文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2015 オーストラリア ザ・チャンピオンシップス 現地取材レポート

2015 オーストラリア ザ・チャンピオンシップス 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

場内

 ジーロング競馬場の場内の様子です。

aus-108.jpg

aus-109.jpg

aus-110.jpg

 パドックはコース脇にあります。

aus-111.jpg

ゴール板

 ジーロング競馬場のゴール板です。

aus-106.jpg

aus-107.jpg

ジーロング競馬場

 8日にジーロングGeelong競馬場を訪れました。ジーロングはメルボルンから列車で約1時間で着く都市で、競馬場は街外れにあります。

aus-104.jpg

 競馬場の入場門に着きました。

aus-105.jpg

川上鉱介騎手

 8日のトライアルレースで川上鉱介Kosuke Kawakami騎手にお会いしました。障害ジョッキーとしてメルボルンを拠点に活躍しています。

aus-53.jpg

 今回の担当馬のサーブ・ハッサンSaab Hasan調教師と。

aus-54.jpg

 騎乗馬の名はコンパウンドCompound。障害はこれまで川上騎手が騎乗して2戦2勝で、川上騎手が騎手人生で初めて出会ったという逸材です。

aus-55.jpg

 実は今回の日本馬参戦で通訳などのサポートの依頼も受けたそうですが、コンパウンドとのコンビを優先して断ったほどです。

aus-60.jpg

 年内の目標はこの馬で障害のビッグレースを勝つことで、夢は中山グランドジャンプへ参戦とのこと。

aus-61.jpg

 障害も飛越する2400mのトライアルレース。

aus-56.jpg

 見事に持ったままで1着入線しました。

aus-57.jpg

aus-58.jpg

 2着は障害重賞を幾つも勝っている古豪、3着は前走の初障害でレコード勝ちした馬とあって、トライアルレースといえど期待の膨らむ内容でした。

aus-59.jpg

クランボーン調教場

 8日の午前中にクランボーン調教場を訪れました。ここはクランボーン競馬場に隣接するクランボーントレーニングコンプレックスCranbourne Training Complexという施設で、この日はトライアルレース(調教試験)が行なわれました。

aus-52.jpg

原田千秋氏

 8日の早朝にメルボルンのフレミントン競馬場を訪れ、現地で活躍する日本人の原田千秋氏にお会いしました。昨年までアイルランドのバリードイルで働いていた経験もあり、フリーの調教スタッフとしてフレミントンを拠点に仕事をしています。

aus-50.jpg

 主な契約厩舎のひとつのスティーヴ・リチャードSteve Richard調教師と。

aus-49.jpg

 攻め馬に向かいます。

aus-51.jpg

カーマデック

 ドンカスターマイルを優勝したカーマデックKermadecです。中団馬群の中に付けてレースを進め、直線を向いても密集した馬群の中でしたが、残り200mでばらけると一気に抜け出して優勝しました。3歳馬の優勝は一昨年のセイクリッドフォールズSacred Fallsなど過去10年で4回あり、鞍上のグレン・ボスGlen Boss騎手はこのレース6度目の優勝となりました。

aus-94.jpg

aus-95.jpg

aus-96.jpg

aus-97.jpg

aus-98.jpg

aus-99.jpg

aus-100.jpg

aus-101.jpg

aus-102.jpg

aus-103.jpg

リアルインパクト

 ドンカスターマイルのレース後のリアルインパクトReal Impactです。3番手の外に付けてレースを進め、4コーナーで2番手に上げると直線を向いてすぐに先頭に立ちましたが、残り150mで内から交わされ、その後はゴール前まで踏ん張って2着でした。鞍上はジェームズ・マクドナルドJames McDonald騎手です。

aus-92.jpg

ワールドエース

 ドンカスターマイルのレース後のワールドエースWorld Aceです。スタート後に下げると後方馬群の外に付け、直線で外目に出したものの、鋭い伸びはなく8着でゴールしました。鞍上はニコラス・ホールNicholas Hall騎手です。

aus-93.jpg

ドンカスターマイル

 9レースに1600m芝のドンカスターマイルDoncaster Mile (Grade 1) がモリアーティMoriarty、イッツサムワットIt's Somewhat取消の20頭立てで行なわれました。ナインスリージョンNinth Legionがハナに立ち、フックトHookedが2番手、リアルインパクトReal Impactは3番手の外に付け、2馬身離れてルディーRudy、外にスワイニースSweynesse、コズミックエンデヴァーCosmic Endeavour、スアヴィートSuavitoと続き、ワールドエースWorld Aceは後方馬群の外に付けました。3コーナーでフックトが先頭に立つとリアルインパクトは外から並びかけての2番手となり、直線を向くところで外目を通ってリアルインパクトが先頭に立ちます。内からルディ、外からロイヤルディセントRoyal Descentが伸びを見せますが、中団馬群の中から直線でリアルインパクトの内を伸びたカーマデックKermadecが残り150mで並ぶ間もなく差し切って優勝しました。勝ちタイムは1:37.61で鞍上はグレン・ボスGlen Boss騎手。リアルインパクトは交わされてからも踏ん張って1-3/4馬身差の2着に入り、外から伸びたロイヤルディセントがアタマ差の3着、内を伸びたルディーが3/4馬身差の4着、道中カーマデックと併走し、直線で一緒に上がってきたポミシェPornichetがゴール前で伸びを欠いてアタマ差の5着、ワールドエースは外目を通ってじわじわと差を詰めたものの8着でした。

aus-38.jpg

aus-39.jpg

aus-40.jpg

aus-41.jpg

aus-42.jpg

aus-45.jpg

aus-43.jpg

aus-46.jpg

aus-44.jpg

aus-47.jpg

aus-48.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース