文字サイズ

文字サイズとは?



2015 オーストラリア ザ・チャンピオンシップス 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

クイーンエリザベスステークス

 9レースに2000m芝のクイーンエリザベスステークスQueen Elizabeth Stakes (Group 1) がコントリビューター Contributer取消の12頭立てで行われました。スタート後にアオメンAomenが前に出ますがそれを抑えてファイブアンドアハーフスターFiveandahalfstarがハナに立ち、アオメンが内の2番手、クライテリオンCriterionが3番手、2馬身離れてビートゥンアップBeaten Up、外にレッドカドーRed Cadeaux、その後ろに外を通ってトーセンスターダムTosen Stardomが付け、1馬身後ろにトゥザワールドTo The World、後方の内にロイヤルディセントRoyal Descent、外にハッピートレイルズ Happy Trailsと続き、スピルウェイSpillway、ルーシャヴァレンティーナLucia Valentina、 アデレードAdelaideという隊列になりました。逃げるファイブアンドアハーフスターが3コーナーで3馬身のリードを取り、クライテリオンが2番手に上がると、トーセンスターダムは4番手の外に。4コーナーでファイブアンドアハーフスターのリードが無くなると、クライテリオンが先頭に並びかけ、外にトーセンスターダム、クライテリオンの内からアオメンが盛り返して直線へ。クライテリオンがそのまま後続との差を少しずつ広げていき、一旦は2番手争いに加わったトーセンスターダムも直線半ばで脚色が鈍ると、内を割ってロイヤルディセントが伸び、さらに残り200mで馬群の後ろから馬群の隙間を伸びたレッドカドーが残り100mで単独2番手に上がりましたが、クライテリオンが寄せ付けず優勝しました。勝ちタイムは2:05.35で鞍上はクレイグ・ウィリアムズCraig Williams騎手。2-1/2馬身差の2着にレッドカドー、1-1/4馬身差の3着にロイヤルディセントが入り、後方から直線で内ラチ沿いに入って伸びたスピルウェイが3/4馬身差の4着、トーセンスターダムは1馬身差の5着、トゥザワールドは直線で馬群の後ろを進んだものの直線半ばで離されると、残り150mから流して最下位の12着でした。

aus-119.jpg

aus-120.jpg

aus-121.jpg

aus-122.jpg

aus-123.jpg

aus-127.jpg

aus-128.jpg

aus-124.jpg

aus-125.jpg

aus-126.jpg

aus-129.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース