JBIS Search

2015 オーストラリア ザ・チャンピオンシップス 現地取材レポート

ロイヤルディセント

 ドンカスターマイルの返し馬でのロイヤルディセントRoyal Descentです。オーストラリアのクリス・ウォーラーChris Waller師の管理する5歳牝馬で通算成績は23戦4勝です。12年12月にカンタベリーパークCanterbury Park競馬場でデビュー戦を勝利し、13年4月にランドウィックRandwick競馬場のエイドリアンノックスSAdrian Knox Stakes (Group 3) を勝利すると、続くランドウィック競馬場のATCオーストラリアンオークスAustralian Oaks (Group 1) では後方2番手の内から4コーナーで先頭に立って直線で後続を引き離しディアデミDear Demiに10馬身差を付けて優勝しました。9月にランドウィック競馬場で行われたジョージメインSGeorge Main Stakes (Group 1) では中団から直線で伸びを見せたもののストリーマStreamaにアタマ差及ばずの2着、10月にコーフィールドCaulfield競馬場で行われたコーフィールドカップCaulfield Cup (Group 1) ではフォークナーFawknerの5着に入っています。昨年のドンカスターマイルDoncaster Mile (Group 1) は中団外の位置取りから直線で鋭く伸びたものの、ゴール前でセイクリッドフォールズSacred Fallsに競り負けて1/2馬身差の2着に終わり、翌週のクイーンエリザベスSQueen Elizabeth Stakes (Group 1) では縦長の展開の後方3番手から直線で大外を伸びたもののイッツアダンディールIt's A Dundeelの5着でした。その後、G2とG1で4戦連続2着となると、ムーニーヴァレーMoonee valley競馬場のコックスプレートCox Plate (Group 1) に出走し、中団の位置取りから3コーナーで仕掛けて上がっていったものの、直線を向いて下がると最後は流してアデレードAdelaideの12着でした。今年はこれまで2戦しており、ランドウィック競馬場のカンタベリーSCanterbury Stakes (Group 1) はコズミックエンデヴァーCosmic Endeavourの7着、前走ローズヒルRosehill競馬場のジョージライダーSGeorge Ryder Stakes (Group 1) では中団内の位置取りから直線で内を突いて伸びてリアルインパクトReal Impactの4着でした。鞍上は同馬と初コンビとなるジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

aus-88.jpg