文字サイズ

文字サイズとは?



2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ドバイシーマクラシック

 8レースに2410m芝のドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) が行なわれました。外枠からゆっくりとジャストザジャッジJust The Judgeがハナに立ち、2馬身離れてドルニヤDolniya、2馬身離れた3番手にワンアンドオンリー One and Only、フリントシャー Flintshire、5番手の外にハープスターHarp Star、内にトゥルーストーリーTrue Story、メインシークエンスMain Sequence、シェイクザイードロードSheikhzayedroadと続き、好スタートを切ったデザインズオンロームDesigns on Romeは最後方に下げました。向正面でワンアンドオンリーが2番手に上がり、メインシークエンスも3番手の外まで進出しました。4コーナーで内にいたドルニヤに2番手に上がられると、ワンアンドオンリーは3番手となって直線へ。逃げるジャストザジャッジを残り300mでドルニヤが交わし、内を通って伸びたフリントシャーが残り200mで単独2番手に上がって前を追いましたが、逆に突き放されてドルニヤが優勝しました。勝ちタイムは2:28.29で鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手。2-1/4馬身差の2着にフリントシャーが入り、ワンアンドオンリーが2馬身差の3着に粘り、直線を向くところでも最後方だったデザインズオンロームが大外に持ち出して残り300mから伸びて1/2馬身差の4着、シェイクザイードロードが5着に入り、ハープスターは直線を向いて本来の伸びが全く見られず8着に終わりました。

238.jpg

239.jpg

240.jpg

241.jpg

242.jpg

243.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース