文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

枠順抽選会(Post position draw)

ドバイワールドカップデイの枠順抽選会がメイダン競馬場で行われ、抽選会場に入ると歴代のワールドカップホース優勝馬のオブジェがありました。
2011年に優勝したヴィクトワールピサのオブジェもありました!
メインレースのワールドカップ以外はコンピューターによる抽選で決まり、ワールドカップはスポンサーのエミレーツ航空のCAさんが抽選して一番目にエピファネイアを選出。
管理する角居調教師が枠順を選ぶと9頭立ての8番枠に!

ホッコータルマエ陣営はオーナーの矢部氏が2番枠を引き当てました。

SOS_9958.JPG
IMG_5902.JPG
IMG_5906.JPG
SOS_9855.JPG
SOS_9868.JPG
SOS_9899.JPG
IMG_2374.JPG
IMG_2382.JPG
IMG_2411.JPG
SOS_9950.JPG

記者会見

ドバイワールドカップに出走する各馬の調教師がメイダン競馬場内のインタビュールームで世界のメディア向けのインタビューが行われました。

西浦師
SOS_9747.JPG
SOS_9768.JPG
SOS_9775.JPG


角居師
SOS_9795.JPG
SOS_9817.JPG
SOS_9839.JPG

プレイヤーフォーリリーフ

 25日朝の調教中のプレイヤーフォーリリーフPrayer for Reliefです。南アフリカのマイク・デコックMike de Kock 師の管理する7歳牡馬で通算成績は37戦8勝です。アメリカでデビューし、3歳時の11年にルイジアナダウンズLouisiana downs競馬場のスーパーダービーSuper Derby (Grade 2) など、重賞3勝を挙げました。昨年8月にサラトガSaratoga競馬場のウッドワードSWoodward Stakes (Grade 1) でイッツマイラッキーデイItsmyluckydayの3着となると、サンタアニタSanta anita競馬場のBCクラシックに出走しますが、バイエルンBayernの12着に終わりました。前走は2月にガルフストリームパークGulfstream park競馬場のドンHDonn Handicap (Grade 1) に出走し、好位を進んだものの直線で伸びずコンスティテューションの4着でした。この後、マイク・デコック厩舎に移籍しています。レースではクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手が騎乗します。

219.jpg

ジャストザジャッジ

 25日朝の調教中のジャストザジャッジJust The Judgeです。イギリス調教の5歳牝馬で通算成績は14戦5勝、ドバイシーマクラシックに出走します。12年6月にデビューすると、10月にニューマーケットNewmarket競馬場で行われたロックフェルSRockfel Stakes (Group 2) を勝利し3連勝としました。13年5月には1000ギニー1000 Guineas Stakes (Group 1) に出走し、 スカイランタンSky Lanternに1/2馬身差の2着に入ると、愛カラCurragh競馬場で行われた愛1000ギニーIrish 1000 Guineas (Group 1) では、先行グループの内からゴール前で抜け出してレーンズネストRehn's Nestに1-1/2馬身差を付けて優勝しました。ロイヤルアスコットのコロネーションSCoronation Stakes (Group 1) はスカイランタンに4馬身、クビ差の3着、グッドウッドGoodwood競馬場のナッソーSNassau Stakes (Group 1) はウィンシリ Winsiliの12着に敗退し、9月にニューマーケット競馬場で行われたサンチャリオットSSun Chariot Stakes (Group 1) でもスカイランタンの6着に終わっています。昨年はG3を2戦した後、愛カラ競馬場のプリティポリーSPretty Polly Stakes (Group 1) でシスルバードThistle Birdの3着に入ると、8月には米アーリントンパークArlington park競馬場のビヴァリーDSBeverly D. Stakes (Grade 1) でユーロチャーリンEuro Charlineに3/4馬身、クビ差の3着に入り、加ウッドバインWoodbine競馬場のEPテイラーSE. P. Taylor Stakes (Grade 1) へと転戦すると、後方の位置取りから直線で馬群を割って伸び、 オデリズOdelizを1/2馬身差抑えて優勝しました。前走は米サンタアニタSanta Anita競馬場のBCフィリー&メアターフBreeders' Cup Filly & Mare Turf (Grade 1) に出走し、4番手の内から直線で一旦は2番手に上がったものの、ゴール前で伸びを欠いて デイアットザスパDayatthespaの3着でした。レースではアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手が同馬に初騎乗します。

218.jpg

デザインズオンローム

 25日朝の調教中のデザインズオンロームDesigns on Romeです。香港のジョン・ムーアJohn Moore師の管理する5歳騸馬で通算成績は20戦9勝です。12年5月にアイルランドでデビューし、9月にカラCurragh競馬場のナショナルSNational Stakes (Group 1) でドーンアプローチDawn Approachから4-3/4馬身差の2着に入ると、5戦1勝の戦績で香港に移籍しました。昨年1月の香港クラシックマイルHong Kong Classic Mile (L Group 1) でエイブルフレンドAble Friendに1/2馬身差の2着となると、続く香港クラシックカップHong Kong Classic Cup (L Group 1) はエイブルフレンドを残り100mで交わして1-1/2馬身差を付けて優勝し、さらに前走の香港ダービーHong Kong Derby (L Group 1) でも直線でエイブルフレンドとの競り合いからゴール前で1/2馬身抜け出して優勝しました。4月のクイーンエリザベス2世カップQEII Cup (Group 1) もミリタリーアタックMilitary Attackにクビ差で優勝し3連勝としましたが、5月のチャンピオンズ&チャターカップChampions & Chater Cup (L Group 1) では出遅れて最後方からのレースとなると直線でも伸びを欠いてブレイジングスピードBlazing Speedの5着に終わりました。11月のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) もブレイジングスピードの5着に敗退しますが、暮れの香港カップHong Kong Cup (Group 1) ではミリタリーアタックに短頭差競り勝って優勝しました。今年は2月のセンテナリーヴァーズCentenary Vase (L Group 3) を勝利すると、前走の香港ゴールドカップHong Kong Gold Cup (Group 1) では後方2番手から直線で伸びてヘレンスーパースターHelene Super Starに1-1/4馬身差を付けて優勝しています。レースではジョアン・モレイラJoao Moreira騎手が騎乗します。

217.jpg

ハバナビート

 25日朝の調教中のハバナビートHavana Beatです。イギリス調教の5歳騸馬で通算成績は14戦2勝、ドバイゴールドカップに出走します。12年8月にデビューし、13年9月に英セントレジャーSt Leger Stakes (Group 1) でリーディングライト Leading Lightの8着、14年にロイヤルアスコットのゴールドカップGold Cup (Group 1) でリーディングライトの7着などの戦績がありますが重賞勝ちはなく、前々走は8月に米アーリントンパークArlington park競馬場で行われたアメリカンセントレジャーAmerican St. Leger Stakes (Listed) で3着、前走はメイダン競馬場のナドアルシバトロフィーNad Al Sheba Trophy (Group 3) でアルムーンクィスAlmoonqithの4着でした。レースではライアン・ムーアRyan Moore騎手が同馬に初騎乗します。

215.jpg

216.jpg

ペニアフォビア

 25日朝の調教中のペニアフォビアPeniaphobiaです。香港のアンソニー・クルーズAnthony Cruz師の管理する4歳騸馬で通算成績は17戦9勝、アルクオーツスプリントに出走します。13年にイギリスでデビューし、4戦3勝の戦績で香港に移籍しました。初重賞出走となった昨年10月のナショナルデイカップNational Day Cup (L Group 3) で2着に入ると、ハッピーバレーHappy valley競馬場の条件戦を勝利し、11月のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) では中団の位置取りから直線を向いて鋭く伸びると残り100mで先頭に立ち、 スマートヴォラティリティSmart Volatilityに1/2馬身差を付けて優勝しました。続く香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) では先行グループに付けると残り200mで2番手となり前との差を詰めたものの、アエロヴェロシティAerovelocityにクビ差届かず2着でした。今年1月には直線1000mのセンテナリースプリントカップCentenary Sprint Cup (L Group 1) に出走し、3番手から残り100mで先頭に並びかけ、ゴール前でバンドルオブジョイBundle of Joyに短頭差競り勝って優勝しています。前走は2月のチェアマンズスプリントプライズChairman's Sprint Prize (L Group 1) で、先行グループの後ろから直線で外に持ち出して差を詰めたものの、ゴールドファンGold-Funから単頭、頭、1/2馬身差の4着でした。レースではジョッキークラブスプリントからコンビを組むダグラス・ホワイトDouglas Whyte騎手が騎乗します。

214.jpg

ブラウンパンサー

 25日朝の調教中のブラウンパンサーBrown Pantherです。イギリス調教の7歳牡馬で通算成績は25戦10勝、ドバイゴールドカップに出走します。3歳時の11年7月に独ハンブルクHamburg競馬場の独ダービーDeutsches Derby (Group 1) に出走し、ヴァイドパークWaldparkの5着となると、9月には英セントレジャーSt Leger Stakes (Group 1) でマスクドマーヴェルMasked Marvelに3馬身差の2着に入りました。12年にはキングジョージ6世&クイーンエリザベスSKing George VI And Queen Elizabeth Stakes (Group 1) に出走してデインドリームDanedreamの7着、13年8月にグッドウッドGoodwood競馬場のグッドウッドカップGoodwood Cup (Group 2) でアージーマーAhzeemahに3馬身差を付けて優勝し、これが初重賞制覇となりました。11月にはメルボルンカップMelbourne Cup (Group 1) に参戦し、道中3番手の内を進むと直線を向いて粘り、フィオレンテFiorenteの8着に入っています。昨年はG3を2連勝してロイヤルアスコットのゴールドカップGold Cup (Group 1) に出走し、3番手を進んだものの直線で競り負けてリーディングライトLeading Lightの4着入線繰り上がり3着でした。前々走は愛カラCurragh競馬場の愛セントレジャーIrish St Leger (Group 1) に出走し、後続を引き離した2番手でレースを進め直線を向いて先頭に立つと、リーディングライトに6-1/2馬身差を付け、これがG1初優勝でした。前走は米サンタアニタSanta anita競馬場のBCターフBreeders' Cup Turf (Grade 1) に参戦すると、先行グループでレースを進めたものの直線で下がる一方となりメインシークエンスMain Sequenceの11着に終わっています。レースでは主戦のリチャード・キングズコートRichard Kingscote騎手が騎乗します。

213.jpg

ラッキーナイン

 25日朝の調教中のラッキーナインLucky Nineです。香港調教の8歳騸馬で通算成績は44戦14勝、ドバイゴールデンシャヒーンに出走します。10年の3歳時に出走した香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) はジェイジェイザジェットプレーンJ J The Jet Planeの7着、11年のチャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) はエクステンションXtensionから1/2馬身差の2着、セントウルSCentaur Stakes (Group 2) でエーシンヴァーゴウA Shin Virgoにアタマ差の2着、スプリンターズSSprinters Stakes (Grade 1) はカレンチャンCurren Chanの5着に終わりますが、香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) でジョイアンドファンJoy and Funにアタマ差で優勝しました。12年はドバイゴールデンシャヒーンDubai Golden Shaheen (Group 1) でクリプトンファクターKrypton Factorの3着、チャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) でエクステンションの3着、安田記念Yasuda Kinen (Grade 1) ではストロングリターンStrong Returnの11着、スプリンターズSはロードカナロアLord Kanaloaの5着、ジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) は勝利したものの香港スプリントはロードカナロアの5着でした。13年はシンガポールのクリスフライヤーインターナショナルスプリントKrisFlyer International Sprint (Group 1) に参戦してベルスプリンターBel Sprinterに3馬身差を付けて優勝すると、秋にはオーストラリアに遠征し、ムーニーバレーMoonee valley競馬場のマニカトSManikato Stakes (Group 1) でバッファリングBufferingに短頭差の2着、フレミントンFlemington競馬場のスプリントクラシックSprint Classic (Group 1) でバッファリングの6着、暮れの香港スプリントはロードカナロアの7着でした。昨年はクリスフライヤーインターナショナルスプリントでエンペラーマックスEmperor Maxに2-1/2馬身差を付けて同レース連覇を達成しました。その後3戦していますが未勝利で、ジョッキークラブスプリントはペニアフォビアPeniaphobiaの5着、香港スプリントはアエロヴェロシティAerovelocityの11着に敗退し、前走は2月のチェアマンズスプリントプライズChairman's Sprint Prize (L Group 1) で3コーナー3番手に付けるとゴール前で先頭に並びかけますが、ゴールドファンGold-Funに単頭、頭差の3着でした。レースでは主戦のブレット・プレブルBrett Prebble騎手が騎乗します。

212.jpg

リッチタペストリー

 25日朝の調教中のリッチタペストリーです。香港調教の7歳騸馬で通算成績は28戦7勝、ドバイゴールデンシャヒーンに出走します。アイルランド4戦1勝の戦績で香港に移籍しました。13年4月のスプリントカップSprint Cup (L Group 2) を優勝し、12月の香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) はロードカナロアLord Kanaloaの6着に入っています。昨年もドバイに参戦し、マハーブアルシマールMahab Al Shimaal (Group 3) でレイナルドザウィザードReynaldothewizardに1-1/4馬身差で勝利すると、ドバイゴールデンシャヒーンDubai Golden Shaheen (Group 1) はスターリングシティSterling Cityに3/4馬身差の2着でした。4月にはスプリントカップに出走しますが、チャールズザグレートCharles The Greatの8着に敗退し、その後アメリカに転戦します。10月に米サンタアニタSanta anita競馬場で行われたサンタアニタスプリントチャンピオンシップSanta Anita Sprint Championship (Grade 1) をハナ差で優勝すると、同競馬場で行われたBCスプリントBreeders' Cup Sprint (Grade 1) に出走し、先行グループの後ろに付けてレースを進めたものの3コーナーで下がっていくと最後は流してワークオールウィークWork All Weekの14着に敗退しました。今回はBCスプリント以来のレースとなります。レースでは主戦のオリビエ・ドリューズOlivier Doleuze騎手が騎乗します。

211.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース