文字サイズ

文字サイズとは?



2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ブラウンパンサー

 25日朝の調教中のブラウンパンサーBrown Pantherです。イギリス調教の7歳牡馬で通算成績は25戦10勝、ドバイゴールドカップに出走します。3歳時の11年7月に独ハンブルクHamburg競馬場の独ダービーDeutsches Derby (Group 1) に出走し、ヴァイドパークWaldparkの5着となると、9月には英セントレジャーSt Leger Stakes (Group 1) でマスクドマーヴェルMasked Marvelに3馬身差の2着に入りました。12年にはキングジョージ6世&クイーンエリザベスSKing George VI And Queen Elizabeth Stakes (Group 1) に出走してデインドリームDanedreamの7着、13年8月にグッドウッドGoodwood競馬場のグッドウッドカップGoodwood Cup (Group 2) でアージーマーAhzeemahに3馬身差を付けて優勝し、これが初重賞制覇となりました。11月にはメルボルンカップMelbourne Cup (Group 1) に参戦し、道中3番手の内を進むと直線を向いて粘り、フィオレンテFiorenteの8着に入っています。昨年はG3を2連勝してロイヤルアスコットのゴールドカップGold Cup (Group 1) に出走し、3番手を進んだものの直線で競り負けてリーディングライトLeading Lightの4着入線繰り上がり3着でした。前々走は愛カラCurragh競馬場の愛セントレジャーIrish St Leger (Group 1) に出走し、後続を引き離した2番手でレースを進め直線を向いて先頭に立つと、リーディングライトに6-1/2馬身差を付け、これがG1初優勝でした。前走は米サンタアニタSanta anita競馬場のBCターフBreeders' Cup Turf (Grade 1) に参戦すると、先行グループでレースを進めたものの直線で下がる一方となりメインシークエンスMain Sequenceの11着に終わっています。レースでは主戦のリチャード・キングズコートRichard Kingscote騎手が騎乗します。

213.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース