文字サイズ

文字サイズとは?



2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ドバイターフ

 7レースは1800m芝のドバイターフDubai Turf (Group 1) が行なわれました。最内から好スタートを切ったユーロシャーリーンEuro Charlineがハナに立ち、リマリオLimarioが2番手、ファラージFarraajが3番手の外を進み、内にアーンショーEarnshaw、ソロウSolowと続き、ザグレーギャッツビーThe Grey Gatsbyは中団よりやや後ろ、アンギヨUmgiyo、ムシャウィッシュMshawish、最後方からトレードストームTrade Stormとなりました。3コーナーでファラージが先頭に並びかけに行きましたが、直線を向いて再びユーロシャーリーンが先頭に立ち、中団の位置取りだったソロウが直線で鋭く伸びると残り200mで一気に先頭を奪い、その後ろからザグレーギャッツビーも伸びを見せましたが、ゴール前で差が広がってソロウが優勝しました。勝ちタイムは1:47.76で鞍上はマキシム・ギュイヨンMaxime Guyon騎手。4-1/4馬身差の2着にザグレーギャッツビーが入り、後方2番手からザグレイギャッツビーの内を伸びたムシャウィッシュが3/4馬身差の3着、逃げたユーロシャーリーンが1/2馬身差の4着、短頭差の5着にアーンショーでした。

244.jpg

245.jpg

246.jpg

247.jpg

248.jpg

249.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース