゴードンロードバイロン

 11日朝の調教中のゴードンロードバイロンGordon Lord Byronです。

128.JPG

129.JPG

パリッシュホール

 11日朝の調教中のパリッシュホールParish Hallです。

125.JPG

126.JPG

127.JPG

キャプテンキャット

 11日朝の調教中のキャプテンキャットCaptain Catです。

123.JPG

124.JPG

133.JPG

フリントシャー

 11日朝の調教中のフリントシャーFlintshireです。

121.JPG

122.JPG

バッファリング

 11日朝の調教中のバッファリングBufferingです。オーストラリア調教の7歳騸馬で通算成績は45戦16勝、香港スプリントに出走します。10年10月にランドウィックRandwick競馬場のローマンコンスルSRoman Consul Stakes (Group 2) を優勝し、フレミントンFlemington競馬場のクールモアスタッドSCoolmore Stud Stakes (Group 1) でスターウィットネスStar Witnessの4着、11年4月にはイーグルファームEagle farm競馬場のヴィクトリーSVictory Stakes (Group 2) を優勝すると短距離G1戦線で活躍しますが2、3着が続き、13年10月にムーニーバレーMoonee valley競馬場で行われたマニカトSManikato Stakes (Group 1) でハナに立つとゴール前でラッキーナインLucky Nineの追撃を短頭差退けて待望の初G1制覇を達成しました。翌月にはフレミントン競馬場のVRCスプリントクラシックVRC Sprint Classic (Group 1) 、アスコットAscot競馬場のウィンターボトムSWinterbottom Stakes (Group 1) を優勝し、G1を3連勝としています。その後は7戦して1勝で、今年9月にムーニーバレー競馬場のAJモイアSA J Moir Stakes (Group 1) を勝利すると、前々走のマニカトSはランカンルピーLankan Rupeeの7着、前走フレミントン競馬場のダーレークラシックDarley Classic (Group 1) では残り200mで交わされるとテラヴィスタTerravistaの4着でした。レースでは主戦のダミアン・ブラウンDamian Browne騎手が騎乗します。

119.JPG

120.JPG

クライテリオン

 11日朝の調教中のクライテリオンCriterionです。

117.JPG

118.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース